米国株 ETF
(写真=ネットマネー編集部)

米国株への投資の中でも、ETF(上場投資信託)は少額から投資ができると初心者に人気があります。「ETFは投資信託で比較的安全な投資らしいが、リスクはないのだろうか」と、疑問に思う方もいるでしょう。ETFは投資であるため、まったくのノーリスクとはなりません。しかし、ETFには様々な魅力があります。 今回は米国株投資初心者にEFTが向いている理由や、セクターごとのETFを紹介します。この記事を読めば米国株投資でETFがなぜ人気なのか、理由もわかるでしょう。

米国株のメリットとは

米国株のメリットといえば、少額からの取引が可能な点です。1株からでも買えるため、少額投資をしたい方にはうってつけでしょう。日本株の場合は100株や1000株単位で取引されるので、購入資金も多く必要ですが米国株にはその心配はありません。安い株であれば、数万円から投資をはじめられるのは大きなメリットでしょう。

米国株投資におすすめの証券会社ランキング

米国株で投資をはじめるなら、取り扱う銘柄数で選んでみましょう。米国株を取り扱う証券会社のうち代表的な3社を紹介します。

米国株取引の代表3社

  • マネックス証券
  • SBI証券
  • 楽天証券

とくにマネックス証券の米国株をみると銘柄数は4297(2021年9月13日時点)もあります。投資をはじめたいと思うなら、上記の3社が有力な選択肢になるでしょう。

米国株投資におすすめの証券会社トップ5
1位 2位 3位 4位 5位
米国株銘柄数:
4297銘柄
米国株銘柄数:
4200銘柄
米国株銘柄数:
3966銘柄
米国株銘柄数:
973銘柄
米国株銘柄数:
173銘柄
取引手数料:
代金の0.495%
取引手数料:
代金の0.495%
取引手数料:
代金の0.495%
取引手数料:
無料
取引手数料:
基準価格の0.5~0.7%
為替手数料:
買付:0銭
売却:25銭
為替手数料:
25銭
為替手数料:
25銭
為替手数料:
25銭
為替手数料:
35銭
ETF銘柄数:
316銘柄
ETF銘柄数:
307銘柄
ETF銘柄数:
324銘柄
ETF銘柄数:
93銘柄
ETF銘柄数:
25銘柄
※このランキングは証券会社の公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
参照元: マネックス証券SBI証券楽天証券DMM証券PayPay

米国株のETFとは

米国株は世界中で取引が開始されていますが、取引額も最も多いといわれています。そのなかでもETF(上場投資信託)は人気があります。 ETFは株を売買するのと同じ手法で取り扱われますが、内容は投資信託なので間違えないようにしてください。米国のETFではNYダウ、S&P500などの株式指数と連動しており、ベンチマークにのっとる形でプロが資産運用をしています。

PR

CFD取引ならIG証券

取引手数料(税込) 取引手数料(VTI) レバレッジ
株価指数は無料
個別株の場合は16.5ドル
16.5ドル 海外ETF(CFD):最大5倍
株価指数(CFD):最大10

最大6万円キャッシュバック!

米国ETFが初心者におすすめの理由

米国株の銘柄数は現時点でも6000株を超えているため、初心者には選ぶときのハードルも高めです。個別に購入して分散投資することも可能ですが、一つひとつの銘柄を調べるのは手間がかかりますし、購入数がどうしても多くなってしまいます。 その点ETFであれば、テーマ選定のみで投資が可能なので、あまり銘柄に詳しくなくても心配ありません。1株からでも始められることも、十分な資金力のない初心者には魅力でしょう。

米国のETFは日本円で購入できる?取引時間は?

アメリカのETFはドルに変換する手間がいらず、日本円でも購入が可能です。口座を開設した証券会社を仲介するので、取引時間内であればいつでも売買が可能な点も魅力のひとつでしょう。しかしすべてが円で買えるわけではありません。日本円で買えるETFは、銘柄に対して種類や数が決まっている点には注意しましょう。

米国ETFは円とドルのどちらで購入すべきか

ETFをどちらの通貨で買うか迷ったときには、ドルで買ってみましょう。円とドルで資産を分ければ、リスクを分散することが可能です。また日本円で買うときのように、為替手数料も気にする必要はありません。 さらにETFの中には円では買えない銘柄も存在しますので、混乱しないためにも初心者はまずはドルで購入すべきといえるでしょう。

米国ETF投資におすすめの証券会社

ここで米国ETFを購入するのにおすすめの証券会社をみていきましょう。

楽天証券の米国ETF投資

楽天証券:海外ETFのメリット
(画像=楽天証券:海外ETFのメリット)

