仮想通貨投資の必需品
(画像=PIXTA)

仮想通貨投資の運用には、自分の仮想通貨を保管するためのウォレットが欠かせません。ウォレットは「財布」という意味なので、文字どおりデジタル資産である仮想通貨を保管するためのサービスですが、仮想通貨のウォレットにはいくつかの種類があります。

取引所ウォレットは、仮想通貨投資初心者の方にとってもなじみがあるかもしれませんが、ウォレットには他にもオンラインウォレットやハードウェアウォレットなど、その種類は実に多様です。

「こんなものまで?」と思うようなウォレットも含めて、仮想通貨のウォレットについての全知識を網羅しますので、これから仮想通貨投資を始める方はぜひウォレットについての知識をマスターしていきましょう

目次

  1. 仮想通貨ウォレットとは何か
    1. 仮想通貨ウォレットの概要
    2. なぜ仮想通貨ウォレットが必要なのか?
    3. コールドウォレットとホットウォレットの違い
  2. 仮想通貨ウォレットを利用する3つのメリット
    1. (1)分散して保管できる
    2. (2)残高照会や送金が簡単
    3. (3)カウンターパーティーリスクを抑えられる
  3. 仮想通貨ウォレットを選ぶ際の3つの視点
    1. (1)高いセキュリティレベル
    2. (2)分散保管を意識する
    3. (3)使用目的に合わせてウォレットを活用する
  4. 仮想通貨ウォレットの種類
    1. ウォレットの種類は大きく2つ
    2. 取引所ウォレット
    3. オンラインウォレット
    4. モバイルウォレット
    5. デスクトップウォレット
    6. ハードウェアウォレット
    7. ペーパーウォレット
  5. 迷ったら取引所ウォレットを選ぼう
  6. コールドウォレットを提供するおすすめ仮想通貨取引所ランキング
  7. 仮想通貨取引所ウォレット7選
    1. (1) Coincheck
    2. (2) bitFlyer
    3. (3)GMOコイン
    4. (4) DMM Bitcoin
    5. (5)SBI VC トレード
    6. (6)bitbank
    7. (7)bitpoint
  8. インターネット上に保管する「オンラインウォレット」のおすすめサービス
    1. オンラインウォレットの3つの特徴
    2. オンラインウォレット Blockchain.comを紹介
  9. モバイル版アプリで保管する「モバイルウォレット」のおすすめサービス 4つ
    1. (1) Ginco
    2. (2)Coinomi
    3. (3) JAXX
    4. (4) BRDビットコインウォレット
  10. パソコン上で保管する「デスクトップウォレット」のおすすめサービス3つ
    1. (1)Copay
    2. (2)Bitpay
    3. (3)Bitcoin.com
  11. 専用デバイスで保管する「ハードウェアウォレット」の3つのおすすめサービス
    1. (1) Ledger Nano X/Ledger Nano S
    2. (2) TREZOR Model T
    3. (3) Keepkey
  12. 紙で秘密鍵を保管する「ペーパーウォレット」のおすすめサービス
    1. bitaddress.org
  13. よくおすすめされている「メタマスク(Metamask)」はどこに分類される?
    1. メタマスク(Metamask)とは?
    2. デスクトップウォレット、モバイルウォレットに該当
    3. メタマスク(Metamask)のメリット
    4. メタマスク(Metamask)のデメリット
    5. メタマスク(MetaMask)の使い方・設定方法
  14. 仮想通貨ウォレットの使い方
    1. (1)ウォレットで仮想通貨を受け取る準備をする
    2. (2)取引所から仮想通貨を出金する
  15. 安全性の高い仮想通貨ウォレットを利用し仮想通貨投資を行いましょう
  16. 仮想通貨の種類や用途によって使い分けするのがベスト
  17. 仮想通貨ウォレットに関するQ&A
    1. Q. 取引所ウォレットでセキュリティが最も強固なところは?
    2. Q. 目的によって最適なウォレットがあるようなので、最適なウォレットを教えてほしい
    3. Q. ウォレットで仮想通貨を送金すると税金はどうなる?
    4. Q. 「取引所」なのにウォレットがある理由は?
    5. Q. ホットウォレットを利用するのにWi-Fiは必須?
    6. Q. モバイルウォレットはどこで手に入る?
    7. Q. ウォレットにはどんな仮想通貨でも保管できる?
    8. Q. 複数の銘柄を1つのウォレットに保管できる?

仮想通貨ウォレットとは何か

そもそも、仮想通貨ウォレットとは何か?という素朴な疑問にお答えしつつ、仮想通貨投資をするにはなぜウォレットが必要なのかという仕組みについての基本を解説します。

仮想通貨ウォレットの概要

仮想通貨ウォレットとは、仮想通貨を保管する「財布」を指します。アルマネーの財布のように、仮想通貨を保管するための入れ物がウォレットです。

リアルマネーの保管先には持ち歩ける財布に加え、タンス預金のためのタンス、貯金箱、銀行の口座などさまざまあります。これと同じように、仮想通貨も保管方法は多様で、保管方法全般を指しているのが仮想通貨ウォレットです。

仮想通貨投資を検討している方は、証券会社の口座のようなものを想像するかもしれません。実際に、仮想通貨取引所にはウォレットが付属しているので、証券取引の口座と似ているのですが、仮想通貨ウォレットには他にも多くの種類があるので、当記事ではそれを順に解説していきます。

なぜ仮想通貨ウォレットが必要なのか?

仮想通貨ウォレットが必要である最大の理由は、仮想通貨が金融資産の一種であり、何者かに盗まれないように安全に保管する必要があるからです。まだ仮想通貨が今ほど一般的ではなかった2014年に「Mt.Gox(マウントゴックス)事件」という仮想通貨の大規模なハッキング事件がありました。

事件が起きた当時、ビットコインはまだ5万円台でしたが、85万BTCも流出してしまったことから被害額は約470億円相当にも上り、仮想通貨の安全性に疑問を投げかける事件となったのです。

リアルマネーと違い、仮想通貨は遠隔地からでもハッキングによって盗み出すことができてしまいます。このような犯罪を防ぐために、堅牢なウォレットが必要なのです。

コールドウォレットとホットウォレットの違い

仮想通貨のウォレットには大きく分けてコールドウォレットとホットウォレットがあります。コールドというのは「オフライン」、ホットは「オンライン」という意味です。

コールドウォレットは紙や専用デバイスなどネットとは切り離されたところで仮想通貨を保管するウォレットのため、ネットからのハッキングリスクはありません。しかし、物理的な紛失や破損のリスクがあります。

もう一方のホットウォレットは、オンライン上で仮想通貨を保管する方法のため、ネット環境があればいつでもどこでもウォレットにアクセスでき、すぐに出し入れができるのがメリットです。しかし、常にネット上でハッキングされるリスクが伴います。

仮想通貨ウォレットを利用する3つのメリット

仮想通貨ウォレットには、多くのメリットがあります。ここでは仮想通貨ウォレットを利用することで得られるメリットを3点、解説します。

(1)分散して保管できる

仮想通貨は大切な資産のため、安全に保管することは何よりも重要です。取引所の口座内に保管しておくことも可能ですが、1ヵ所だけに保管しておくことはリスクを高めます。

自分で仮想通貨のウォレットを複数準備してそれぞれに分けて保管すれば、万が一、一つのウォレットが何らかの被害に遭ったり紛失をしてしまったりしても、りのウォレットに保管されている分を守ることができます

