「急な出費でお金が必要になった」「現金を持ち合わせていないから支払いが滞ってしまう」という悩みを抱える人も多いのではないでしょうか?

実は、2万円程度なら当日に無利息でお金を借りることも可能です。

この記事では、2万円を借りるときに検討した方がよい方法やおすすめの消費者金融、消費者金融を利用するときのポイントなどを紹介します。

適切なお金の借り方を知っていれば、家計のピンチを乗り切れるでしょう。

目次

  1. 2万円を借りるときに検討した方がよい方法
  2. 消費者金融カードローンがオススメである7つの理由
    1. 理由①2万円の借入は収入証明書がいらない
    2. 理由②無利息期間の利用で利息が0円になる
    3. 理由③土日祝日や営業時間外にも借入が可能
    4. 理由④消費者金融のスマホ借入は手続きが簡単
    5. 理由⑤コンビニATMでも現金を引き出すのは簡単
    6. 理由⑥主婦も定期的な収入があれば申し込み可能
    7. 理由⑦上限金利が低い銀行カードローンには、無利息期間がない
  3. 2万円借りるときに利用できる消費者金融5選
    1. プロミス
    2. アイフル
    3. アコム
    4. レイク
    5. SMBCモビット
  4. 消費者金融を利用時のポイント
    1. 2万円を即日融資してもらうときのポイント
    2. カードローン申し込み時のポイント
    3. 2万円を借りるときの審査ポイント
  5. 消費者金融で2万円借りたら返済額と利息はいくらになるのか?
    1. 消費者金融5社の返済額と利息をシミュレーションして比較
  6. 消費者金融カードローン以外で2万円を借りる方法5つ
    1. クレジットカードで使えるキャッシングサービス
    2. 少額融資アプリの紹介
    3. 質屋で物品を預ける
    4. 生命保険の契約者貸付制度を利用
    5. 家族と友達に相談して借りる
  7. 2万円は最短即日で借入可能!借りるなら消費者金融がオススメ
  8. 2万円を借りる方法についてよくあるQ&A
    1. Q 手軽に2万円借りるのにおすすめなのはどんな方法がある?
    2. Q 家族に内緒で2万円を借りる方法はある?
    3. Q 消費者金融の無利息期間について教えてください。
    4. Q 消費者金融で2万円借りると利息がいくらくらいになる?
    5. Q クレジットカードのキャッシングサービスで2万円借りると利息がいくらくらいになる?
    6. Q 2万円借りる他の方法を教えてください

2万円を借りるときに検討した方がよい方法

2万円のお金を借入するとき、どこに借入したらいいのか悩みますよね。今すぐ2万円借りたいけど、消費者金融が2万円という額を貸してくれるのか不安に感じる方も多いのではないでしょうか。初めて借入する方であれば、なおさらです。

そこで、本項では2万円の借入方法についてまとめました。2万円の借入を行いたい人はどの借り方が自分に合っているのか確認しましょう。また、後程オススメの借入方法も紹介します。2万円を借入したい場合、一般的に以下の方法が考えられます。

2万円の借入方法
  1. 消費者金融
  2. クレジットカードのキャッシング
  3. 少額融資アプリ
  4. 質屋
  5. 家族や友人などの知り合いに借りる
  6. 生命保険の契約者貸与

それぞれメリットとデメリットがあるので自分に合った借り方を検討するようにしましょう。

消費者金融カードローンがオススメである7つの理由

2万円を借入する場合は、消費者金融で借入するのがオススメです。理由は以下の7つがあります。

消費者金融で借入がオススメである7つの理由
  1. 2万円の借入なら収入証明書がいらない
  2. 無利息期間の利用で利息が0円になる
  3. 土日祝日や営業時間外でも借入ができる
  4. 消費者金融のスマホ借入なら手続きが簡単
  5. コンビニATでも現金を簡単に引き出せる
  6. 主婦でも安定的な収入があれば申し込みできる
  7. 上限金利が低い銀行カードローンには、無利息期間がない

金利

金利は、元金に対する利息の割合のことで、利率や利回りといった言葉でも使われる。金利はパーセント(%)で表現され、1年を単位とするので例えば、金利(年利)15.00%でお金を10万円借りた場合、1年間で10万円×15.00%=1万5,000円の利息が発生する、という考え方になる。