楽天証券のETFでは、銘柄数の多さや買付手数料の低さが人気です。とくに銘柄数は国内でも最多の344(2021年10月2日現在)本を取り扱っています。買付手数料自体が無料になるETF銘柄もあり、選択肢の幅が広いのもメリットのひとつです。 また楽天証券ではNISAの口座に限り、買い付け手数料がバックする仕組みもあります。手数料を0円にしたいなら、楽天証券はぜひ候補に入れておきましょう。

楽天証券の米国株式・ETFの最低手数料は業界最低水準※。
最低手数料は0米ドル!
取引手数料の1%(大口優遇なら2%)をポイントバック!
※米国株式を取扱う主要ネット証券【口座数上位3社:SBI証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)】で比較。(2020年2月末現在、楽天証券調べ)

引用元:楽天証券|楽天証券ならではの米国株式の魅力(業界最低水準の取引手数料)

お客様の取引スタイルに合わせて、米ドルの決済と日本円の決済が選択可能!

円貨決済は、日本円の買付余力で米国株が購入できるので、為替取引を行う必要がなく、取引機会を損ないにくくするメリットがあります。

引用元:楽天証券|楽天証券ならではの米国株式の魅力(日本円・米ドルのどちらからも注文が可能)

スマートフォンアプリ「iSPEED」とPC用ツール「マーケットスピード」には、株価チャートの表示やニュースの閲覧、様々な注文機能をご利用いただけます。
対象商品:米国株式

引用元:楽天証券 公式サイト

マネックス証券のETF投資

マネックス証券の米国株
(画像=マネックス証券の米国株)

マネックス証券の人気の秘密は、豊富なサービスメニューにあります。たとえば時間外でも取引が可能、逆指値・トレール注文などの注文方法がある、銘柄の分析ができる、米国株の専用アプリがある、などです。 また楽天証券には及ばないものの、手数料の安さも選ばれる秘密でしょう。注文方法が多彩で相場を見続ける必要もなく、リスクが分散できるため初心者のユーザーも多くいます。

SBI証券の米国ETF投資

SBI証券 米国株取引
(画像=SBI証券 米国株取引)

SBI証券もまた手数料の安さが魅力の証券会社です。最低手数数が0円に設定されており、上限は22ドルと初心者でも利用しやすいでしょう。ETFの買付手数料も、一部限定(VT・VTI・VOO・SPYなど)で無料です。 またSBI証券では、住信SBIネット銀行経由で購入した場合、手数料0円でSBI証券へ入金可能です。米国株専用のアプリも用意されているので、初心者でも投資が始めやすいのはメリットでしょう。

米国ETF(アメリカETF)における3つの特徴

ETFはリアルタイムで取引可能な点やリスクの分散が可能な点、低コストでの運用が可能な点などが特徴です。どの特徴も初心者はもちろん、ヘビーユーザーにもメリットが生まれる可能性があるため、ぜひ覚えておいてください。

米国ETFにおける3つの特徴

  • リアルタイムで取引できる
  • リスクを分散できる
  • 低コストで運用できる

リアルタイムで取引できる

通常の投資信託では、夜になってから基準価額が適用されます。そのため注文をしたタイミングでは、約定代金がはっきりしないという欠点があります。しかしETFであれば、株式の取引と同じようにリアルタイムで利用できるのはメリットです。約定価格をその場で知ることができるため、こちらも初心者向けといわれる理由でしょう。

リスクを分散できる

投資信託では、多くの銘柄にポートフォリオが組み込まれています。金融商品が組み合わさることで銘柄1つに限定して購入するよりも、リスクの分散がしやすいのも特徴です。通常の米国株なら選ぶのも大変 でしょう。しかしETFなら1本で分散投資をしているので、通常の米国株と比べてもリスクの分散がしやすいといえるでしょう。

低コストで運用できる

ETFはインデックス指標を対象としており、信託報酬=経費率も安く設定されています。通常の投資信託と比べてみても安くなっています。信託報酬はETFを保有している間常に発生するため、それが安いことは長期保有を考える人には特ににメリットとなるでしょう。低コストで投資をはじめたい方にも、ETFはおすすめです。

ETF市場が成長する背景

ETFの市場が成長した背景には、東京証券取引所が基盤となり、利便性の向上を継続的に行ってきたのが大きく影響しています。また証券会社の収益率が低くなっていることに加えて、アクティブな運用が市場平均に勝てなくなったのも、少なからず影響しています。 そのためアメリカを中心に低コスト運用が重要視され、ETFが脚光を浴びました。今後はさらにETFの銘柄も充実していくと予想され、日本でも投資家は増えていくでしょう。

米国ETFは品揃えが豊富

日本でもETFの取り扱いはありますが、アメリカほどではありません。日本では200本ほどしかないETFでも、アメリカではその10倍ほどの取り扱いがあるからです。アジアやヨーロッパ諸国でも、株価指数と値動きが連動するETF、ITに特化した株価指数に連動するETFなどが登場しています。 またバイオ関連・水関連など、特定の商品に連動するETFも多くなっており、自分のイメージにぴったりのETFが見つかるでしょう。