ホットウォレットとコールドウォレットを組み合わせると、ネットからのハッキングリスクから完全に隔離する仮想通貨とオンライン上に保管して機動的に利用する仮想通貨を分けるといったことも可能です。

(2)残高照会や送金が簡単

仮想通貨は、実際には通貨ではありませんが通貨のようなものであり、しかも実体がないため、リアルマネーと比べて今どれだけの資産があるのかを把握しにくい部分があります。その点、ウォレットを使用すれば残高をすぐに確認でき、複数の仮想通貨を保有している場合でもそれぞれの内訳や合計金額が一目瞭然です。

また、ホットウォレットはネット環境とつながっているので、送金をすることも難しくありません。仮想通貨はもともと、手軽に送金ができることがメリットです。ウォレットを利用することによって、そのメリットがさらに身近なものになります。

(3)カウンターパーティーリスクを抑えられる

カウンターパーティーとは、取引相手のことを指します。銀行に預金をしている人であれば、銀行がカウンターパーティーです。もし、銀行が経営破綻をしたら、預金をすぐに引き出せないリスクが生じますが、これをカウンターパーティーリスクといいます。

仮想通貨のカウンターパーティーリスクは、利用している取引所の経営破綻やシステムの不具合などです。自分専用のウォレットに保管しておけば、取引所で何か問題が起きても仮想通貨の安全性や利便性を損なわずに済みます。

仮想通貨ウォレットを選ぶ際の3つの視点

仮想通貨ウォレットを利用する際にはまず、ウォレットを選ばなければなりません。というのも、仮想通貨ウォレットには実に多くの種類があり、それぞれ目的に応じて選ぶべきウォレットが異なるからです。ここでは、ウォレットを選ぶときのポイントを3点解説します。

(1)高いセキュリティレベル

ウォレットは財布なので、中身を守ることが前提です。特にオンライン型のホットウォレットを選ぶときには、高いセキュリティレベルが求められます

過去には「Mt.Gox事件」や「コインチェック事件」など、大規模なものをはじめ、さまざまな仮想通貨の窃盗や流出事件がありました。このような事件が報道されるたびに、問題となってきたのが仮想通貨のセキュリティレベルです。

このような教訓を経て、今のウォレットはセキュリティ面でさまざまな仕組みが採用されているため、比較しやすくなっています

(2)分散保管を意識する

「卵を1つのかごに盛るな」というのは分散投資の必要性を説く投資格言です。1つのかご(金融資産)にすべての卵(資金)を盛ってしまうと、そのかごを落としてしまったときに全部の卵(全財産)を失うことになります。

しかし、卵を複数のかごに盛っておけば、仮に1つのかごを落としても残りのかごに盛られた卵は無事です

同様に、仮想通貨は複数のウォレットに分散して保管することを意識しましょう。ウォレット自体に大きな危険があるわけではありませんが、操作ミスなどで仮想通貨を取り出せなくなる可能性もゼロではないため、複数のウォレットに分散して保管するのが正しい付き合い方です。

(3)使用目的に合わせてウォレットを活用する

ウォレットの種類はさまざまです。そして、各ウォレットは用途によって向き不向きがあるため、仮想通貨を3つに分けて、用途ごとに適したウォレットを紹介します。

決済目的ならモバイルウォレット

仮想通貨を代金決済、支払いのために利用したい場合に適しているのは、モバイルウォレットです。モバイルウォレットはホットウォレットの一種で、オンライン型のためその場で仮想通貨の残高を確認して、支払いに使うことができます。

「モバイル」という名のとおり、スマホアプリ版として提供されているものが多いので、アプリをインストールして必要事項を設定すればすぐに使えるようになります。

頻繁にトレードするなら取引所ウォレット

仮想通貨の売買を頻繁に行い、差益を狙うためのトレード主体で利用するのであれば、仮想通貨取引所に付帯している取引所ウォレットがおすすめです。

取引所ウォレットは、主要な仮想通貨取引所に口座を開設すると利用することができます。そのウォレットに残高があれば、その範囲で機動的なトレードが可能です。

長期保有ならペーパーウォレットやハードウェアウォレット

長期的に仮想通貨を保有するのであれば、ネット環境から隔離したコールドウォレットがよいでしょう。ネットからのハッキングリスクがなく、物理的に自宅から盗み出されない限りは仮想通貨を安全に保管することができます。

コールドウォレットの代表格はペーパーウォレットとハードウェアウォレットなので、いずれかがおすすめです。

仮想通貨ウォレットの種類

多種多様な仮想通貨ウォレットについて、ここではその分類と主なウォレットについて概要を解説します。

大きく分けるとコールドウォレットとホットウォレットの2種類があることは前述のとおりですが、それぞれに保管方法が異なっており、細かいウォレットの分類があるというイメージで読み進んでいただくとわかりやすいでしょう。

ウォレットの種類は大きく2つ

仮想通貨ウォレットは、ホットウォレットとコールドウォレットの2つに大きく分類され、それぞれに特徴が異なります。その分類は、以下の通りです。

【ホットウォレット】
  1. 取引所ウォレット
  2. オンラインウォレット
  3. モバイルウォレット
  4. デスクトップウォレット
【コールドウォレット】
  1. ハードウェアウォレット
  2. ペーパーウォレット

それでは、これらのウォレットを1つずつ個別に解説していきましょう。それぞれのメリットやデメリットなどを考慮し、執筆者の見解で「★」による3段階評価をつけています。

取引所ウォレット

取引所ウォレットは、仮想通貨取引所に口座を開設すると自動的に利用することができるウォレットです。株式や投資信託などを購入するために、証券会社の口座に資金を預け入れるのと同じ感覚で使えます。

取引所ウォレットに残高があると、すぐに取引ができるので、頻繁に売買をする人には適したウォレットといえるでしょう。

過去の流出事件などの教訓もあり、現在では二段階認証の導入などセキュリティの向上が図られています。しかし、ネット環境に接続されたホットウォレットであることに変わりはないので、安全性を高めるには利用者のセキュリティ意識も大切です。

安全性 利便性 ホットorコールド
取引所ウォレット ★★ ★★ 両方利用可能
オンラインウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
モバイルウォレット ★★ ★★★ ホット(オンライン)
デスクトップウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
ハードウェアウォレット ★★★ ★★ コールド(オフライン)
ペーパーウォレット ★★★ コールド(オフライン)

オンラインウォレット

オンラインウォレットは文字どおり、オンライン上で利用することができる仮想通貨ウォレットです。取引所ウォレットと同様の機能がありますが、取引所のように取引の機能がなく、ウォレット機能に特化していることが大きく異なります。

ンライン型のため、ネット環境さえあればいつでもどこでもアクセスが可能で、仮想通貨の送金や着金、残高照会なども簡単です。銀行のオンラインバンキングに近いもので、それを仮想通貨に特化したサービスと考えるとわかりやすいでしょう。

安全性 利便性 ホットorコールド
取引所ウォレット ★★ ★★ 両方利用可能
オンラインウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
モバイルウォレット ★★ ★★★ ホット(オンライン)
デスクトップウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
ハードウェアウォレット ★★★ ★★ コールド(オフライン)
ペーパーウォレット ★★★ コールド(オフライン)

