チバテレ

サイト内検索

『はるちゃん5』

はるちゃん5

『はるちゃん5』
5/4(火祝)スタート! 毎週月曜~金曜 15:30~16:00


【解説】
 人生の喜怒哀楽が集う温泉旅館の仲居として、泣いて笑って走り回ってと、元気印の「はるちゃん」。
シリーズも回を重ねて第5弾。
いつも変わらぬ、いえ、これまでにも増して元気で明るい笑顔をみなさんにお届けします。


【あらすじ】
 信州・安曇野で、農家の手伝いをしていたはるは、一人のお婆さんと出会う。大きな荷物に苦労している姿を見かね、代わりに荷物を持ってあげたのは良かったが、その荷物が3人組の少女にひったくられてしまう。お婆さんを連れて少女たちを追いかけるまま、松本市まで来てしまったはる。必死に追いすがったはるが何とか捕まえた3人組のリーダーは久谷未来という名で、松本市にある浅間温泉の温泉旅館・信州屋の一人娘だった。信州屋の大番頭・源さんと、若女将・久谷かなえが通りかかり、はるは旅館に招かれる。未来の母であるかなえははるに平謝りし、このことを事件沙汰にしないでくれと懇願する。ところが、「どうぞ、警察に連れて行ってください」と、大女将の久谷珠子が現れた。若女将と大女将は、嫁と姑の関係。未来の扱いに対する考え方の違いで大喧嘩を始める二人だったが、この二人、旅館の経営も含め何かと考え方が食い違い、もめてばかりだった。こんな内情もあり、老舗の温泉旅館である信州屋は、ここ数年客足が衰え、長引く不況の影響もあって経営的に逼迫していた。
 珠子のすすめで初めは客として信州屋に泊まっていたはるだったが、旅館内のゴタゴタで仲居の人手が足りない時につい手を貸してしまい、見事な客さばきを見せる。それを見逃さなかった珠子に請われて、はるは信州屋の仲居になるのだが…。


【出演】
中原果南、佳那晃子、大久保綾乃、小松政夫、京本政樹、淡路恵子 ほか
【原作】
青柳裕介「はるちゃん」(小学館スーパービジュアル ・コミックス刊)
【放送公開日】
2001年7月~/全65話
【脚本】
吉村ゆう/深沢正樹
【演出】安室修/藤木靖之/松谷卓哉
【制作】
国際放映株式会社



『はるちゃん』の番組ページはこちら

『はるちゃん2』の番組ページはこちら

『はるちゃん3』の番組ページはこちら

『はるちゃん4』の番組ページはこちら