今すぐお金が必要な人は、参考にしてみてください。

理由①2万円の借入は収入証明書がいらない

基本的に少額の融資であれば、収入証明書が必要ありません。収入証明書は自身の年収を証明するもので、返済能力の確認に使われます。個人事業主でない方で50万円以下の借入であれば、基本的に提示を求められることはありません。

したがって、2万ほどの借入であれば収入証明書を提示することはほとんどないです。ただし、他者と合わせて100万円以上借りている場合は収入証明書が必要になります。消費者金融会社によっては50万以下の借入でも提出が必要になる場合があるので確認しておきましょう。

最後に、一度収入証明書を提出した経験がある方についての説明です。収入証明書を提出したことのある方は、提出してから3年以内であれば再度提出する必要はありません。逆に3年以上経過している方は提出する必要があるので気を付けましょう。

理由②無利息期間の利用で利息が0円になる

消費者金融で借入するとき、「利息が高そうで借りるのが怖い」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか。実際に、返済に時間が掛かるとその分だけ利息は大きくなっていきます。ほとんどの消費者金融が金利18.0%なので、2万を借入すると1ヵ月で約300円、1年間で3,600円ほどの利息が付きます。

借りる金額が少額でも、借入期間が長いと利息が多くなっています。ただし、大手消費者金融では少しでも利息を減らす施策として、「30日間無利息キャンペーン」を行っているところが見られます。

無利息期間とは、利息が掛からない期間のことをいいます。一般的な消費者金融では初回限定で30日間利息0円のものが多く、31日目以降に利息が発生し始めるものがほとんどです。たとえば、以下の消費者金融では、初回限定、30日間利息無料で借入することができます。

30日間利息無料で借入できる消費者金融
  1. プロミス
  2. アイフル
  3. アコム
  4. レイク(最長180日)

大手金融会社ならほとんどが実施しているキャンペーンですが、よく確認してから借入の申し込みをしましょう。30日以内に完済できるのであれば、利息が付くことはなく借入額だけ返済するだけになります。次月の給料やボーナスで返済するとよいでしょう。

理由③土日祝日や営業時間外にも借入が可能

消費者金融カードローンで2万円程度のお金を借入する場合、土日・祝日・営業時間外でもほとんどの消費者金融会社が対応しています。たとえば、「アイフル」という大手消費者金融会社なら、土日、祝日に関わらず、審査や借入に対応しており、非常に便利です。

同じく大手金融機関の「アコム」も土日、祝日の24時間振り込みに対応しています。また、借入時でも店頭に行く必要なくコンビニATMやネット振込にも対応しているところがほとんどです。ただし、消費者金融によって、対応しているコンビニや銀行が違う可能性があるので、よく調べてから借入を行いましょう。

理由④消費者金融のスマホ借入は手続きが簡単

消費者金融の借入はスマホでの手続きが簡単で便利です。最短30分で終了し、コンビニのATMで当日振込が可能だからです。

また、24時間申し込みを受け付けており、初めての方でも10分ほどあれば必要な手続きを終えることができます。ただ、必要な手続きを終えても審査まで時間が掛かります。人によってバラバラですが1時間もあれば完了することがほとんどです。

ただし、Web上で必要書類を提出した場合でも、契約は店舗契約の場合もあるので申し込み前に確認しておきましょう。完全Web完結の申し込みはプロミスなどの大手数社のみになっています。

ネットでの手続きだからスムーズにできる

ネット申し込みは、24時間申し込みができ、書類などを郵送する必要もないため非常に便利です。ただ、最低限必要なものがあるので準備しておきましょう。ネット申し込みで必要なものは以下の2つです。

ネット申し込みで必要なもの
  1. 身分証
  2. 借入の理由

消費者金融でカードローンを申し込む際、本人確認のための身分証が必要になります。持っている方は運転免許証、持っていない方はマイナンバーカードを準備しておくとよいでしょう。その他、住民票などの書類などの提出も必要ないのでとても簡単です。

本人確認のために、消費者金融から電話がかかってくることがあります。その際に合わせて借入り理由を聞かれることがあるので解答を準備しておきましょう。2万円ほどの借入であれば、「友達のご祝儀で必要になりました」とでもいえば大丈夫です。