モバイルウォレット

モバイルウォレットは基本的にスマホアプリとして提供され、スマホやタブレット端末などにインストールして利用できるウォレットです。モバイル端末で利用できるため、外出先でも仮想通貨の出し入れをしたり決済に利用したりする人に適しています。

モバイルウォレットの場合、仮想通貨はそのアプリがインストールされたモバイル端末に保管されるため、モバイルウォレットが入った端末の管理がとても重要です。ウォレットによってはスマホ用とパソコン用の両方を用意していることもあるため、両方の環境で利用したい方は、併用型のモバイルウォレットを選ぶのがよいでしょう。

安全性 利便性 ホットorコールド
取引所ウォレット ★★ ★★ 両方利用可能
オンラインウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
モバイルウォレット ★★ ★★★ ホット(オンライン)
デスクトップウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
ハードウェアウォレット ★★★ ★★ コールド(オフライン)
ペーパーウォレット ★★★ コールド(オフライン)

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、モバイルウォレットのパソコン版と表現するとイメージしやすいと思います。

デスクトップウォレットに仮想通貨を保管すると、そのデスクトップウォレットがインストールされたパソコン内に仮想通貨が保管されるため、使用する感覚はモバイルウォレットと同様です。このように、本体に仮想通貨を保管するウォレットは「クライアント型」「ローカルウォレット」などと呼ばれることもあります。

そのため、デスクトップウォレットがインストールされたパソコン本体の管理が重要です。そこに保管されている仮想通貨を管理するための秘密鍵をしっかりと書き留めて保管しておかなければなりません。

安全性 利便性 ホットorコールド
取引所ウォレット ★★ ★★ 両方利用可能
オンラインウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
モバイルウォレット ★★ ★★★ ホット(オンライン)
デスクトップウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
ハードウェアウォレット ★★★ ★★ コールド(オフライン)
ペーパーウォレット ★★★ コールド(オフライン)

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはコールドウォレットの一種のため、ネット環境からは切り離された環境で仮想通貨を保管することができます。つまり、ネット環境からのハッキングなどのリスクがないので、原始的ではありますがセキュリティは強固です。

専用のデバイスが販売されており、そのデバイスにパソコンと同様、専用のソフトをインストールし、パソコンからハードウェアウォレットに仮想通貨を送金して保管します。送金が完了したらパソコンから取り外すので、秘密鍵も専用デバイス内のハードウェアウォレットに保管され、ハッキングによって盗み出されるリスクを排除できます。

安全性 利便性 ホットorコールド
取引所ウォレット ★★ ★★ 両方利用可能
オンラインウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
モバイルウォレット ★★ ★★★ ホット(オンライン)
デスクトップウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
ハードウェアウォレット ★★★ ★★ コールド(オフライン)
ペーパーウォレット ★★★ コールド(オフライン)

ペーパーウォレット

仮想通貨はデジタルデータのため、「紙」という原始的な記録手段と無縁のように感じるかもしれません。しかし、仮想通貨を引き出すための秘密鍵を紙に書き留めて保管するというのは、原始的でありながら最も強固なセキュリティです。

ペーパーウォレットは「紙」であるため、紛失したり火災で焼失してしまったり、さらに長期間保管することでインクの色が変わってしまったり薄くなってしまって読み取れなくなったりすることが最大のリスクとなります。

これらのリスクをうまく管理すれば、ペーパーウォレットは最もハッキングに強い長期的な仮想通貨の保管方法となるでしょう。

安全性 利便性 ホットorコールド
取引所ウォレット ★★ ★★ 両方利用可能
オンラインウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
モバイルウォレット ★★ ★★★ ホット(オンライン)
デスクトップウォレット ★★ ★★ ホット(オンライン)
ハードウェアウォレット ★★★ ★★ コールド(オフライン)
ペーパーウォレット ★★★ コールド(オフライン)

迷ったら取引所ウォレットを選ぼう

仮想通貨ウォレットには多くの種類があることを紹介しました。しかし、こんなに種類があるとどれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いかもしれません。迷ったときは、ひとまず取引所ウォレットを選ぶのが無難でしょう。特別なウォレットを用意しなくてもすぐに利用でき、パスワードなどの管理をしっかりとしていればセキュリティを確保できます。

取引所ウォレットについては、次章以降で詳しく解説していきます。

コールドウォレットを提供するおすすめ仮想通貨取引所ランキング

多くの仮想通貨取引所は、利用者から預かっている仮想通貨を自社内のコールドウォレットで管理しており、それにより取引所からの流出を防ぎ、安全性を高めています。取引所ウォレットを選ぶ際には、コールドウォレットの管理をしっかりとしている取引所を選ぶことがおすすめです。 ここでは顧客の預かり資産をコールドウォレット管理している仮想通貨取引所のうち、取扱通貨やサービスの充実度などを総合評価して「おすすめ度」のランキングにしました。

●コールドウォレットで仮想通貨を保管している取引所のおすすめランキング(2022年1月時点)

取引所名 取扱通貨数 取引手数料(販売所) 最低取引単位 レバレッジ取引
1位
Coincheck
17 無料 500円または
0.005BTC
なし
2位
bitFlyer
15 無料 0.00000001~0.001BTC 2倍
3位
DMM Bitcoin
20 無料 0.0001BTC 2倍
4位
GMOコイン
20 無料 0.0001~0.00005BTC 2倍
5位
SBI VC トレード
7 無料 0.0001BTC 2倍

仮想通貨取引所ウォレット7選

ウォレット選びで迷ったらまずは検討したい仮想通貨取引所ウォレットについて、ここでは7つを紹介します。いずれのウォレットも国内の主要な仮想通貨取引所が扱っており、経営基盤やサービスが充実している取引所ばかりです。迷ったときには、この中から選ぶのがよいでしょう。

●仮想通貨取引所ウォレットの比較表

取扱通貨数 取引手数料 最低取引単位 入金手数料 出金手数料 送金手数料
Coincheck
17 無料 販:500円
取:0.005BTC
0~1,018円 407円 変動制
bitFlyer
15 販:無料
取:0.01~0.15%
販:0.00000001BTC
取:0.001BTC
0~330円 220~770円 0.004BTC
GMOコイン
20 販:無料
取-0.01%~0.05%
販:0.0005BTC
取:0.00001BTC
無料 無料 無料
DMM Bitcoin
20 無料 0.0001BTC 無料 無料 無料
SBI VC トレード
7 無料 0.0001BTC 無料 0~145円 無料
bitbank
15 販:無料
取:-0.02~0.12%
販:0.00000001BTC
取:0.0001BTC
無料 550~770円 0.0006BTC
bitpoint
10 無料 販:0.00000001BTC
取:0.0001BTC
無料 無料 無料

※販…販売所取引、取…取引所取引
※2022年1月時点

(1) Coincheck

Coincheckは、国内取引所の代表的な存在であり、マネックス証券グループの取引所として、高いセキュリティと充実のサービスが魅力の取引所です。取扱通貨数が国内取引所の中ではトップクラスで、仮想通貨の積立サービスなどユニークなサービスもあるので口座を持っておいて損はない取引所といえます。

