ビットコインは積立投資と相性抜群?
(画像=PIXTA)

金融商品を一定の金額で定期的に購入する「積立投資」は「ビットコイン」との相性も良好です。ビットコインの積立投資には、購入単価が下がる、長期にわたり安定運用できるといったメリットがあります。しかし「いくら積立投資といえど、値動きの激しいビットコインに投資するのはリスクが高いのでは」と考える方もいるでしょう。

結論からいうと、時間分散により価格暴落のリスクを軽減できる積立投資は、ビットコイン初心者にも有効な資金形成の手段です。今回はビットコインの積立投資の仕組みやメリット・デメリットを解説。積立投資が可能なおすすめの取引所3選も紹介しますので、ぜひチェックしてください。

専門家のコメント

目次

  1. ビットコインの積立投資とは?
    1. 設定した購入日に一定金額で自動購入
    2. 購入金額やペースは自分で選択可能
    3. 自動で購入量が調整される
    4. ビットコインの積立投資におすすめの取引所
  2. ビットコイン積立投資の手数料、コストとは?
    1. 取引手数料
    2. スプレッド
    3. 税金
  3. 総合ランキング
  4. 手数料比較
  5. 取扱通貨数比較
  6. ビットコイン積立投資における4つのメリット
    1. 1円からOK!超少額での積立投資が可能
    2. 大損しない!ドル・コスト平均法での投資
    3. 手間いらず!設定するだけの自動運用
    4. いつでもOK!24時間可能な取引
  7. ビットコイン積立投資の4つデメリット
    1. 短期的に大きな利益を出すことが難しい
    2. 損失が発生するリスクがある
    3. 購入の度に手数料がかかる
    4. ベストタイミングでの約定が難しい
  8. ビットコインで積立のシミュレーション
    1. 毎月5,000円、1年運用すると○○円
    2. 毎月1万円、1年運用すると○○円
    3. 毎月3万円、1年運用すると○○円
  9. ビットコインで積立投資ができるおすすめの取引所3選
    1. GMOコイン「つみたて暗号資産」
    2. Coincheck「Coincheckつみたて」
    3. bitFlyer「かんたん積立」
  10. ビットコイン積立投資は簡単に始められる
    1. 取引所を決める
    2. 購入代金の振替口座を設定する
    3. 積立内容を設定する
  11. 長期投資はビットコインがおすすめ
    1. 少額から始められる
    2. タイミングを図る必要がない
    3. 普段忙しくてもできる
  12. ビットコイン積立でおすすめのブログ
    1. 副業チャレンジブログ~運用実績を公開しています
    2. 【超初心者】ポンコツ主婦、ビットコイン始めました!~専業主婦の記録
    3. 主婦が仮想通貨で生活するブログ~初心者向けの仮想通貨情報
    4. ヒヨッコ投資家こか投資ブログ~アラフォー女性投資家によるビットコイン情報
  13. 金融庁へ登録が完了している取引所
  14. ビットコインの積立投資はリスク軽減に有効
  15. ビットコインの特徴をおさらい
  16. ビットコインの成長性
  17. 【Q&A】ビットコインの積立投資に関して
    1. Q.ビットコインの積立投資は何円から可能?
    2. Q.仮想通貨における積立投資以外でリスクの低い投資方法は?
    3. Q.ビットコインの積立で得た利益に対して税金は発生する?
    4. Q.ビットコインの積立は平日しかできませんか?
    5. Q.積立投資の初心者が気をつけることは?

ビットコインの積立投資とは?

ビットコインの積立投資とは、ビットコインを、毎月や毎週など定期的に、一定額購入する投資方法です。売買のタイミングを気にする必要がないので初心者にもハードルが低い点がメリットです。積立をしたビットコインを売却すれば、即現金として利用できます。

長期的に利益を出すスタイルの積立投資は、時価総額が高額であり成長性の高いビットコインと相性がいい投資方法です。

ここでは、ビットコインの積立投資を始めるときに押さえておきたい仕組みや費用・積立のペースを解説します。

ビットコインとは?

ビットコインとは暗号資産(仮想通貨)の一種です。「仮想の通貨」ですから、円やドルとは違って、手にとって目に見える硬貨・紙幣は存在しません。しかしビットコインは、暗号資産取引所などで、現金に換金する事ができます。
2022年9月10日現在では1BTC(ビットコイン)あたり約303万円で、多数ある暗号資産の中で最高額となっています。

設定した購入日に一定金額で自動購入

ビットコインの積立投資は設定した購入日に一定金額で自動購入していく仕組みです。投資というと常に値動きをチェックしながら、取引をしなければならないといったイメージを持つ方も多いですが、積立投資の場合はその必要はありません。

例えば、購入日を毎月10日、購入金額を1万円と設定すると、ビットコインを自動で購入してくれるので手間がかかりません。価格変動によっては大きな利益を生み出す可能性も秘めているので、購入後は基本的に放置するだけで良いのです。