米国株のETFを選ぶ3ポイントとは

アメリカのETFは品揃えがよいのはメリットではありますが、逆に品数が多すぎて「どれを選べばよいのか」と、悩む方も多くいます。もしETFを選ぶなら経費率の安さ・流通量の多さ、ポートフォリオが自身のスタイルにあっているかもポイントです。

米国株のETFを選ぶ3ポイント

  • 経費率は安いか
  • 流通量は多いか
  • ポートフォリオが投資スタイルに近いか

経費率は安いか

ETFを選ぶ際に一番気になるのが経費率です。経費率を簡単に説明すると、ETFなどの投資信託の純資産総額に対する割合を指します。アメリカのETFは投資信託と比べてみても、経費率は低くなりやすいといえるでしょう。なぜなら販売会社への手数料が発生せず、インデックスに投資するため、銘柄の選定なども必要ないからです。 もしはじめてETFを利用するなら、経費率ができるだけ安い銘柄を選びましょう。しかしドルで買う場合、為替手数料が発生することは覚えておきましょう。

流通量は多いか

ETFは株式と同じように、リアルタイムで取引を完了できます。しかし恩恵を受けるためには、毎日の出来高がなるべく高い銘柄を選ぶ必要があります。そのため流通量の多さはETFで外せない要素です。出来高が少ない銘柄を選んでしまえば、取引のベストなタイミングも逃してしまうでしょう。

ポートフォリオが投資スタイルに近いか

ETFにおけるポートフォリオ(金融商品の組み合わせ)は、銘柄によっても異なります。高配当利回りの銘柄か、S&P500構成を集めた銘柄かなど、自分の投資スタイルにより近いものを選ばなければいけません。少数で目的を達成したいなら、投資スタイルも今一度見直してみましょう。

高配当利回り銘柄でおすすめのETF3選

配当利回りは聞き慣れないかもしれませんが、購入した株価に対しての配当(一年間)の高さを指します。高配当利回りの銘柄であれば、配当金も比例して高くなるため選ぶ基準となるでしょう。以下に高配当利回りの銘柄の選び方を解説します。

高配当利回り銘柄でおすすめのETF3選

  • 「バンガード米国高配当株式ETF」(VYM)
  • 「iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF」(HDV)
  • 「SPDR・ポートフォリオ・S&P500・高配当株式・ETF」(SPYD)

「バンガード米国高配当株式ETF」(VYM)

VYMは分散投資が可能・経費が安い、年4回にわけて配当金がもらえるなどのメリットがあります。とくにYVMでは400銘柄を常時取り扱っていることもあり、高配当を目指しつつ分散投資がしやすいのは、うれしい点でしょう。

「iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF」(HDV)

HDVはベンチマークにモーニングスター配当フォーカス指数を使っており、質の高い銘柄が揃っているのが特徴です。しか対象銘柄が74個しかないため、リスクの分散効果はあまり見込めません。

「SPDR・ポートフォリオ・S&P500・高配当株式・ETF」(SPYD)

SPYDはS&P500高配当指数と値動きをつなげ、経費控除前ベースの成果を出すことを目指しています。分散投資の幅を広げるポートフォリオツールが構築されており、高水準の配当が魅力のひとつです。

S&P500構成銘柄おすすめETF3選

S&P500で構成される銘柄は、アメリカの株市場に上場している銘柄のなかから、500銘柄を厳選して構成されています。以下にS&P500構成銘柄の選び方を解説します。

S&P500構成銘柄おすすめETF3選

  • 「SPDR S&P500ETF(SPY)」
  • 「SPDR・ポートフォリオ・S&P500・高配当・ETF」(SPYD)
  • 「iシェアーズ・コアS&P500 ETF」(IVV)

「SPDR S&P500ETF(SPY)」

SPYはアメリカのETFのなかでも最古参で人気もある銘柄です。流動性の高さから、好きなタイミングで売却できるのも魅力のひとつでしょう。また産業グループの分散が24種類と多いのも特徴です。

「SPDR・ポートフォリオ・S&P500・高配当・ETF」(SPYD)

SPYDはS&P500高配当指数がベンチマークとなり、不動産セクターや一般消費財セクターなどへの投資率が高いことでも有名です。しかし不景気の場合は、ボラティリティ(価格の変動率)が高くなりがちなのは欠点でしょう。

「iシェアーズ・コアS&P500 ETF」(IVV)

IVVは、S&P500指数と同様の成果を出すことを目指したETFです。特徴としてはアメリカの株式市場での大型株の動きと、値動きが連動する点が挙げられます。またこちらのETFも通常の株と同じく、証券会社を介しての売買が可能です。