コインチェック
(引用元:コインチェック)
Coincheckのメリット ・国内取引所で最も多い取扱通貨数
・取引手数料が無料
・少額からでも始めやすい
・仮想通貨積立などユニークなサービス
Coincheckのデメリット ・レバレッジ取引はできない
・実質的な手数料であるスプレッドが大きめ

Coincheck:アプリの仕様

Coincheckのスマホアプリはとても多機能で、口座開設の段階から本人確認書類の提出などに活躍します。本格的なチャート機能を備えており、よく使われているボリンジャーバンドや移動平均線、MACDといったテクニカルインジケーターを活用して相場の分析ができます。

また、価格のアラート通知などプッシュ型の機能も充実しているので、アプリを開いていなくても仮想通貨に関連する情報が手に入ります。

Coincheckのアプリはもちろん無料で、公式ページから簡単にダウンロードできます。

(2) bitFlyer

国内の主要企業が出資して設立されたbitFlyerは、強固なセキュリティに定評があります。取引所ウォレットのセキュリティを確保するには、コールドウォレット管理とログイン管理という2つの視点が必要です。

預かり資産のコールドウォレット管理はもちろんのこと、bitFlyerへのログインについても履歴情報を記録し、複数回ログインに失敗するとロックが掛かる仕組みになっています。さらに、二段階認証を導入するなど、口座への不正アクセスを徹底的に排除する仕組みが特徴です。

bitFlyerのメリット ・名だたる大手企業が出資し、盤石な経営基盤
・強固なセキュリティ
・ビットコイン取引量5年連続国内1位
bitFlyerのデメリット ・取引アプリの動作が重いとの声が多い ・通貨によっては販売所形式のみ
・銀行の振込手数料が少々高い

bitFlyer:アプリの仕様

白を基調としたデザインが印象的なbitFlyerのアプリは、とても見やすい画面です。画面は目にやさしい色使いのため、トレードのためにチャートを凝視するような場合には、そのよさに気づくと思います。

アプリについては、動作が重いとの指摘も散見されますが、それは多機能ゆえのことであり、スマホの性能に依存する部分も大きいでしょう。現物だけでなく先物や仮想通貨FXなどの取引をアプリで完結できるのは、bitFlyerの強みです。

(3)GMOコイン

大手ITグループであり、さらにグループ内に証券会社や銀行もある大手金融グループ、GMOグループの仮想通貨取引所です。ITと金融それぞれの豊富なノウハウを活用してサービスやセキュリティの充実を図っており、ウォレットとしての利用価値は高いでしょう。

1,000円未満の少額取引にも対応しており、まずは少しずつ仮想通貨投資を始めたいという方のニーズにも応えています。さらに、レバレッジ取引も可能なため、投資効率を高めてより本格的に取引したい方にも最適です。

GMOコインのメリット ・ITと金融を手がけるグループの豊富なノウハウ
・強固なセキュリティ
・レバレッジ取引が可能
・販売所の取引手数料が無料
GMOコインのデメリット ・最低出金額が高い
・販売所取引ではコストが高め

GMOコイン:アプリの仕様

GMOコインの取引アプリには、「ノーマルモード」と「トレーダーモード」という2つのモードがあります。前者は初心者向きのモードで、後者は本格的な仮想通貨トレードをする投資家のためのモードです。アプリ全体の使い勝手や使いたい機能に合わせてモードを選択できます。

GMOグループはグループ内の他のサービスでもアプリを多数開発しており、動作の安定性やセキュリティについても安心感があります。

(4) DMM Bitcoin

映像配信サービスをはじめ、多様なサービスを展開しているDMM.comグループの仮想通貨取引所です。同グループには、DMM FXというFX取引会社もあるため、その仮想通貨版のサービスを提供しています。

仮想通貨の保管については、4段階に分類した多段的なセキュリティが確保されており、「ここまでやるか」との印象を受けるほどの念の入れようです。しかし、取引所ウォレットとしてこれだけのセキュリティが確保されていることで、安心して利用できます。

DMM Bitcoinのメリット ・アプリがとても使いやすいと評判
・ビットコイン以外でもレバレッジ取引が可能
・入出金の手数料がすべて無料
・多段的なセキュリティ
DMM Bitcoinのデメリット ・販売所形式の手数料コストが高い
・毎週メンテナンスがあってその時間は取引できない

DMM Bitcoin:アプリの仕様

使いやすくて多機能との評判が多いDMM Bitcoinの取引アプリは、同グループのDMM FXで培われたノウハウが多く採り入れられていると評判です。チャート画面を4分割にしてシンプルな操作で注文ができるのは、FXアプリに類似しています。

指値や逆指値だけでなくIFDやOCOといった二段階の注文に対応しているのもFXアプリのようです。これらの注文を出すことでずっと相場に張り付いている必要はなくなるので、DMM Bitcoinのアプリを利用するメリットの1つです。

(5)SBI VC トレード

銀行や証券、FX取引会社などを擁するSBIグループの仮想通貨取引所です。すでにあったTaoTaoという取引所との合併によって現在の体制になり、総合的な金融グループであるSBIの取引所として今後知名度を高めていくものと思われます。

豊富な取引ツールや住信SBIネット銀行との連携など、SBIグループのスケールメリットをいかした独自のサービスも魅力的のため、今後取扱通貨数が増えてくるとさらに利用者が増えるでしょう。

SBI VCトレードのメリット ・SBIグループのスケールメリット、高度なセキュリティ
・豊富な取引ツール
・住信SBIネット銀行との連携が秀逸
SBI VCトレードのデメリット ・取扱通貨数がまだまだ少ない
・レバレッジ取引は不可

SBI VC トレード:アプリの仕様

SBI VCトレードには「VCTRADE SP」という専用の取引アプリがあります。他の金融サービスでもアプリを提供しているSBIグループらしく、シンプルな操作性と高度なテクニカル機能が両立しているのが特徴です。

テクニカルインジケーターは9種類を使うことができ、この「VCTRADE SP」アプリだけで販売所形式と取引所形式の両方でトレードができます。スマホ専用に開発されていることもあって画面の構成やデザインがスマホにフィットしており、このスマホだけで仮想通貨投資を完結することも十分可能です。

(6)bitbank

bitbankは知名度があまり高くないこともあって、初めて名前を聞く方もおられるかもしれませんが、2021年の仮想通貨取引量は日本国内でトップとなっており、多くの投資家に利用されている取引所です。

スマホ向けのアプリが充実していることから若年層などスマホメインの人たちからも高い支持を集めており、スマホメインで仮想通貨投資をしたい方にとっては有望な選択肢となるでしょう。

bitbank
(引用元:bitbank)
bitbankのメリット ・強固なセキュリティ
・スマホアプリの評価が高い
・取引所取引がメインで低コスト
bitbankのデメリット ・レバレッジ取引は不可
・知名度が低い

bitbank:アプリの仕様

bitbankの取引アプリは、このアプリだけで取引を完結することを想定して設計されているのがわかります。チャート機能により細かい値動きはもちろんですが、チャートの傾向を把握しやすい構成です。

チャート画面では豊富なテクニカルインジケーターを利用できます。bitbankでは世界的に広く利用されているチャートサービス「TradingView」を採用しているため、使用できるテクニカルインジケーターは60種類以上もあり、本格的なチャート機能を必要とする中上級レベルの投資家のニーズにも十分耐える仕様です。