なお、積立投資の一種に「ドル・コスト平均法」があります。ドル・コスト平均法とは、価格が変動する商品を常に一定金額、定期的に購入する投資方法です。

購入金額やペースは自分で選択可能

ビットコインの積立投資において、購入金額や購入ペースは自分で選択できます。例えば「1回の購入金額は少なくしたいけど、購入回数は多い方が良い」といった場合には、1,000円分のビットコインを毎日購入するといった設定ができます。

また、「給料日後の1日でまとまった金額のビットコインを購入したい」といった場合には毎月25日に3万円分のビットコインを購入するといった設定もできます。そのため一人ひとりの経済状況に応じて、可能な範囲での積立が可能なのです。

自動で購入量が調整される

仮想通貨であるビットコインでの積立は、法定通貨での積立と比較して明確にメリットがあると言えます。ビットコインの積立では購入するビットコインの数を決めるのではなく、支払う日本円の金額を設定します。

これはビットコインの価格が下がっている時には一度に多くを購入することが可能であり、反対に上がっている時は購入する量を控えることが可能ということです。積立サービスであれば自動的に購入をしてくれるので、自然と購入量の調整がされている状態とも言えます。

そのため法定通貨で積立投資を行うよりも、ビットコインで積立投資をした方が良いのです。

ビットコインの積立投資におすすめの取引所

ビットコインの積立投資を始めるには取引所の開設が必要です。積立投資に特化した、おすすめの暗号資産取引所を紹介します。

取引所名 積立対応銘柄 積立手数料 最小積立金額 注文単位 積立頻度
GMOコイン 19種類 無料 500円 500円 毎月・毎日
Coincheck 17種類 無料 10,000円 1,000円 毎月・毎日
bitflyer 17種類 無料 1円 1円 毎月・月2回・毎週・毎日

ビットコイン積立投資の手数料、コストとは?

ビットコインの積立投資には手数料やコストがかかることも押さえておきましょう。積立に伴う取引手数料は、どの取引所を利用しても基本的には無料であることが多いです。一方、仮想通貨取引では買う時と売る時の差額であるスプレッドが存在します。これが実質の取引手数料であると考えて良いでしょう。

さらにビットコインでの収入にも税金は発生します。それではそれぞれ見ていきましょう。

取引手数料

ビットコインの積立に伴う取引手数料は無料です。現在、ビットコインの積立サービスを提供している「GMOコイン」「bitFlyer」の2社は積立手数料と販売所手数料が無料。また「Coincheck」においては、さらに取引所手数料も無料となっています。

もし仮に取引手数料が1回100円だったらどうでしょうか。ビットコインの購入を毎日に設定し、購入金額を1,000円とした場合に、ひと月を30日とすると手数料だけで3,000円かかる計算です。

これでは本来、3万円分のビットコインを購入できていたはずのところ、2万7,000円分のビットコインしか購入できません。

そのためビットコインの積立における取引手数料が無料な点は、非常に嬉しいポイントとなります。

スプレッド

ビットコインの取引には購入時の価格と売却時の価格に差があります。この価格の差のことを「スプレッド」と言うのですが、取引手数料のかからないビットコインの購入では、このスプレッドが実質の手数料となります。

ちなみにこのスプレッドは取引所によって幅が違うため、事前に確認するようにしましょう。例えば500円でビットコインを購入して、すぐに売却したとします。購入した直後であることから、大きな価格変動はないとして、売却額は480円です。この際は20円の差があるためスプレッドは20円となりま...す。

積立投資であっても頻繁に取引を行う場合には、スプレッドの幅が小さい取引所を選択するようにしましょう

スプレッドとは?

仮想通貨の購入時価格と売却時価格の差額のことを意味します。

税金

ビットコインの積立で得た利益に対しても税金は発生します。課税方式としては、本業の給与所得などと合算して課税される「総合課税」が採用されている点に注意しましょう。また、ビットコインで得た利益に対しては「累進課税方式」が採用されるため、高所得者ほど発生する税金の金額が増えます。

ビットコインで発生した利益に対する税率は15%〜55%の幅があります。その内訳は以下のとおりです。

利益額 所得税率(国税) 住民税率(地方税) 合計
195万円未満 5% 10% 15%
330万円未満 10% 10% 20%
695万円未満 20% 10% 30%
900万円未満 23% 10% 33%
1,800万円未満 33% 10% 43%
4,000万円未満 40% 10% 50%
4,000万円以上 45% 10% 55%

引用元:国税庁

このように利益によって税率が変化するため、自分の利益に対してどのくらいの税金が発生するのか確認しておきましょう。

累進課税方式とは?