有名な消費者金融にはスマホアプリも用意されている

「アイフル」や「アコム」などの有名な消費者金融ではスマホアプリが用意されています。アプリ内では返済額や利息、返済期限を確認できます。

また、アプリを通じて返済や借入ができるのでとても便利です。アプリのダウンロードは消費者金融の公式サイトから行うことができます。

理由⑤コンビニATMでも現金を引き出すのは簡単

消費者金融の審査に通ってさえしまえば、あとの作業はとても簡単です。

振り込まれたお金をATMから引き出して返済するだけだからです。コンビニATMから引き出せば、土日祝日関係なく引き出すことができます。

最近では、消費者金融がリリースしている公式アプリから申し込めば、即日でセブン銀行などからカードを使わずにお金を借りたり、返したりできるようになりました。自動契約機の営業時間や対応時間を気にしていた時期と比べるととても便利です。

自動契約機(むじんくん)

アコムが設置している自動契約機です。タッチパネルを操作するだけで申し込みからカードの発行まで行うことができます。

セブン銀行ATM対応の消費者金融

借入したお金がコンビニから引き出せるのはとても便利です。しかし、全ての消費者金融がセブン銀行に対応しているわけではないので注意しましょう。

以下の3つの大手消費者金融では、24時間審査に対応しているわけではありませんが、借入したお金をセブン銀行からいつでも引き出せます。

消費者金融名 審査対応時間
レイク 9:00~22:00
プロミス 9:00~21:00
アイフル 9:00~21:00
引用:レイク公式サイト、プロミス公式サイト、アイフル公式サイト

セブン銀行ATMを使った借入の進め方

この項では、セブン銀行ATMを使った借入方法を紹介します。借入は以下の流れに沿って行ってください。
セブン銀行ATMを使った借入方法
  1. 消費者金融会社がリリースしている専用アプリから「スマホATM取引」をタップします
  2. セブン銀行ATMの「スマホと取引」をタップします
  3. 画面に表示されるQRコード読み取ります
  4. 企業番号が画面に表示されるので、それをセブン銀行ATMに打ち込みます
  5. ATMに借入金額と認証番号を入力します

スマホATM取引

キャッシュカードを使わずに、スマートフォンだけで、現金の入金(チャージ)や出金などができるサービスです。

セブン銀行ATMでお金を借入する手順は以上になります。

理由⑥主婦も定期的な収入があれば申し込み可能

主婦でもパートなどで安定的な収入があれば、借入することができます。大手消費者金融は、低収入の方にも前向きに貸し出ししているからです。

実際に、消費者金融でお金を借りた人の2人に1人は審査を通過できるほどです。銀行融資が5人に1人程度しか審査に通過できないことを考えると、収入が少なくなってしまう主婦の方は消費者金融で借りるのがよいでしょう。

理由⑦上限金利が低い銀行カードローンには、無利息期間がない

ローンを利用する際に適用される金利には、「◯%〜◯%」のように幅が設けられています。

カードローンでは、新規契約の場合は上限金利が適用されることが多いため、2万円のような少額融資を受けたい人は上限金利を確認しましょう。

基本的に消費者金融と銀行カードローンでは消費者金融のほうが上限金利が高く、消費者金融の上限金利は18.0%前後、銀行カードローンは14.0%前後が一般的です。

銀行カードローンのほうが利息負担が小さくなるため、魅力的に見えますが、消費者金融の無利息期間サービスが適用されると、実際の利息負担は消費者金融のほうが小さくなるケースが多いです。

30日以内に完済すれば、利息負担が0円になるケースもあり、実際にプロミスやアイフルなどの消費者金融では「30日間利息無料サービス」を提供しています。

30日以内に完済する予定でなくても、3ヵ月程度であれば無利息期間の効果が影響し、消費者金融のほうがお得になる場合もあります。

2万円借りるときに利用できる消費者金融5選

消費者金融はたくさんあるので、どこで借りるのがお得か判断するのって難しいですよね。そこで、本章では2万円借りるときに利用できる消費者金融を紹介します。具体的には、以下の5つの消費者金融で借りるのがオススメです。