(7)bitpoint

比較的新しい仮想通貨取引所であるbitpointの大きな特徴は、投資家向けのとても有利な手数料体系です。販売所、取引所それぞれの取引手数料が無料で、さらに、送金や入金、出金といった出し入れについてもすべて手数料がかかりません。

また、レバレッジ取引も可能なので、少額から投資効率を高めて運用をしたい方にも向いています。手数料体系以外にレバレッジ取引など、多くの投資家のニーズがある機能をしっかり網羅している取引所です。

bitpointのメリット ・手数料体系が投資家にかなり有利
・レバレッジ取引が可能
・少額からの取引にも対応している
bitpointのデメリット ・取扱通貨数がやや少ない
・スプレッドが広くなることがある
・かつてあったMT4のサービスが終了してしまった

bitpoint:アプリの仕様

bitpointの取引アプリでは、チャートに世界的なシェアをもつチャートツール「TradingView」が採用されています。すでに仮想通貨以外の投資でTradingViewを利用している方であれば、すぐに慣れることができ、豊富なテクニカルインジケーターをすべて利用可能です。

アプリのセキュリティはとても重要ですが、第三者機関にも堅牢性が認められたセキュリティで守られており、安心していつでもどこでも仮想通貨取引ができます

インターネット上に保管する「オンラインウォレット」のおすすめサービス

オンラインウォレットはネット上のサービスで、自分専用の口座を開設してそこに仮想通貨を保管します。取引所ウォレットもオンラインウォレットと同様のサービスといえますが、ここで取り上げるのは取引所に付帯しているウォレットではなく、オンラインウォレットとして単体で提供しているサービスです。

オンラインウォレットの3つの特徴

オンラインウォレットの特徴を整理すると、以下のようになります。

(1)クラウドサービスの一種である

クラウドサービスとして提供されているため、ネット環境があればいつでもどこでもアクセスが可能です。

(2)ホットウォレット特有のリスクもある

いつでもどこでもアクセスできるのはメリットですが、その一方でホットウォレットなのでハッキングなどのリスクを意識する必要があります

(3)サービス事業者が少ない

今やオンラインウォレットは取引所に口座があればそれをウォレットとして利用できるため、オンラインウォレット単体で提供されるサービスは少なくなっています。

オンラインウォレット Blockchain.comを紹介

オンラインウォレットとして紹介するのは、Blockchain.comです。

Blockchain.comは仮想通貨のウォレットに特化しており、多種多様な機能を備えています。セキュリティ面でも優れており、パソコンだけでなくスマホアプリも提供されているため、環境を選ばずさまざまなシーンで利用可能です。

Blockchain.comの基本情報
利用料金 無料
対応通貨 BTC、ETHなど主要な仮想通貨ほぼすべて
利用方法 パソコン(ブラウザ)、スマホアプリ
公式サイト https://www.blockchain.com/

Blockchain.comのメリット

・簡単な操作で利用開始できる

ウォレットに特化したサービスのため、初期設定や操作がとても簡単に設計されており、初心者でも戸惑うことはほとんどありません。

・日本語にも対応

海外のサービスですが、日本語も含めてさまざまな言語に対応しています。

・パソコン、スマホの両方で管理できる

Blockchain.comはパソコン版とスマホアプリ版があるので、利用環境に合わせて使い分けることができます

・Blockchain.comだけで両替も可能

Blockchain.com内に両替の機能があるため、いちいち取引所に仮想通貨を送金する必要がありません

Blockchain.comのデメリット

・Blockchain.comの両替機能に日本円は含まれていない

Blockchain.comでは多彩な仮想通貨や一部の法定通貨との両替が可能ですが、その中に日本円は含まれていないため、日本円に両替するには別途取引所の利用が必要です。

・ホットウォレット特有のセキュリティリスクがある

Blockchain.comはとてもセキュリティが強固であることがウリの1つですが、ウォレット側のセキュリティが万全でも利用者のセキュリティが甘ければハッキングのリスクがゼロではなくなります。

モバイル版アプリで保管する「モバイルウォレット」のおすすめサービス 4つ

スマホなどのモバイル端末で利用することができるモバイルウォレットが人気です。ここでは数多くあるモバイルウォレットのなかから主要なサービスを4つピックアップして紹介します。

モバイルウォレットのメリットは、何といってもスマホで利用して「いつでもどこでも」取引を実現できることです。外出先や移動中であっても、ネット環境があれば簡単に仮想通貨の送金や残高の照会などができます。

モバイルウォレットは、デジタル端末であるスマホなどに仮想通貨を保管するためホットウォレットの一種ですが、オンラインウォレットのようにクラウド空間に保管するのではなくスマホなどデバイス本体に保管するのが特徴です。

「モバイル」という名称からスマホやタブレット端末だけで利用するものと思われがちですが、モバイルウォレットのなかにはパソコン環境でも利用できるものもあります。自宅やオフィスではパソコン、それ以外のときはスマホといったように使い分けたい方に最適です。

(1) Ginco

海外製のプラットフォームやアプリなどが多い仮想通貨の世界において、このGincoは日本製のモバイルウォレットです。そのため日本語対応がしっかりしているところが、日本人投資家に向いています。

スマホやタブレットなどのモバイル端末にGincoアプリをダウンロードし、そこに仮想通貨を安全に保管することができるほか、マイニング(取引の承認作業)できるマシンの販売や運用も行っています(2022年1月現在、新規受付休止中)。

Gincoの基本情報
利用料金 無料
対応通貨 BTC、ETH、BCH、LTCなど16種類
利用方法 スマホアプリ
公式サイト https://wallet.ginco.co.jp/

(2)Coinomi

Coinomiは数あるモバイルウォレットのなかでも取扱通貨の種類がとても多く、70種類以上の仮想通貨を保管することができるのが特徴です。70種類以上もあれば主要な仮想通貨はほぼ網羅しているので、預け入れに困ることはまずないでしょう。

モバイルウォレットに特化しているため、Android版もしくはiOS版をそれぞれ公式のアプリマーケットからダウンロードし、すぐに利用可能です。Android版は日本語対応済みですが、2022年1月時点ではiOS版のみ英語環境で利用する必要があります。

Coinomiの基本情報
利用料金 無料
対応通貨 主要な通貨をはじめ70種類以上
利用方法 スマホアプリ
公式サイト https://www.coinomi.com/en/

(3) JAXX

スマホやタブレットといったモバイル端末に加えて、パソコン環境でも利用可能な「二刀流」のモバイルウォレットです。この利点をいかして複数のデバイスでアカウントを同期することができるため、端末の紛失など万が一の事態に備えることができます。

海外製のモバイルウォレットなので、表記は英語ですが、それほど難しい言葉はなく仮想通貨を日常的に利用、運用している人にとってそれほどハードルは高くないでしょう。

JAXXの基本情報
利用料金 無料
対応通貨 主要な通貨をはじめ50種類以上
利用方法 パソコン(ブラウザ)、スマホアプリ
公式サイト https://jaxx.io/

(4) BRDビットコインウォレット

名称に「ビットコイン」とあるように、仮想通貨初心者向けにビットコインを保管するのに適したモバイルウォレットです。海外製のウォレットですが日本語に対応しているので、日本人投資家も安心して利用を始められます。

名称からビットコインだけが対象通貨であるように感じますが、リリース後に順次対応通貨が追加されており、ビットコインだけでなくイーサリアム、ビットコインキャッシュにも対応しています。

