チバテレ

サイト内検索

チバテレ高校スポーツ中継!2020

高校スポーツ

▼第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会 千葉県大会


全国高校ラグビー大会が 100 回の記念大会を迎える今年、初の取り組みとして千葉県大会の1回戦、2回戦の模様をチバテレ公式 YouTube チャンネルでライブ配信いたします。
準決勝、決勝はそれぞれ中継録画、生中継で試合の模様をたっぷりとお届けします。
100回大会を盛り上げるため、1回戦~決勝すべての結果を朝の情報番組「シャキット!」6:45~8:00内で放送します。さらに、今大会の注目校4校を特集コーナーで10/27(火)~10/30(金)に放送します。
*上記特集をNEWSチバ930でも、10/26(月)~10/29(木)に放送。
高校ラグビー千葉県大会放送予定


準決勝戦[録画放送]
【放送日】11月8日(日)19:00-21:55

流経大柏 95-3 東京学館浦安
専修大松戸 33-20 八千代松陰


いよいよ決勝戦!生放送
【放送日】11月14日(土)12:00-13:30
流経大柏 78-0 専修大松戸

ゲスト解説者立川理道
決勝戦のゲスト解説者
立川 理道
所属:クボタスピアーズ(主将)
ポジション:スタンドオフ、センター
経歴:日本代表CAP55 ※2015ラグビーワールドカップ出場

◆高校ラガーへのメッセージ◆
「クボタスピアーズの立川理道です。 ここまでの努力と、共にしてきたチームメイトと過ごせる時間を大事にしてほしいと思います。また、学んできたことを存分に発揮できるよう一日一日悔いのない時間を過ごしてください。」
<解説>小川 達文 <実況>西 達彦 <レポーター>竹内 里奈


~ 特別番組等 ~
シャキット!
◆1回戦~決勝すべての結果を朝の情報番組「シャキット!」6:45~8:00内で放送
◆今大会の注目校4校を特集コーナーで放送予定
10/27(火) 専修大松戸、10/28(水) 八千代松陰
10/29(木) 県立千葉、10/30(金) 流経大柏
NEWSチバ930
◆今大会の注目校4校を特集コーナーで放送予定
10/26(月) 専修大松戸、10/27(火) 八千代松陰
10/28(水) 県立千葉、10/29(木) 流経大柏


高校ラグビー動画を配信中
 [ライブ配信]
チバテレ公式ユーチューブにて▶ https://www.youtube.com/user/chiba3ch
 アーカイブ公開中 



高校ラグビー全国予選トーナメント表
▲クリックで拡大します▲


高校ラグビーの展望・試合結果
▲高校ラグビーの展望・試合結果はこちら▲

 

全国高校ラグビー千葉県大会 令和2年度千葉県優秀選手


▼第99回全国高校サッカー選手権千葉県大会


高校サッカー選手権大会千葉県大会放送予定
準決勝戦[録画放送]
[放送日]11月7日(土)19:00-21:30

流経大柏 0-0(5PK4) 中央学院
<解説>田中 章太郎 <実況>喜谷 知純
習志野 0-2 市立船橋
<解説>高橋  剛 <実況>笹川 裕昭


ファイナル!![生放送]
[放送日]11/15(日)13:00~

流経大柏 0-1 市立船橋

<解説>谷口 新太郎 <実況>喜谷 知純

サッカー選手権大会千葉県大会展望試合結果
▲第99回全国高校サッカー選手権大会 千葉県大会詳細はこちら▲

高校サッカー選手権大会千葉県大会 優秀選手

▼明海大学presents 春の高校バレー千葉県代表決定戦男女ダイジェスト

最終R11/7、11/8
春高バレー 明海大学presents 春の高校バレー千葉県代表決定戦男女ダイジェスト
[放送日]11月15日(日)19:00-20:00

<解説>太田 豊彦、早川 昌二 <進行>笹川 裕昭

春高バレー活躍予想・試合結果
▲春高バレーの活躍予想・試合結果はこちら▲

▼金太郎ホームプレゼンツ 高校バスケウインターカップ千葉県大会

女子決勝10/24(土)
男子決勝10/24(土)
高校バスケウインターカップ

高校バスケウィンターカップ千葉県大会トーナメント表
▲クリックで拡大します▲

 高校バスケットボール展望(女子) 
千葉県高体連バスケットボール専門部
選手強化委員 秋元啓人(鎌ケ谷高校)

 優勝候補の筆頭である昭和学院は、既に関東枠でのWC出場が決定している。
 3年生の三田や中村を中心に、下級生にもスター選手を揃える昭和学院に対し、粘り強い試合運びで勝ち上がってきた幕張総合と、多彩なプレーで勝負を決めた千葉英和の勝者での決勝戦となる。
 WC出場を決定したチームの決勝戦となり、千葉県NO.1を賭けた熱い試合が期待される。

 高校バスケットボール展望(男子) 
一般社団法人千葉県バスケットボール協会
強化担当理事 相田貴史(千葉南高校)

 関東・総体の2大会が中止となり、4強に進出したどのチームもこの大会にかける想いは計り知れない。
 その中でも、国体選手を多く擁し、3年生中心に完成度の高いバスケットを展開する市立船橋が優勝候補の筆頭である。
 それを追いかける八千代松陰・習志野の準決勝も経験豊富な上級生同士の対戦で目が離せない。
 また、初の4強に進出した市立松戸の精度の高い3Pシュートにも注目だ。