2万円借りるときのオススメ消費者金融5選
  1. プロミス
  2. アイフル
  3. アコム
  4. レイク
  5. SMBCモビット

一つずつ詳しく解説していくので、自分に合った金融機関を選ぶようにしましょう。

プロミス

プロミスは三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供しているサービスです。次項以降で以下のことを説明していきます。

プロミス説明一覧
  1. 基本情報
  2. 特徴
  3. メリットデメリット

一つずつ詳しく見ていきましょう。

基本情報

会社名 PROMISE(プロミス)
審査時間 最短25分
融資スピード 即日
借入限度額 500万円
無利息 初回ご利用から30日間
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
Web完結
コンビニ借入
学生・専業主婦の借入 学生:〇(18歳以上)
専業主婦:×
営業時間 店舗営業:10:00~18:00
Web:24時間対応
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

特徴

プロミスの特徴は以下の3つが挙げられます。

特徴
  1. マネーアドバイザーがいる
  2. 即日融資が可能
  3. 最短25分で審査完了

特にプロミスには、他の大手消費者金融にはいないマネーアドバイザーがいます。お客様のために親身になって考えてくれるので、困ったときに相談できます。これはプロミス独自の特徴といえます。

プロミスを初めて利用する人であれば、30日間利息無料サービスが適用されます。契約から30日間」ではなく「初回借入から30日間」「であるため、契約直後に借り入れを行わない場合でも安心です。

WEB申し込みであれば24時間いつでも申し込み可能で、最短25分程度で審査も完了するため、急な支出にも対応できます。

また、プロミスは他の消費者金融より若干上限金利が低いです。4.5%〜17.8%であるため、多くの消費者金融が提供している上限金利の18.0%より0.2%お得です。

ただし、銀行カードローンよりは高い水準であるため、無利息期間を考慮しても半年以上の返済期間を見込んでいる人は、利息負担に注意が必要でしょう。

2万円の融資を受ける場合の想定金利については、既述のとおり上限金利の17.8%が適用される可能性が高いです。

キャンペーン情報

プロミスが現在行っているキャンペーンは以下の2つです。

キャンペーン
  1. 30日間利息0円

30日間利息無料サービスは、初めての方限定で借入してから30日間利息が無料になるサービスです。

メリットデメリット

プロミスのデメリットは以下の4つです。

デメリット
  1. 利息が最大17.8%で長期借入に向いていない
  2. 安定した収入のない主婦は借入できない
  3. 年収の三分の一までしか借入できない
  4. おまとめローンに不向き

特に金利が高さがデメリットといえるでしょう。続いて、プロミスのメリットは以下の6つです。

メリット
  1. 即日融資可能
  2. 最短25分で審査終了
  3. 初めての方は利息が30日間0円
  4. Web申し込みに対応
  5. 女性スタッフが対応可能
  6. 便利なアプリがある

特に、即日借入はお金が急にほしい人にとっては魅力的なサービスになっています。

アイフル

次項以降で以下のことを説明していきます。

アイフル説明一覧
  1. 基本情報
  2. 特徴
  3. メリットデメリット

一つずつ詳しく見ていきましょう。

基本情報

会社名 アイフル
審査時間 最短25分
融資スピード 即日
借入限度額 800万円
無利息 初回ご利用から30日間
Web完結
コンビニ借入
学生・専業主婦の借入 学生:〇(20歳以上で安定した収入がある)
専業主婦:×
営業時間 店舗営業:10:00~18:00
Web:24時間対応

特徴

アイフルの特徴は以下の3つが挙げられます。

特徴
  1. 在籍確認なしで融資してもらえる
  2. 即日融資が可能
  3. 専用アプリがある

特に在籍確認なしで融資してもらえるのは、家族に内緒で借入をしたい方にとっては素晴らしい強みになります。家族に内緒で消費者金融からお金を借りたい方はアイフルがオススメです。

初めてアイフルから借り入れを行う場合であれば、「最大30日間利息0円サービス」が適用されます。

適用されるのは、「キャッシングローン」「SuLaLi」「プレミアムカードローン」などの無担保キャッシングローンに限定されているので注意しましょう。少額融資であればキャッシングローンを利用することが多いため、無利息期間サービスは適用されると認識してよいでしょう。