BRDビットコインウォレットの基本情報
利用料金 無料
対応通貨 BTC、BCH、ETH
利用方法 スマホアプリ
公式サイト https://bitcoin.org/ja/wallets/mobile/android/brd/

パソコン上で保管する「デスクトップウォレット」のおすすめサービス3つ

デスクトップウォレットは、パソコン環境で使用する仮想通貨ウォレットです。クライアント型ウォレット(ローカルウォレットともいいます)の一種で、仮想通貨はデスクトップウォレットをセットアップしたパソコンに保管されます。

自分のパソコンに保管するのでコールドウォレットの一種のように感じますが、デスクトップウォレットは操作の内容によってはネット環境にアクセスをすることがあるため完全なローカル型とはいえません。ホットウォレットの一種として見なされています。

ホットウォレットの一種ということはネットからの脅威と無縁ではないため、IDとパスワードの管理など基本的なセキュリティ意識はしっかり持っておくことが必要です。

もう1つ、デスクトップウォレットはパソコンが故障すると中に保管している仮想通貨を取り出せなくなってしまうため、秘密鍵を確実にメモしておかなければなりません。そして、ウイルス感染などによってデスクトップウォレットの仮想通貨を盗み出されるリスクもあるため、パソコンの安全性を確保することも重要です。

(1)Copay

Copayはビットコインを管理するために開発されたデスクトップウォレットですが、2022年時点ではすでに開発を終了しており、次項で紹介するBitpayが後継ウォレットです。

すでに後継ウォレットがあるため新規に利用開始する方は少ないと思いますが、CopayはパソコンだけでなくAndroid、iOSといったモバイル環境向けにアプリも用意されているので、複数のデバイス間で仮想通貨を管理することができます

ただし、開発を完了していることから最新版のアップデートが行われておらず、ハッキング対策なども古いままで止まっているため、今から新規で利用開始するのはおすすめできません

Copayの基本情報
利用料金 無料
対応通貨 BTC
利用方法 パソコン(ブラウザ)、スマホアプリ
公式サイト https://bitpay.com/wallet/

(2)Bitpay

前項で紹介したCopayの後継ウォレットであり、Bitpayは現在主要なデスクトップウォレットとして高いシェアを有しています。前身となるCopayから使いやすさを引き継いでおり、Windows、macOSといったパソコン環境だけでなくAndroid、iOSでも利用可能です。

「pay」という名称が使われていることからも決済手段として使うことを想定しており、欧米ではbitpayカードを発行してデビットカードとして利用することもできます

対応通貨は、ビットコインとビットコインキャッシュです。

Bitpayの基本情報
利用料金 無料
対応通貨 BTC、BCH
利用方法 パソコン(ブラウザ)、スマホアプリ
公式サイト https://bitpay.com/wallet/

(3)Bitcoin.com

デスクトップウォレットの一種であるBitcoin.comウォレットですが、パソコンとスマホの両方に対応しています。対応OSはWindowsやmacOSだけでなくLINUX、スマホはAndroidとiOSに対応しているので、現状ほとんどの環境で利用できるといってよいでしょう。

対応している通貨はビットコインとビットコインキャッシュのみですが、これらの通貨のみを保管したい方には安心感が大きいウォレットといえます。対応言語が多いので日本語でも利用可能で、さらに保管している通貨も選べるため、とてもわかりやすいのもメリットです。

Bitcoin.comの基本情報
利用料金 無料
対応通貨 BTC、BCH
利用方法 パソコン(ブラウザ)、スマホアプリ
公式サイト https://wallet.bitcoin.com/

専用デバイスで保管する「ハードウェアウォレット」の3つのおすすめサービス

ハードウェアウォレットは、ネット環境から隔離されたウォレットのため、コールドウォレットに分類されます。専用のデバイスをパソコンに接続してパソコンから仮想通貨を送金し、送金したあとはハードウェアウォレットをパソコンから切り離して保管可能です。

多くのハードウェアウォレットはUSBメモリーのような形をしていて、それをパソコンに接続してUSB経由で仮想通貨を移動し、保管する仕組みになっています。

使い勝手がUSBメモリーとほとんど同じなので、重要なのはハードウェアウォレットそのものの管理です。USBメモリーと同様にそれほど大きなものではなく、紛失すると中のデータごと失ってしまうリスクがあります。

ハードウェアウォレット自体の管理を適切にしておけば、ネット環境から隔離されて安全に仮想通貨を保管することができるので、頻繁に出し入れする予定がない仮想通貨を長期保存するのに最適です。

ここでは、代表的な3つのハードウェアウォレットを紹介します。

(1) Ledger Nano X/Ledger Nano S

フランスのメーカーによって販売されている代表的なハードウェアウォレットのシリーズす。対応通貨の種類がとても多く、オンラインウォレットに接続して対応通貨を増やしていくことができます。

保存には高度な暗号化技術が採用されており、ハードウェアウォレットに求められるセキュリティはしっかりと確保されている定番商品です。Ledger Nano Xの場合、価格は正規代理店経由で2万1,761円です。一度購入すれば半永久的に使用できるので、仮想通貨の長期保存をお考えの方に向いています。

Ledger Nano X/Ledger Nano Sの基本情報
本体価格 Ledger Nano X:2万1,761円
Ledger Nano S:8,990円
対応通貨 BTC、ETHをはじめ1,100種類以上
利用方法 USB接続、NanoXはBluetoothも可
公式サイト https://hardwarewallet-japan.com/

(2) TREZOR Model T

ネットセキュリティなどサイバーセキュリティ産業が盛んなチェコ共和国のメーカーによるハードウェアウォレットです。上記のLedgerシリーズと並んでハードウェアウォレットの定番と認められています。

価格は日本円で2万円超のため、ハードウェアウォレットの中では比較的高価な部類のものです。ビットコインをはじめとする主要な仮想通貨に加えて、イーサリアムの規格であるERC-20系の仮想通貨にも対応していることが目を引きます。

ERC-20はDeFiなど分散型金融システムのトークンが採用している規格です。今後、多くのトークンが流通する可能性があり、そのようなトークンを安全に長期保存できるハードウェアウォレットです。

TREZOR Model Tの基本情報
本体価格 189ユーロ
対応通貨 主要な仮想通貨に加えてERC-20系のトークンも保存可能
利用方法 USB接続
公式サイト https://shop.trezor.io/product/trezor-model-t

(3) Keepkey

パソコンのOSの選択肢が広く、WindowsとmacOSに加えてLinuxでも利用可能であることが特徴です。パソコンでGoogle Chromeを利用できればその拡張機能として接続する仕組みになっているため、さらに今後他のOSでも利用できるようになる可能性もあります。

堅牢なハードウェアウォレットとしての機能に加えて、操作画面の文字が他の機種よりも大きくて読みやすく、ShapeShiftという機能を使うとKeepkeyウォレット内の操作だけで仮想通貨の交換ができるので便利です。

Keepkeyの基本情報
本体価格 49米ドル
対応通貨 主要な仮想通貨に加えて40種類以上
利用方法 USB接続
公式サイト https://shapeshift.com/keepkey