所得額に応じて段階的に税率が変動する方式を意味します。

ビットコイン積立投資における4つのメリット

積立投資をビットコインで行うことには4つのメリットがあります
メリット
  1. 1円からOK!超少額での積立投資が可能
  2. 大損しない!ドル・コスト平均法での投資
  3. 手間いらず!設定するだけの自動運用
  4. いつでもOK!24時間可能な取引

それぞれのメリットについて説明していきます。

1円からOK!超少額での積立投資が可能

1つ目のメリットとして超少額での積立投資が可能な点が挙げられます。1BTCあたりの時価総額が高額なため、大金が必要と思われがちなビットコインの積立投資ですが、実は1円〜積立をすることが可能です。

例えば手元に大きな資金が無く、月に1,000円ずつでも良いから積立をしたいといった方には、非常に嬉しいポイントでしょう。また少額であるからこそ手軽にできる投資方法であることもメリットとなります。

実際に投資を経験することで身に付く知識もあるので、まずは少額で構わないのでビットコインの積立を始めてみてください

大損しない!ドル・コスト平均法での投資

2つ目のメリットとしてドル・コスト平均法での投資であることが挙げられます。ドル・コスト平均法は長期的な目線で考えた場合、一定期間で購入を繰り返すことによって購入価格が平均に近づく特徴があります。投資は多少の損をしてしまう可能性もありますが、ドル・コスト平均法を用いることで、大損をしてしまうリスクを抑えることが可能です。

時価総額が非常に高いビットコインの積立投資にぴったりの方法と言えるでしょう。

手間いらず!設定するだけの自動運用

3つ目のメリットとして設定した購入期間・購入価格での自動運用であることが挙げられます。通常の投資方法の場合、相場のチェックや取引など運用に関しての時間を割かなければなりません。

一方、積立投資の場合は一度設定してしまえば、あとは放置するだけです。もちろん定期的にペースや金額の見直しが必要ですが、通常の投資と比較すると圧倒的に割かなければならない時間は少ないでしょう。

投資はしたいけど、仕事や勉強で時間が取れないといった方は、ぜひ仮想通貨で積立投資を行いましょう

いつでもOK!24時間可能な取引

4つ目のメリットとして24時間取引が可能であることが挙げられます。通常の株式投資などは、市場が平日の9時〜15時までしか空いておらず、日中は会社で勤務をしているサラリーマンなどにとってはハードルの高いものです。

しかしビットコインは24時間いつでも市場が空いており取引が可能なので、自分のライフスタイルに合わせた投資が可能です。積立投資であることから基本的に自動運用となりますが、急遽価格に変動があり、取引をすることで利益が発生する場合もあるでしょう。

その際には積立をしていたビットコインを用いて、取引をしなければなりません。したがって自動で運用可能な積立投資でも、24時間いつでも取引可能な点がメリットとなります。

ビットコイン積立投資の4つデメリット

ビットコインの積立投資にはメリットがある一方で、デメリットも存在します。

デメリット
  1. 短期的に大きな利益を出すことが難しい
  2. 損失が発生するリスクがある
  3. 購入回数が多いほど手数料がかかる
  4. ベストタイミングでの約定が難しい

ここでは4つのデメリットについて説明します。

約定とは?

取引などで売買が成立することを意味する

短期的に大きな利益を出すことが難しい

1つ目のデメリットは短期的に大きな利益を出すことが難しいといった点が挙げられます。なぜなら、積立投資では価格変動による大損を防ぐドル・コスト平均法を用いることから長期的な収入を目指すものだからです。

また、毎月設定したタイミングと金額に応じてビットコインを購入し積立投資を行うことで、資産としての価値も高めていくものでもあります。もし、短期的に大きな利益を出したい場合には、常に価格変動をチェックしながら売買を行う通常の投資がおすすめです。

損失が発生するリスクがある

2つ目のデメリットは損失が発生するリスクがあることが挙げられます。この点は投資においては必ず挙げられる点でもありますが、積立投資だったとしても価格が下落していては利益が出ず、むしろ損失となってしまいます。

例えば1BTCを1万円で購入したとして、購入後に価格が9,000円まで下落してしまった場合は1,000円の損失が出ている状態です。その後も9,000円の状態が続けば元本を割っている状態となるため損失が出ていることになります

長期的な目線で見守ることが必要な積立投資の場合は、価格変動に対しても焦ることなく、しっかり構えていることが重要です。

購入の度に手数料がかかる

3つ目のデメリットは購入の度に手数料がかかることが挙げられます。購入のタイミングがいくつかに分かれてしまう積立投資の場合、購入の度に手数料が発生し、手数料がかさんでしまうことがあります。

月に1回の購入タイミングであれば気にする程度ではないかもしれませんが、少額で高回数の購入設定をしている場合には気をつけなければなりません。もちろん月に1回の取引でも手数料がかからない方が良いです。