2万円という少額融資であっても、長期的に利息が積み上がると利息負担は大きくなってしまいます。アイフルは契約翌日から30日間無利息となるため、1ヵ月以内に完済すれば利息負担0なしで利用できます。

ただし、プロミスと異なり契約翌日からの適用であることに注意が必要です。契約直後に借り入れを行わなくても無利息サービスが適用されてしまうため、借り入れを行うタイミングで契約するとよいでしょう。

2万円の少額融資を受ける場合の想定金利については、3.0%~18.0%の中での上限金利である18.0%が適用されるでしょう。

キャンペーン情報

アイフルが行っているキャンペーンは以下の2つです。

キャンペーン
  1. 330日間利息0円
  2. 源泉徴収票提出キャンペーン

30日間利息無料キャンペーンは、アイフルと初めて契約した方限定で契約から30日間利息が0円になるキャンペーンです。源泉徴収キャンペーンは2021年12月31日~2022年3月31日まで行われているキャンペーンです。

令和3年分の源泉徴収を提出すれば、総額500万円が最大4,500名に当たります。

メリットデメリット

アイフルのデメリットは以下の3つが挙げられます。

デメリット
  1. 無利息期間はカードを発行してから30日間
  2. 金利が銀行ローンと比べて高い
  3. アイフル対応の手数料無料ATMが少ない

特に無利息期間について気を付けたいです。借入してから30日ではなく、カードを発行してから30日なので借入をしていなくても無利息期間は過ぎてしまいます。

アイフルのメリットは以下の5つです。

メリット
  1. 即日融資可能
  2. 審査は最短30分
  3. 初めての方は利息が30日間0円
  4. 女性スタッフが対応可能
  5. 便利なアプリがある

アイフルもプロミスと同様に即日融資が可能なので、急な出費がある方でも安心です。

アコム

アコムは三菱UFJファイナンシャル・グループの運営する消費者金融です。次項以降で以下のことを説明していきます。

アコム説明一覧
  1. 基本情報
  2. 特徴
  3. メリットデメリット

一つずつ詳しく見ていきましょう。

基本情報

会社名 アコム
審査時間 最短30分
融資スピード 即日
借入限度額 800万円
無利息 初回ご利用から30日間
Web完結
コンビニ借入
学生・専業主婦の借入 学生:〇(20歳以上で安定した収入がある)
専業主婦:×
営業時間 店舗営業:9:30~18:00
Web:24時間対応

特徴

アコムの特徴は以下の3つが挙げられます。

特徴
  1. 最短30分で審査完了
  2. 即日融資が可能
  3. 専用のアプリがある

アコムは対応の早さが特徴的な消費者金融です。すぐにお金が必要な場合でも、アコムならすぐに借入準備をしてくれるのでオススメです。

アコムでも「30日間金利0円サービス」を提供しているため、2万円のような少額融資を短期完済する前提の人に向いています。

金利0円が適用されるのは契約日の翌日から30日間なので、実際に借り入れを行うときに契約を行うとよいでしょう。

同サービスが適用されるのは無担保カードローンのみで、クレジットや借換えローンは適用対象外である点には注意が必要です。

金利0円期間中に支払われた返済金額は全額元金に充当されます。しかし、ATM手数料が発生した場合は、元金よりもATM手数料が優先されるため、2万円の融資を受けた場合は2万円とATM手数料が必要となります。

2万円の少額融資を受ける場合の想定金利については、3.0%~18.0%の中での上限金利である18.0%が適用されるでしょう。

キャンペーン情報

アコムが行っているキャンペーンは以下の2つです。

キャンペーン
  1. 30日間利息0円
  2. お友達紹介キャンペーン

30日間利息0円キャンペーンは、アコムと初めて契約する方限定で契約から30日間利息が0円になるキャンペーンです。お友達紹介キャンペーンは、アコムと初めて契約する方を紹介した場合、紹介者と紹介された人の両方に5,000円分のEJOICAをプレゼントするキャンペーンです。