NASDAQ100指数連動におすすめとなるETF3選

NASDAQ(ナスダック)市場では、約3000本もの銘柄が上場されています。その中でも時価総額加重平均で計算された数値が、「NASDAQ100指数」と呼ばれます。以下にNASDAQ100指数連動銘柄の選び方を解説していきましょう。

NASDAQ100指数連動におすすめETF3選

  • 「インベスコ QQQ ETF」(QQQ)
  • 「NEXT FUNDS NASDAQ-100®連動型上場投信」
  • 「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」<大和アセットマネジメント>

「インベスコ QQQ ETF」(QQQ)

QQQはNASDAQ100指数の値動きとかかわる、アメリカのETFの一種です。インベスコと呼ばれる会社が運用していることから「インベスコ QQQ ETF」と呼ばれています。NASDAQ100指数連動のETFの中で最も古い歴史を持ち、大型のハイテク株にも分散投資が可能と話題になっています。

「NEXT FUNDS NASDAQ-100®連動型上場投信」

NEXT FUNDSはセクター(金融以外)のなかでも、一番時価総額と流動性が高い銘柄が揃っているのが特徴です。NASDAQ100指数への連動を目的としており、約100本の銘柄で構成されています。

「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」<大和アセットマネジメント>

iFreeNEXTは、ファミリーファンド方式で運用されているETFです。米国の株式に投資をしつつ、NASDAQ100指数に関わらせる動きがみられます。またNASDAQ100を構成する銘柄に投資し、為替ヘッジは原則行っていません。

外貨建の資産に投資することにより為替相場の変動を受けるリスクのこと。為替レートは各国の金利動向、政治・経済状況や為替市場の需給その他の要因により変動する。為替が大きく変動した場合、外貨建て資産を多く組入対象としているファンドはその影響も大きい。投資信託には為替リスクを小さくするために為替ヘッジという手法を使って運用するファンドもある。また、一つのファンドで「為替ヘッジあり(為替の影響を受けにくいタイプ)」と「為替ヘッジなし(為替の影響を受けるタイプ)」から選択できる場合もある。

引用元:投資信託協会|「用語集」為替リスク

米国ETFを購入する際の注意点

アメリカのETFを買うのであれば、まず為替と税金に注意してみましょう。とくに為替では株価が上昇したときに、円安となっていれば二重に儲けることも可能だからです。しかし為替には問題点もあり、取引によって得られた為替差益に対して、税金がかかることを忘れてはいけません。 また分配金利回りが高いからと安易にETFを選んでしまうと、赤字業績が続く株や社債の投資比率が高いなど、リスクの多い株を選んでしまう可能性もあります。高周りがよいとは限らないので、利回りが5%程度の株を選んだ方がリスクも少なく、利益も出せるでしょう。

外国の通貨で取引される外質建ての金融商品は外国為替レートの変動により、換金・満期の際、円での手取り額が購入(預入)したときの金額を上回る場合も下回る場合もあります。
購入時より円高になると、円での手取り額が減り、為替差損を被ります。逆に、円安になると、為替差益を得ることができます。

引用元:日本証券業協会|株(株式)の価格が上下する可能性のこと。
株価(株式の価格)の変動は、日本はもちろん、世界各国の景気や経済の動向、政治や経済の情勢のほか、株式を発行している企業の業績など、さまざまな要因によって起こります。

実際に米国株投資をはじめてみる

米国ETFの中でも、どのジャンルを重視するかでも、おすすめは変わります。まずは経費率や分散投資が可能かなどを参考にして、自身のスタイルに応じたETFを選んでみてください。ぜひETFを活用して、米国投資をローリスクではじめてみましょう。

米国株に関するFAQ

Q.米国株のメリットとは?

A. 米国株のメリットといえば、少額からの取引が可能な点です。1株からでも買えるため、少額投資をしたい方にはうってつけでしょう。日本株の場合は100株や1000株単位で取引されるので、購入資金も多く必要ですが米国株にはその心配はありません。

Q.米国株のETFとは?

A. 米国株は世界中で取引が開始されていますが、取引額も最も多いといわれています。そのなかでもETF(上場投資信託)は人気があります。米国のETFではNYダウ、S&P500などの株式指数と連動しており、ベンチマークにのっとる形でプロが資産運用をしています。

Q.米国ETFが初心者におすすめの理由とは?

A. 米国株銘柄数は現時点で6000株を超え、初心者には選ぶときのハードルも高めです。一方ETFであれば、テーマ選定のみで投資が可能なので、あまり銘柄に詳しくなくても心配ありません。

Q.米国ETF(アメリカETF)における3つの特徴とは?

A. リアルタイムで取引可能な点、リスクの分散が可能な点、低コストでの運用が可能な点などが主な特徴です。