紙で秘密鍵を保管する「ペーパーウォレット」のおすすめサービス

ハッキングによる仮想通貨の流失事件はいずれも、仮想通貨がオンライン上に保管されていることが根本的な原因の1つです。それならネット環境から隔離されたところに保管すればよいとの発想から生まれたのが、コールドウォレットです。

コールドウォレットには主にハードウェアウォレットとペーパーウォレットがありますが、前者のハードウェアウォレットは専用のデバイスを購入する必要があります。それに対して、ここで紹介するペーパーウォレットは紙というきわめてアナログな手段で仮想通貨を保管する方法です。

仮想通貨はブロックチェーン上に存在するデジタル資産ですが、セキュリティを保つために秘密鍵が欠かせません。秘密鍵さえ安全に保管すれば、自分の仮想通貨を守ることができるため、それを紙に記録して保管するのがペーパーウォレットというわけです。

ネット環境から隔離されているので遠隔地からハッキングされるリスクはありませんが、紙であるがゆえに燃やしてしまったり長期間の保存で印字した文字が読めなくなってしまったりするというリスクがあり、それがペーパーウォレット特有の注意点といえます。

bitaddress.org

bitaddress.orgはパソコンのみで利用できるサービスです。bitaddress.orgにアクセスをすると秘密鍵の作成が始まるのですが、マウスを動かすことによってよりランダムで堅牢な秘密鍵を生成されます。

利用料金は無料で、誰でも手軽に利用できるので、全く費用をかけずにコールドウォレットによる仮想通貨の保管をしたい方におすすめです。ただし、ここで生成した公開鍵と秘密鍵のセットを第三者に知られてしまうと、その第三者が正規の持ち主になりすますことができてしまうため、その情報をしっかり保存するひつようがあります。

bitaddress.orgの基本情報
本体価格 無料
対応通貨 BTC
利用方法 サイトアクセスして印刷するだけ
公式サイト https://www.bitaddress.org/

よくおすすめされている「メタマスク(Metamask)」はどこに分類される?

仮想通貨を保管するウォレットとして、とても有名なツールがあります。それは、メタマスク(Metamask)です。仮想通貨投資をしている方であれば、名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。とても知名度の高い仮想通貨ウォレットであるため、メタマスク(Metamask)は数ある種類のなかでどれに属するウォレットなのか?と疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

そこでメタマスク(Metamask)の概要やメリット、デメリットなどについて解説します。

メタマスク(Metamask)とは?

メタマスク(Metamask)は仮想通貨ウォレットの一種です。最大の特徴は、イーサリアム系の仮想通貨を保管するために開発されたウォレットであり、イーサリアムの規格であるERC-20に準拠した仮想通貨の保管に特化しています。

イーサリアムにはスマートコントラクトという仕組みがあり、これを活用した分散型金融サービスがDeFiです。DeFi系のサービスを利用するためのウォレットとしてメタマスク(Metamask)は広く普及しています。

METAMASK
(引用元:METAMASK)

デスクトップウォレット、モバイルウォレットに該当

メタマスク(Metamask)は、デスクトップウォレットとモバイルウォレットの両方の顔を併せ持っています。というのも、パソコン版とスマホアプリ版が提供されており、パソコンにインストールするとデスクトップウォレット、スマホにインストールするとモバイルウォレットとして利用できるからです。

パソコンとスマホの両方で利用することもできるので、必要に応じてそれぞれのデバイスにインストールするのがよいでしょう。もちろんどちらのタイプであっても無料でダウンロード可能で、今すぐ利用を始めることができます。

メタマスク(Metamask)のメリット

メタマスク(Metamask)のメリットを列挙すると、主に以下の4つとなります。

メタマスク(Metamask)のメリット
  1. 無料で今すぐ利用できる
  2. 操作がとてもシンプルですぐに慣れることができる
  3. ERC-20系の仮想通貨であればまとめて保管できる

1つめと2つめについては、初心者にとって大きなメリットです。ハードウェアウォレットは有料で、お金をかけて購入したとしてもそのデバイスを紛失してしまうリスクが付きまといます。

メタマスク(Metamask)は無料ですぐに始められる手軽さがありながら、充実にしたセキュリティが確保されているので、イーサリアム系の仮想通貨を保管する定番のウォレットとなっていることは当然でしょう。

メタマスク(Metamask)のデメリット

とてもメリットの多いウォレットであるメタマスク(Metamask)ですが、デメリットもいくつかあるため、メタマスク(Metamask)を利用するうえで、意識しておく必要があります

メタマスク(Metamask)のデメリット
  1. 管理できるのはイーサリアム系の仮想通貨のみ
  2. デスクトップウォレットとして利用するには対応ブラウザが少ない
  3. ハッキングのリスクが付きまとう

メタマスク(Metamask)をパソコンのデスクトップウォレットとして利用するには、ブラウザの拡張機能としてインストールします。その対応ブラウザがGoogle ChromeやFireFoxをはじめとする4種類で、Windowsの標準であるEdgeやmacOSの標準であるSafariなどは利用できません

また、ネット環境に接続するウォレットである以上、ハッキングのリスクはあります。知名度の高いウォレットだけに狙われる可能性が高く、利用の際には十分なセキュリティ意識を持つことが必要です。

メタマスク(MetaMask)の使い方・設定方法

メタマスク(Metamask)の導入方法は、とても簡単です。パソコンの場合は対応しているブラウザに拡張機能としてインストールし、スマホの場合はAndroid版をGoogle Play、iOS版をAppStoreからそれぞれインストールします。

以下は、初めてメタマスク(Metamask)を利用する際の初期設定の手順です。

(1)ウォレットを作成する

初めてメタマスク(Metamask)を利用する場合は、初期画面で「ウォレットの作成」を選択して次に進みます。

(2)バックアップフレーズを保存する

メタマスク(Metamask)がインストールされているパソコンやスマホの故障や不具合によって仮想通貨を取り出せない場合に備えて、バックアップフレーズが生成されます。表示されている英単語の羅列を、しっかり保存しておきます。

この英単語の羅列はアカウントを復活する際に順序も問われるので、順序どおり保存してください。

(3)バックアップフレーズの確認

次の画面では先ほどのバックアップフレーズの確認を行います。下に並んでいる英単語を順序どおりに選択し、すべて正解すると次の画面に進めるようになり、これでメタマスク(Metamask)の初期設定は完了です。

仮想通貨ウォレットの使い方

仮想通貨ウォレットを用意したら、次は使い方について解説します。ウォレット(財布)のため、仮想通貨の出し入れをする方法はしっかりと理解しておきたいところです。

そこで、仮想通貨ウォレット受け取り方と出金の方法について簡単に紹介します。

(1)ウォレットで仮想通貨を受け取る準備をする

仮想通貨で支払いをしたり移動をさせたりするときは必ず、受け取り先のアドレスが必要です。受け取り先のアドレスとは、銀行口座でいう口座番号のようなもので、仮想通貨を保管しているウォレットには自分のアドレスがあります。仮想通貨を受け取るには、そのアドレスを相手に伝えてそこに送金してもらうのが通常のやり取りです。

ネットバンキングで送金をする際に口座番号などの情報を伝えるのと全く同じ感覚のため、ウォレットを準備したら自分のアドレスについて把握しておきましょう。

(2)取引所から仮想通貨を出金する

取引所のウォレットに保管されている仮想通貨を出金するには、ウォレット内の送金機能を使用します。相手方のアドレスがわかればそこに送金の操作をするだけです。

自分の取引所ウォレットから日本円として出金をするには、まず出金した仮想通貨を売却して日本円に交換したうえで、ウォレット内の出金手続きが必要です。出勤の手数料は無料のところもありますが、取引所によっては有料の場合もあります。