メリットデメリット

アコムのデメリットは以下の3つです。

デメリット
  1. 金利が銀行カードローンと比べると高い
  2. 安定した収入のない主婦は借入できない
  3. 提携している無料ATMがない

特に提携している無料ATMがないのは大きなデメリットです。返済振込の際に、振込手数料が毎回かかってしまうので、長く借入するほど手数料が重なります。

続いてアコムのメリットは以下の5つです。

メリット
  1. 即日融資可能
  2. 休日でも融資可能
  3. 連帯保証人が不要
  4. Web手続きに対応
  5. 初めての方は30日間利息0円

連帯保証人が要らないので、家族に借入がバレたくない方にとっては大きなメリットといえるでしょう。

レイク

次項以降で以下のことを説明していきます。

レイク説明一覧
  1. 基本情報
  2. 特徴
  3. メリットデメリット

一つずつ詳しく見ていきましょう。

基本情報

会社名 レイク
審査時間 最短15秒
融資スピード 即日
借入限度額 500万円
無利息 初回ご利用から180日間(Web申し込みなら60日間) ※初めてなら初回契約翌日から無利息
※無利息期間経過後は通常金利適用
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可
※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
※契約額1万円~200万円まで
Web完結
コンビニ借入
学生・専業主婦の借入 学生:〇(20歳以上で安定した収入がある)
専業主婦:×
営業時間 Web:24時間対応

引用元:レイク公式サイト

特徴

レイクの特徴として以下の3つが挙げられます。

特徴
  1. 最短15秒で審査結果が分かる
  2. 無利息期間が最大180日間
  3. 最短即日融資が可能

レイクの中でも特徴的なのが、無利息期間です。一般的に、無利息期間のキャンペーンは30日間が主流ですが、レイクはWeb申し込みで60日間、5万円以下の借入の場合は180日間利息が0円になります。利息を少しでも安くしたい方にオススメです。

レイクの少額融資は、「Web申込み限定60日間利息0円」と「お借入れ額のうち5万円まで180日間利息0円」サービスの適用を受けることができます。

2万円の少額融資であれば、無利息期間の長い「お借入れ額のうち5万円まで180日間利息0円」サービスがおすすめです。WEB、自動契約機、電話での申し込みに適用されるため、申し込み手段を問わず気軽に利用することができます。

ただし、無利息期間開始日は契約日の翌日からであるため、実際に借り入れを行いたい日に申し込むようにしましょう。

無利息期間内に完済すれば利息負担は0円ですが、無利息期間を超えて2万円の少額融資を受ける場合の想定金利については、12.0%~18.0%の中での上限金利である18.0%が適用されるでしょう。

レイクでは、「選べる無利息サービス」が常設されています。Web申し込みでは60日間利息無料、5万円以下の借入なら180日間利息無料というサービスです。

ただし、併用して240日間利息無料とはならないので注意が必要です。

メリットデメリット

レイクのデメリットは以下の3つです。

デメリット
  1. 金利が銀行カードローンと比べると高い
  2. 安定した収入のない主婦は借入できない
  3. 在籍確認の電話が職場になされる

職場に借入しているのをばれたくない人にとって、在籍確認が職場にされるのは大きなデメリットといえるでしょう。続いてレイクのメリットは以下の3つです。

メリット
  1. 豊富な無利息サービス
  2. 新生銀行カードローンATM手数料がかからない
  3. 最短即日融資可能

レイクの特徴でもありますが、5万円以下の借入の場合は180日間利息がないというのは大きなメリットでしょう。

SMBCモビット

次項以降で以下のことを説明していきます。

SMBCモビット説明一覧
  1. 基本情報
  2. 特徴
  3. メリットデメリット

一つずつ詳しく見ていきましょう。

基本情報

会社名 SMBCモビット
審査時間 10秒簡易審査
※「申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります」という文言を追記
融資スピード 即日
借入限度額 800万円
無利息 なし
Web完結
コンビニ借入
学生・専業主婦の借入 学生:〇
専業主婦:×(パート等で安定した収入があれば可能)
営業時間 Web:24時間対応
引用元:SMBCモビット公式サイト

特徴

SMBCモビットの特徴として以下の3つが挙げられます。

特徴
  1. 借入方法が2パターンある
  2. 即日融資が可能
  3. Web完結なら電話連絡がない

SMBCモビットの特徴として際立っているのが借入方法です。会員ページから振込で借入を行うと最短3分で融資が受けられます。今すぐお金を借りたい人はSMBCモビットがオススメです。