手数料に関しては取引所によって変動するため、手数料無料で取引ができる取引所を探すことも積立投資では重要なポイントとなります。

ベストタイミングでの約定が難しい

4つ目のデメリットはベストタイミングでの約定が難しいことが挙げられます。ビットコインは発行数量が2,100万BTCと固定されており、今では約90%が発行済となっています。

さらにビットコインは株式やFXと比較すると流動性が低いことも相まって、ベストタイミングでの約定が難しい場合があります。例えば価格が大幅に高騰した場合にビットコインを売りに出しても、多くの人は高い価格で購入することを控えるでしょう。

その際は売買が成立しない、すなわち約定が難しいといったことが発生するのです。ビットコインで積立投資をする取引所は、取引量が多いかどうかの確認をするようにしましょう。

ビットコインで積立のシミュレーション

ここではビットコインでの積立を3パターンにてシミュレーションしていきます

ビットコインでの積立パターン
  1. 毎月5,000円で1年間運用
  2. 毎月1万円で1年間運用
  3. 毎月3万円で1年間運用

全て積立期間は2021年1月〜12月までとなります。あくまでビットコインの積立運用の参考としてください。

それでは各パターンについて見ていきましょう。

毎月5,000円、1年運用すると○○円

毎月5,000円ずつ1年間積立をしていくと評価額は5万4,000円前後となります。元本は5,000×12ヵ月ですので6万円です。

最終の12月では評価額が元本を割っているので6,000円近くの損失が出ている状態ですが、年間を通じて見ていくと2月、3月、7月、9月、10月、11月の6ヵ月間で利益が出ている状態でした。

特に9月では元本4万5,000円に対して評価額が6万2,000円ほどですので約1万7,000円の利益が出ています。毎月5,000円と少額での積立のため最終的な評価額で損失が出ていますが、その損失の幅が小さいのが特徴でしょう。

毎月1万円、1年運用すると○○円

毎月1万円ずつ1年間積立をしていくと評価額は10万8,000円前後という結果が得られました。元本は1万円×12ヵ月ですので12万円です。

月に5,000円の積立時と同様に、最終の12月では評価額が元本を割っているので1万2,000円近くの損失が出ている状態ですが、年間を通じて見ていくと2月、3月、7月、9月、10月、11月の6ヵ月間で利益が出ている状態でした。

特に9月では元本9万円に対して評価額が12万5,000円ほどですので約3万5,000円の利益が出ています。月に5,000円の積立と比較すると、積立の金額が倍になっていることから発生する利益や損失も倍になっていることが分かります。

毎月3万円、1年運用すると○○円

毎月3万円ずつ1年間積立をしていくと、32万2,000円前後という結果が得られました。元本は3万円×12ヵ月ですので、36万円です。月に5,000円、1万円の積立時と同様に、最終の12月では評価額が元本を割っているので3万8,000円近くの損失が出ている状態です。

しかし、年間を通じて見ていくと2月、3月、7月、9月、10月、11月の6ヵ月間で利益が出ている状態でした。特に9月では元本27万円に対して評価額が37万4,000円ほどですので、約10万4,000円の利益が出ています。

月に3万円の積立となると、やはり5,000円や1万円と比較して利益も損失も増加していることが分かります。

ビットコインで積立投資ができるおすすめの取引所3選

ビットコインの取引所は数多くありますが、積立投資が可能な取引所は限られているのが現実です。ここではビットコインの積立投資が可能なおすすめの取引所3つを、積立日や最小の積立金額を交えて紹介します。

おすすめの取引所
  1. GMOコイン「つみたて暗号資産」
  2. Coincheck「Coincheckつみたて」
  3. bitFlyer「かんたん積立」

GMOコイン「つみたて暗号資産」

GMOコインによる「つみたて暗号資産」は、毎日もしくは毎月10日の2パターンの積立日が設定可能なサービスです。積立金額も最低500円から可能であり、500円ごとに設定が可能です。

積立を希望するメーカーを分散させて利用することが可能な点も特徴となります。

「高額と思われがちなビットコインの投資でもワンコイン(500円)から購入が可能です。口座に残高があれば自動で積立が行われます」

引用:[GMOコイン]公式ホームページ

さらにホームページでは銘柄と積立期間、積立額を選択するだけで年間を通した積立投資のシミュレーションが可能ですので、投資のイメージをしやすいのも嬉しいポイントでしょう。

Coincheck「Coincheckつみたて」

「Coincheckつみたて」は、毎日もしくは月に1回の2パターンの積立日が設定可能なサービスです。

「月々1万円から積立可能:1万円から積み立て可能なため、いつでもお気軽に始められます。
積立で安定した暗号資産取引:購入単価を引き下げ、長期で安定した投資ができます。
入金から購入まで全て自動:購入タイミングがわからない方でも安心してお取引ができます」