安全性の高い仮想通貨ウォレットを利用し仮想通貨投資を行いましょう

仮想通貨ウォレットで最も重要なことは、利便性を確保しつつ大切な仮想通貨を安全に保管することです。そのためにさまざまな選択肢があるわけですが、それぞれ目的別に使い分けるのがよいでしょう。

仮想通貨ウォレットはセキュリティがとても重視されていますが、どれだけウォレット開発側がセキュリティ機能を向上させても、最終的に必要なのは利用者のセキュリティ意識です。堅牢な金庫を用意しても鍵や暗証番号の管理が甘いと泥棒に狙われてしまうのと同じで、仮想通貨を守るのは自分自身であるという意識をもって大切に保管しなければなりません。

取引所ウォレットは、利便性とセキュリティが両立した使いやすいウォレットですが、IDとパスワードの管理は利用者自身に委ねられているので、適切に管理して安全に仮想通貨を保管しましょう

仮想通貨の種類や用途によって使い分けするのがベスト

多くの種類がある仮想通貨ウォレットについてそれぞれの特徴などを比較し、解説してきました。セキュリティ面や使い方により、最適なウォレットが異なりますので、仮想通貨の種類や利用目的、サービスの充実度で使い分けるのがおすすめです。本記事を参考に、セキュリティ面を意識しながら自分にとって最適なウォレットを選んでみてください。

仮想通貨ウォレットに関するQ&A

仮想通貨ウォレットに関して、よくある質問をまとめました。実際にウォレットを利用する場合に生じることの多い疑問のため、ぜひ参考にしてください。

Q. 取引所ウォレットでセキュリティが最も強固なところは?

取引所ウォレットは多くの仮想通貨利用者が利用することが想定されており、各社ともにセキュリティにはかなり力を入れています。特定の取引所だけが突出してセキュリティが高いということはありません。当記事で紹介しているような国内の取引所であればいずれもセキュリティにそん色はなく、安心して利用することができます。

ただし、取引所ウォレットはいずれもホットウォレットのため、IDとパスワードは自身でしっかりと管理することが重要です。

Q. 目的によって最適なウォレットがあるようなので、最適なウォレットを教えてほしい

仮想通貨には大きく分けて、3つの利用目的があります。それぞれの目的に応じた最適なウォレットを列挙します。

・トレードを主体とした仮想通貨投資

値上がり益などを期待する仮想通貨のトレードが目的の場合は、取引所ウォレットが最適です。これならいちいちウォレットから出し入れをする必要がなく、取引所ウォレットに入っている仮想通貨をそのままトレードに利用できます。

・仮想通貨による決済

代金の支払いに仮想通貨を利用する場合は、モバイルウォレットが最適です。デスクトップウォレットでも同様の効果が得られますが、外出先でも仮想通貨を決済に利用するのであれば持ち歩けるモバイルウォレットがよいでしょう。

・資産として長期保管

長期的に保管するのであれば、ネット環境から隔離されたコールドウォレットがおすすめです。専用のデバイスを用いるハードウェアウォレットと紙に公開鍵と秘密鍵を印刷して保管するペーパーウォレットがあります。

Q. ウォレットで仮想通貨を送金すると税金はどうなる?

仮想通貨を送金したことによって利益が発生するとそれは雑所得となり、その利益額が年間で20万円を超えると確定申告と納税の義務が発生します。

よくあるケースで納税の義務が発生するのは、他人に仮想通貨を売却してウォレットから送金し、その対価として日本円や仮想通貨を受け取ったものが利益になっている場合です。

Q. 「取引所」なのにウォレットがある理由は?

仮想通貨取引には、自分の仮想通貨を保管する場所が必要になります。これは株や投資信託の売買をする際に証券会社の口座に現金資産を預かる機能が必要になるのと同じです。

取引所だけの機能とウォレットだけの機能をバラバラに利用することは可能ですが、それでは不便なため、取引所は顧客サービスの一環としてウォレット機能を用意しています。

DEX(分散型取引所)といって仮想通貨の交換だけに特化したサービスを利用する場合は、取引所を運営する企業があるわけではないので、別途自分でウォレットを用意することが必要です。

Q. ホットウォレットを利用するのにWi-Fiは必須?

ホットウォレットはネットに接続されていることが前提になるので、Wi-Fiではなく別の方法でネットに接続されているのではあれば問題ありません。外出先でホッとウォレットを利用する場合は携帯キャリアのネット接続があれば利用できます。

むしろ注意したいのが、外出先のフリーWi-Fiです。通信内容が暗号化されていないものが多いので、大切な資産の操作をするのに非暗号化通信を利用するのはセキュリティの観点からおすすめできません。

Q. モバイルウォレットはどこで手に入る?

モバイルウォレットはスマホアプリのため、Android版はGoogle Play、iOS版はAppStoreからダウンロード可能です。モバイルウォレットは仮想通貨を保管する大切な財布なので、必ず公式のルートからダウンロードするようにしてください。

ただし、公式のルートであっても完璧というわけではありません。正規のモバイルウォレットの偽物やよく似た紛らわしい名前のウォレットを用意してダウンロードさせようとする手口もあるので、自分がダウンロードしようとしているアプリかどうか常にチェックする意識をもってください。

Q. ウォレットにはどんな仮想通貨でも保管できる?

ウォレットによってどの仮想通貨を対象としているかが異なります。当記事でも主要なウォレットについて対応通貨を紹介しているので、それも参考にしてご自身が保管したい仮想通貨に対応しているかどうかを確認してください。

知名度の高いウォレットであれば主要な仮想通貨の大半をカバーしていますが、注意したいのはビットコイン系とイーサリアム系の分類です。いずれも代表的な仮想通貨ですが、ブロックチェーンに互換性がないため、それぞれ一方のみに対応しているウォレットも多く見られます。

Q. 複数の銘柄を1つのウォレットに保管できる?

主要なウォレットであれば、多くのものが複数の仮想通貨を同時に保管できるようになっています。ただし、ビットコイン系とイーサリアム系はブロックチェーンに互換性がなく、どちらか一方の関連銘柄しか保管できないウォレットもあります。

取引所ウォレットの場合、その取引所が取り扱っている仮想通貨であれば同じウォレット内に保管することができます。

今後は仮想通貨のさらなる発展に伴ってウォレットも進化していくことが十分考えられ、どのウォレットでも複数の銘柄を保管できるようになっていくかもしれません。

※本記事で記載の情報は、個別に記載のない限り、2022年1月25日時点でのものになります。証券会社等の口座開設やキャンペーン利用の際には、各社公式ホームページの最新情報をご確認ください。

関連記事
暗号資産のおすすめ取引所13選!ビットコインや仮想通貨を取引するならどこ?
ビットコイン(BTC)おすすめ取引所8社厳選!手数料から取扱通貨数まで
手数料が安い初心者向けは?リップル(XRP)のおすすめ取引所7選!
ビットフライヤー(bitFlyer)の評判は?ツールの使いやすさや手数料も解説
エイダコインとは?「怪しい」と言われる理由や今後について解説