2022年に入り、日米の株式市場のみならず、外国為替市場や暗号資産市場の値動きが激しくなっています。それら金融商品に投資する際、欠かせないのがチャートを活用したテクニカル分析です。5月に「勝ってる投資家はみんな知ってるチャート分析2」(扶桑社)を上梓したマネックス証券の福島理さんにテクニカル分析について、お話を伺いました。

西野匡

福島 理(ふくしま・ただし)

1974年千葉県生まれ。大学卒業後、大手印刷機器メーカーに入社。ITバブル崩壊後の2000年から投資をスタート。2005年、証券業界に転身。自らの投資経験に基づき、個人投資家にテクニカル分析を中心とした啓蒙活動を行う。現在はマネックス証券にて、マネックス・ユニバーシティ室長として投資教育などを活動的に行っている。2021年に上梓した『勝ってる投資家はみんな知ってるチャート分析』(扶桑社)は重版を重ね、2022年5月には第2弾となる『勝ってる投資家はみんな知ってるチャート分析2』(扶桑社)が発売された。

金利上昇、株価下落の逆業績相場に突入か⁉

――6月に入り、日米の株式市場が急落、外国為替市場では円安(ドル高)が急伸し、暗号資産市場もクラッシュ級の下落に見舞われています。一部の専門家からは「テクニカル分析が通用しない相場になっている」との声も聞かれますが、いかがでしょうか?

確かに足元の相場は、米国のインフレ加速とその抑制策による金融政策の転換というファンダメンタルズの変化によるところが大きいと思います。株式相場には、「金融相場」「業績相場」「逆金融相場」「逆業績相場」という4つのサイクルが存在していますが、米国が金融引き締めに舵を切ったことで、業績相場から逆金融相場へと転換した可能性があります。

一般的に、業績相場では企業業績が向上し、株価も上昇していきます。一方、金利が上昇していく逆金融相場では、投資家の資金がリスクを嫌って株式市場から金利の高い金融商品へと流れていくため、株価は下落していくことになります。4つのサイクルのうち、現在はどのサイクルに位置しているのか、特にサイクルの変わり目を判断するのは非常に難しいのですが、投資家としては常に意識しておくことが大切です。

――現在のような乱高下相場でもテクニカル分析は通用するのでしょうか?

そもそもテクニカル分析というのは、各国の金融政策や企業業績はもちろん、自然災害や紛争という世の中のすべてのファンダメンタルズ(経済の基礎的要因)が反映されているというのが前提になっています。チャート自体は、過去の値動きを書き足しているだけのものですが、前述した4つのサイクルからもわかるように相場は繰り返していくものですから、過去の値動きを無視することはできないのです。ただ、現在のように先行きが不透明な相場環境では、1つのテクニカルだけではなく、複数のテクニカルを掛け合わせて分析することが大切です。

――1つのテクニカル分析だけでは、相場の先行きを判断するのは難しいということですね。

一口にテクニカル分析といっても、相場の全体的な方向性(トレンド)を見極めることを目的とした「トレンド系」の指標や、売られ過ぎや買われ過ぎと言った相場の過熱感を示す「オシレーター系」の指標など、さまざまな種類が存在します。それぞれに特有の強みや弱みがありますので、時としてダマシ(誤った判断)が発生してしまうこともあります。ですので、精度を上げるために複数のテクニカル分析を併用するのです。

日経平均の上昇と下落を予知したテクニカルの組み合わせとは?

――現在の相場では、どのようなテクニカル分析の組み合わせがマッチしているのでしょうか?

足元の日経平均株価を例に、いくつかのテクニカルを組み合わせてみたところ、MACD(マックディー)とDMIの組み合わせが機能していることがわかりました。MACDとは、トレンド系とオシレーター系の両方の要素を持ち合わせている分析手法です。MACDでは、MACD線がMACDシグナル線を下から上に突き抜けたタイミングが買い、上から下に突き抜けたタイミングが売りと判断します。

一方、DMIとは、市場の全体的な方向性(トレンド)を見極めることを目的とした順張り型のテクニカル指標です。DMIの特徴は、終値の比較を無視して、当日の高値と安値が前日の高値と安値に比べてどちらが大きいかを見極め、相場の強弱を読むところにあり、価格の変動幅(ボラティリティ)からトレンドを分析するところにあります。DMIでは、ローソク足チャートを上段として、下段に「+DI」と「-DI」、そして「ADX」の3つの折れ線グラフで構成されます。

+DIは、上昇力を示す上昇方向の指数 -DIは、下降力を示す下降方向の指数 ARXは、上昇および下降トレンドの強弱を示す指数

DMIにおけるトレンドの判断は以下の通りです。

●上昇トレンドでは、+DIが上昇、-DIが下降、ADXが上昇
●下落トレンドでは、+DIが下降、-DIが上昇、ADXが下降

売買シグナルは、+DIが-DIを下から上に突き抜けた場合に「買いシグナル」、+DIが-DIを上から下に突き抜けた場合を「売りシグナル」と判断します。

図版は、直近の日経平均株価にMACDとDMIを組み合わせたものです。MACDとMACDシグナルのクロスと、DMIの+DIと-DIのクロスがほぼ同時に発生していることがわかるはずです。このように複数のテクニカルを組み合わせることで、ダマシを回避することができるというわけです。

チャート図

ファンダメンタルズ分析ではプロには太刀打ちできない

――投資家には、テクニカル派とファンダメンタルズ派がいると思いますが、テクニカル分析の強みはどのようなところでしょうか?

テクニカル分析の優れているところは、日本株や米国株だけではなく、FX(外国為替証拠金取引)や暗号資産など、さまざまな金融商品の相場に活用できるという点です。もちろん、世界経済の先行きや企業業績といったファンダメンタルズ分析はとても重要です。しかし、ファンダメンタルズ分析では、それを生業としているプロたちには情報量やスピードといった点において、一般の投資家は太刀打ちできません。

一方、テクニカル分析であれば、誰もが平等に分析することができます。特に、最近のネット証券やFX会社の情報分析ツールは、ほとんどプロ仕様同然で、簡単な操作でさまざまなテクニカル分析を表示することができます。ですので、銘柄選びではファンダメンタルズ派の投資家も、売買のタイミングなどはぜひ、テクニカル分析を参考にしてもらいたいと思います。 

テクニカル分析では、相場の心理的節目やトレンドの転換点などを判断することができるため、今では多くの投資家が参考にしています。注意したいのは、せっかくテクニカルで売買サインが出ているのにそれを無視して自分の願望でトレードしてしまうことです。たとえば、含み損が出ている銘柄で損切りのサインが出ているのに、「もう少しガマンすれば買値まで戻るのではないか」と根拠のない願望から損切りをためらってしまったことはありませんか?そして、その後もズルズルを下がってしまい、最終的には「塩漬け状態」となってしまうことはよくあることです。時には、その根拠のない願望が奏功することもありますが、長い目で見れば、失敗のほうが多くなってしまうはずです。

――現在のような相場環境で勝つには、どうすればいいのでしょうか?

株式投資において、相場の下落で収益を出すためには「売り」から入る必要があります。ただ、信用取引を活用して「売り」から入るのはリスクが高いと言われていることもあって、「売り」を嫌う投資家も少なくありません。そういう方であれば、テクニカル分析を活用して、次の買い場をじっくりと探ってください。相場全体が下落トレンドあれば、上昇トレンドになるまで待つべきです。投資に焦りは禁物です。イチかバチかの勝負を避けて、勝てる確率の高いときにだけ出動するようにしてはいかがでしょうか?

新刊書影