引用:[Coincheck]公式ホームページ  Coincheckつみたて

最小の積立金額は月に1万円からであり、1,000円単位で設定が可能です。そのため、ある程度まとまった金額で積立投資をしていきたい方におすすめでしょう。

まとまった金額で積立投資をするため価格変動によっては損失が増えたり、逆に利益も多く出たりもします。長期的な目線が必要な積立投資のため、焦らずに資産を保有していける方は利用を検討してみましょう

\今なら2500円分のビットコインがもらえる/

bitFlyer「かんたん積立」

bitFlyerの「かんたん積立」は、毎日、毎週1回、毎月2回、毎月1回から自由に選択して積立が可能なサービスです。

「積立頻度の設定について教えてください。:積立頻度は毎日 1 回、毎週 1 回、毎月 2 回( 1 日と 15 日)、毎月 1 回( 1 日から 28 日までをご指定いただけます)からご選択いただけます。」

引用:[bitFlyer]公式ホームページ FAQ かんたん積立

最小の積立金額も1円から設定可能なため、投資初心者でも気軽に始められる積立投資と言えます。

積立日の設定が自由にできることから、給料日の翌日などに設定して確実に積み立てて資産を築きたい方にもおすすめでしょう。現在はアプリからの利用に限定されているため、まずはアプリのインストールをしてみましょう。

ビットコイン積立投資は簡単に始められる

ビットコインの積立投資を始めるには、まずは取引所に口座を開設しなければなりません。その後、購入代金が引き落とされる口座の設定や積立日、金額などの設定が必要です。仮想通貨の投資というと、難しいイメージがあるかもしれませんが実は簡単に手続きができます。

一度積立サービスの設定をしてしまえば、放置するだけで良い自動運用ですので、参考にしながら口座開設をしてみましょう。

取引所を決める

まず積立サービスを利用する取引所を決定しましょう。取引所には積立日や購入可能な最低金額、手数料などの違いがあります

ここでは3つの取引所から選択することをおすすめします。

おすすめの取引所
  1. GMOコイン「つみたて暗号資産」
  2. Coincheck「Coincheckつみたて」
  3. bitFlyer「かんたん積立」

月に何回、いくらのビットコインを購入して積立投資を行いたいのかといった希望の投資内容と相談しながら取引所を決定しましょう

購入代金の振替口座を設定する

取引所を決定した後は積立サービスの設定の前に、購入代金を振替する口座を設定しましょう。2022年1月現在、国内の取引所はクレジットカードでの支払いに対応していません。そのため積立サービスを利用するには現金での支払いが必要となります。

振替口座の設定も引き落とし口座を選択し、各種情報を選択・記入することで設定が完了します。例えば給与が振り込まれる口座を設定しておけば、残高不足で引き落としがされないといったことも無いでしょう。

もし口座振替が難しい場合には、振込入金やコンビニ入金、インターネットバンキングに対応している取引所もあるので、自分の決定した取引所の支払い方法をチェックしてみましょう。

取引所 振込入金 コンビニ入金が可能か インターネットバンキング
GMOコイン
×
Coincheck
bitFlyer

引用元:CoincheckbitFlyerGMOコイン各社公式ホームページ

積立内容を設定する

口座振替の設定が完了したら、実際に自分が積立投資をしたい内容の設定を行います。

設定する内容は以下のとおりです。

設定内容
  1. つみたてプランの選択 (例:毎日や月に1回など)
  2. 銘柄 (例:ビットコインなど)
  3. 購入金額 (例:1回1,000円など)

購入頻度や銘柄、金額については取引所によって違いがありますが、ビットコインは全ての取扱所で購入可能です。そのほかにも銘柄を分散させたり、購入頻度を多くしてリスクを分散させたりなど様々な戦略があります。

ちなみに積立投資の設定は後から変更できるため、まずは運用をしてみて、自分が無理なくできる範囲の積立投資を探すといったことも可能です。まずは自分の購入したい内容を気軽に設定してみましょう。

長期投資はビットコインがおすすめ

長期的な投資にはビットコインがおすすめです。ビットコインは時価総額が高いため、長期的な投資をすることでリスクの軽減が期待できるほか、利益幅が大きいといったメリットがあります。

ここでは、ビットコインでの長期投資がおすすめの理由を3つ説明します。

おすすめの理由
  1. 少額から始められる
  2. タイミングを図る必要が無い
  3. 普段忙しくてもできる

少額から始められる

1つ目の理由は少額から始められる点です。2022年1月現在、1BTCあたり約470万円〜480万円の値段がついているビットコインですが、必ず1BTCからしか購入ができない訳ではありません。

ビットコインは0.00000001BTCから購入できる取引所も存在しており、価格にすると1円を切ります。例えば月に5,000円ずつ1年間積立を行うと6万円分のビットコインを購入することになりますが、1BTCを500万円で計算すると0.012BTCとなります。

高額なビットコインだからこそ、確かな資産となる可能性が高いため、長期的な投資におすすめです。

タイミングを図る必要がない

2つ目の理由はタイミングを図る必要がないことが挙げられます。通常の短期投資の場合、チャートを見ながら価格変動を追い、分析をしながら売買を行うことで利益を出します。しかし、長期的な投資の場合は、価格変動などの市場分析の必要がありません。

短期投資であれば、ビットコインの価格が安い時に購入し、高い時に売りに出すといったタイミングを図る必要があります

また、長期的な投資は高値で買うリスクを抑えることも可能です。価格変動がありながらも長期的に見ると価格は上昇しやすく、全体の購入金額の平均をとると大きな差額が無くなります。そのため、時価総額が高額なビットコインはタイミングを図る必要のない長期的な投資に向いているのです。

普段忙しくてもできる

3つ目の理由は普段忙しくてもできることが挙げられます。長期的な投資は積立投資のサービスを利用することで、自動の投資を実現することが可能です。

取引所の積立サービスを利用すると購入日や金額を設定するだけで、自動的にビットコインの積立ができます。そのため、日中に仕事をしているサラリーマンの方や育児に励んでいる主婦の方でも投資できるのが魅力です。

さらに仮想通貨であるビットコインの取引は24時間いつでも可能です。時には保有しているビットコインをもとに、短期投資に挑戦したい場合もあるでしょう。そのような場合でも24時間いつでも取引が可能なため、あまり時間がなくても対応可能です。

いずれにしても高額なビットコインを自動運用することで、購入金額と大きな解離の無い資産が積みあがるので、長期的な投資におすすめと言えます。

ビットコイン積立でおすすめのブログ

ここではビットコイン積立でおすすめのブログを4つ紹介します。

どのブログでもビットコインの始め方や運用実績などの情報があるので、これからビットコインの積立投資を始める方は、ぜひ参考にしてください。

ビットコイン積立でおすすめのブログ
  1. 副業チャレンジブログ
  2. 【超初心者】ポンコツ主婦、ビットコイン始めました!
  3. 主婦が仮想通貨で生活するブログ
  4. ヒヨッコ投資家こか投資ブログ

副業チャレンジブログ~運用実績を公開しています

副業チャレンジブログは、38歳で脱サラをした管理人ヤギさんが仮想通貨をはじめ、FXや投資信託などの運用実績を公開しているブログです。ビットコインの積立運用は2020年5月から始めており、現在では+238%の運用実績となっています(2020年5月~2021年11月)。

ブログの記事内では、積立当初から現在までの運用実績と、元本、評価額の推移が一目でわかるグラフも掲載されています。これからビットコインの積立投資を始めようと考えており、実際に積立投資をしている人の状況を確認したいといった方にぴったりのブログでしょう。

また、ビットコイン以外にも様々な仮想通貨の投資に挑戦している様子が見て取れます。そんな経験豊富なヤギさんもブログ内で積立のコツを「いますぐ始めること」と言っています。

ビットコインの価格について先読みをすることは不可能です。そのため、安い時に積立投資を始めようと思っていたら、その後は上昇していくだけだったなんてこともあります。そのため少しでもビットコインの積立投資に興味のある方は、本記事を参考に取引所で口座開設をしましょう。

https://life-asset-management.com/

【超初心者】ポンコツ主婦、ビットコイン始めました!~専業主婦の記録

【超初心者】ポンコツ主婦、ビットコイン始めました!では専業主婦であるぽんこつワイフさんが、何も知識のないところからビットコインの積立に挑戦しており、その時々で感じることなどを記録されています。

旦那さんがビットコインを始めたことをきっかけに、すぐにbitFlyerにて口座を開設したそうです。ブログでは、購入まで足踏みをしていた様子も記されています。

初心者ならではの視点でビットコインの投資に関する悩みもちりばめられているため、これからビットコインを購入しようかと迷われている方の参考になるでしょう。

またぽんこつワイフさんは子育て世代のママさんでもあります。そのため育児をしながらのビットコインを購入に至るまでの経緯についても記録されています。

初心者におすすめのブログであることはもちろんですが、少しでもビットコインなどの仮想通貨に興味のある専業主婦の方には参考になるのではないでしょうか。

ぜひぽんこつワイフさんのように、口座を開設していつでもビットコインを購入できる体制を作ってみましょう

https://ameblo.jp/ponkotsu0/

主婦が仮想通貨で生活するブログ~初心者向けの仮想通貨情報

主婦が仮想通貨で生活するブログは、3人の子供と旦那さんの5家族のママであるミーさんが、仮想通貨の情報を発信しているブログです。

ビットコインに関しては下落や暴落要因となったニュースに関して解説した記事や、ビットコインのみならず銘柄ごとの特長などをまとめているので、仮想通貨について勉強したい方にもおすすめのブログでしょう。

管理者のミーさんもビットコインの積立投資を実施しており、ブログ内で24ヶ月610%アップの実績を報告しています(2021年2月末)。

さらに記事内でビットコインの一括投資と積立投資による利益額の比較をしています。そこでは積立投資の方が利益額も多かったというデータを出しており、経験豊富なミーさんも一括投資から積立投資に切り替えているほどでした。

このことからも分かるように、ビットコインの積立投資はリスクを分散させながら利益を確保できる投資と言えます。まずは口座開設から始めてみましょう。

https://isamist.work/

ヒヨッコ投資家こか投資ブログ~アラフォー女性投資家によるビットコイン情報

ヒヨッコ投資家こか投資ブログではアラフォー女性投資家であるこかさんが、米国株であるVTIを中心に投資運用の様子を綴っています

その中でビットコインの投資にも挑戦しており、随時運用実績に関する報告もあるため、これからビットコインを購入しようと考えている人の参考になるでしょう。

こかさんのビットコイン運用に関する特徴は、長期的な運用でありながら20万円〜50万円という範囲で投資をすると決めていることにあります。

元々は短期投資として挑戦するつもりだったとのことですが、勉強していくうちに値動きが激しいことから長期的な運用に切り替えたそうです。そのため、長期的な運用をしていく上での心構えについても知ることができます。

さらに無料でビットコインを手に入れる方法などのお得な情報について発信されているのもビットコインユーザーには嬉しいポイントとなります。

こかさんのように運用範囲を自分で決めて、適度にビットコインの投資を行いたい方は、ぜひ参考にしながら運用を始めてみましょう

https://cocablog.site/archives/first-bitcoin.html

金融庁へ登録が完了している取引所

仮想通貨(暗号資産)を取り扱う交換業者は金融庁へ登録申請を行い、認証をしてもらわなければなりません。2022年現在、日本国内では30の業者が登録されています。

下記にて一覧を示しますので参考にしてみてください。

登録が完了している取引所
  1. 株式会社マネーパートナーズ
  2. 株式会社bitFlyer
  3. コインチェック株式会社
  4. 株式会社DMM Bitcoin
  5. GMOコイン株式会社
  6. SBI VCトレード株式会社
  7. 株式会社BITOCEAN
  8. QUOINE株式会社 (Liquid by Quoine運営)
  9. ビットバンク株式会社
  10. ビットポイントジャパン株式会社
  11. フォビジャパン株式会社
  12. BTCボックス株式会社
  13. 楽天ウォレット株式会社
  14. 株式会社ディーカレット
  15. LVC株式会社
  16. エクシア・デジタル・アセット株式会社
  17. オーケーコイン・ジャパン株式会社
  18. Payward Asia株式会社
  19. CoinBest株式会社
  20. 株式会社マーキュリー (CoinTrade運営)
  21. 株式会社coinbook
  22. 東京ハッシュ株式会社
  23. 株式会社サクラエクスチェンジビットコイン
  24. FXcoin株式会社
  25. Bitgate株式会社
  26. Coinbase株式会社
  27. 株式会社Crypto Garage
  28. 株式会社カイカエクスチェンジ
  29. 株式会社ガイア

※2021年12月31日現在

ビットコインの積立投資はリスク軽減に有効

ビットコインの積立投資は1円という超少額から始められる投資です。一定の期間と一定の価格で購入することで購入価格が平均化され、リスクが軽減できます。さらに積立運用は購入日と購入金額を設定することで、自動運用となり放置することが可能な点も魅力でしょう。

しかしビットコインの価格変動は激しいため、下落することもしばしばあります。そのため、損失が出てしまう可能性があることを覚えておきましょう。もちろん価格が高騰すれば大幅な利益にも期待できます。

ビットコインの積立投資は損失をなるべく減らしながらも、安定した利益や、時には大幅な利益を狙いたいといった方にぴったりの投資方法です。

ぜひこれを機にビットコインの積立投資を始めてみましょう

ビットコインの特徴をおさらい

ビットコインで積立投資を始めるときは、特徴を理解することが大切です。
ビットコインのおもな特徴は下記の2つです。

ビットコインの特徴
  1. 管理者が不在であり取引履歴を全て分散記録している
  2. 発行数量が固定されている

通常の通貨の場合、日本銀行などの管理者が存在しますが、ビットコインの場合は管理者が存在していません。さらに取引履歴を分散記録する技術である「ブロックチェーン」を採用しています。

この仕組みにより、すべてのビットコインユーザーが通貨の管理をしている状態にあります。ブロックチェーン技術のデータは改ざんが不可能であることから、高いセキュリティ性を誇っているのも重要なポイントです。

また、発行数量が2,100万BTCで固定されていることも特徴になります。発行数量が固定されているため供給が安定しており、結果的に希少性が高く、高額な市場価値を維持することに繋がっているのです。

ビットコインの成長性

ビットコインの成長性は非常に高いです。その理由は時価総額が高額であることにあります。仮想通貨では時価総額の価格が直接的に市場での需要を表していますが、ビットコインの場合は2022年1月現在、1BTCあたり約470万円~480万円であり仮想通貨の中で最も高額です。

つまりビットコインは市場において、最も需要の高い仮想通貨であり今後も大きく崩れることはないと言えるのです。

また家電量販店として有名なビックカメラやコジマがビットコイン決済に対応しているのも特筆すべき点です。ビットコイン決済に対応しているネットショップ、実店舗を合わせると国内の対応店舗は300を超えました。

このようにビットコインは、仮想通貨市場において時価総額が最も高く、決済方法として採用する店舗が増えていることから、成長性の高い銘柄と言えるでしょう。

【Q&A】ビットコインの積立投資に関して

これからビットコインの積立投資を始める方の中には、購入可能な価格や税金などの金銭面に加え、リスクや取引時間について疑問を抱いている方もいるでしょう。ここでは積立投資で気をつけることを含めて、そんな疑問に対する回答をしていきます。

積立投資を始める前に疑問を解消しておきましょう。

Q.ビットコインの積立投資は何円から可能?

bitFlyerの公式サイトによるとビットコインの積立投資は毎月1円〜100万円の間で自由に設定することが可能です。積立投資のサービスを取り扱っている取引所は3社あり、GMOコイン、Coincheck、bitFlyerですが、取引所によって積立投資を開始できる金額は変わります。

「積立金額はいくらから設定できますか。:1 回あたり 1 円から設定いただけます。上限は 1 回あたり 1,000,000 円となります。」

引用:[bitFlyer]公式ホームページ  FAQ かんたん積立 積立金額はいくらから設定できますか。

上記のとおり、値動きの激しいビットコインの積立投資を初めて行う場合は、1円から購入可能なbitFlyerがおすすめでしょう。

Q.仮想通貨における積立投資以外でリスクの低い投資方法は?

ビットコイン以外の銘柄を購入するなど、分散投資を心がけましょう。例えばビットコインのみを購入していた場合、価格変動の激しいビットコインであれば、暴落の際は大損をしてしまいます。

しかし、ビットコイン以外の銘柄を同額分購入していた場合、ビットコイン以外では損失が発生しないといったことがあります。このように銘柄を分けて投資する分散投資を行うことでリスクを減らすことができるのも魅力です。

Q.ビットコインの積立で得た利益に対して税金は発生する?

ビットコインの積立で得た利益に対しても税金は発生します。ビットコインでの利益は雑所得に分類されており、15%〜55%の段階分けがされています。

「所得税の税率は、分離課税に対するものなどを除くと、5パーセントから45パーセントの7段階に区分されています。」

引用:[国税庁公式サイト]

この方式は「累進課税方式」であり、高所得者ほど納税額が高くなります。

株式の場合、税率は20%で固定されていますが、ビットコインでは利益額に応じて税率が変動します。そのため、自分がどのくらいの利益を出しているのか把握するようにしましょう。

Q.ビットコインの積立は平日しかできませんか?

ビットコインの積立は平日以外でも可能です。ビットコインは24時間いつでも取引をすることができます。そのため土日の取引に関しても問題ありません。

積立の場合、購入金額と購入日を設定することで自動的にビットコインを購入していくため、基本的には取引をすることなく放置でも問題ないでしょう。もちろん土日でも取引可能なので、平日は積立運用を行い、週末は短期投資として挑戦するといった方法も可能です。

Q.積立投資の初心者が気をつけることは?

積立投資を始める際は、価格変動に惑わされないことが大切です。ビットコインでは価格変動が激しく、短期間で大幅に下落してしまうことも珍しくありません。

そのような場合には、安くなってしまったからといって焦って購入日や金額などの設定を変更しないようにしましょう。積立投資は分散して購入することで得られる購入価格の平均化がメリットです。むやみに設定を変更してしまうと、このメリットの恩恵を十分に得られない可能性があります。

価格変動に惑わされることなく、長期的な視点で積立投資をするようにしましょう。

※本記事で記載の情報は、個別に記載のない限り、2022年1月25日時点でのものになります。証券会社等の口座開設やキャンペーン利用の際には、各社公式ホームページの最新情報をご確認ください。

関連記事
暗号資産のおすすめ取引所13選!ビットコインや仮想通貨を取引するならどこ?
ビットコイン(BTC)おすすめ取引所8社厳選!手数料から取扱通貨数まで
手数料が安い初心者向けは?リップル(XRP)のおすすめ取引所7選!
ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?ツールの使いやすさや手数料も解説
エイダコインとは?「怪しい」と言われる理由や今後について解説