SMBCモビットでは、他の消費者金融のような利息無料サービスはありません。しかし、利息は使用した分を日割り計算して算出されるため、使用した日数分のみに金利が適用されます。

利息の計算方法は次のとおりです。

借入残高×借入利率÷365日×返済期日以前利用日数 また、SMBCモビットはT-ポイントと連携しているため、利用すればT-ポイントを貯めることができます。

2万円の少額融資でも利息負担が発生するため、ポイントによって負担を軽減できればよりお得に利用できます。会員専用サービスの「Myモビ」を利用すれば、T-ポイント1ポイントを1円として返済にも充当できます。

2万円の少額融資を受ける場合の想定金利については、3.0%~18.0%の中での上限金利である18.0%が適用されるでしょう。

キャンペーン情報

現在、SMBCモビットで利用可能なキャンペーンはありません。

メリットデメリット

SMBCモビットのデメリットは以下の5つです。

デメリット
  1. 無利息期間サービスがない
  2. 店舗がない
  3. 金利が銀行カードローンと比べると高い
  4. 年収の三分の一以上の借入ができない
  5. 提携している無料ATMがない

他の大手金融機関と比べて、無利息期間がないのは辛いポイントです。その分だけ返済額が大きくなるので、大きなデメリットといえます。

続いてSMBCモビットのメリットは以下の4つです。

メリット
  1. 職場への連絡がない
  2. Web手続きに対応
  3. 家族にばれる心配が少ない
  4. 即日融資可能

職場への連絡がないことや、家族にばれる心配がないのはSMBCモビットの大きな強みといえます。

消費者金融を利用時のポイント

消費者金融で借入をする際に、難関なのが審査に合格することです。

そこで本章では、融資をうけるときの審査のポイントや気を付けることをまとめました。これから消費者金融で借入をしようと考えている方は参考にしてください。

具体的に気を付けてほしいことは以下の3つです。

融資をうける際気をつけること
  1. 各社の申し込み内容を事前にチェックする
  2. 申し込み時間帯を早くする
  3. 平日に申し込む

一つずつ詳しく見ていきましょう。

2万円を即日融資してもらうときのポイント

2万円程度の少額なら即日融資してもらいたいでしょう。本項では、審査に合格して即日2万円程度の少額を融資してもらうためのポイントを解説していきます。

各社の申し込み内容を前もってチェックする

まず一つ目のポイントは、「各社の申し込み内容を事前にチェックする」ことです。申し込み内容を間違えてしまうと、どれだけ返済能力があったとしても借入が難しくなります。

なので、申し込み内容を間違えないように事前に調べておきましょう。申し込み内容でよく聞かれるのは以下の3つです。

申し込み内容でよく聞かれること
  1. 自分の住所、メールアドレス、電話番号など
  2. 会社での自分の立ち位置
  3. 年収

この辺りは、事前に調べてスムーズに書けるようにしましょう。

申し込みの時間帯は早めの方がいい

次のポイントは「申し込み時間を早くする」ことです。審査の通りやすさは変わりませんが、営業時間ぎりぎりに申し込んでしまうと融資が翌日に回される場合があります。

基本的に審査は申し込み順で行うので、できるだけ早い時間に申し込むようにしましょう。営業時間は消費者金融によって違いますが、朝から夕方までのところが多いです。

たとえば、「アコム」という消費者金融だと営業時間は9:30~18:00です。間がなかなか取れない方はWeb申し込み時で対応しましょう。

休日ではなく平日に申し込む

最後のポイントは「休日よりも平日に申し込む」ことです。融資の審査は平日・休日問わず実施されていますが、傾向として休日の方が申し込み件数は多いです。

審査は基本的に人の手で行っているので、申し込み件数が増えるとその分だけ時間が掛かります。そのため、申し込み件数の少ない平日に申し込むことで審査が速くなります。即日融資を受けたい方は休日ではなく平日に申し込むようにしましょう。

カードローン申し込み時のポイント

カードローンを申し込む際には気を付けてほしいことがいくつかあります。間違えると融資に時間がかかったり、借入ができなかったりする可能性もあるのでよく確認しておきましょう。

具体的には以下のポイントを意識してください。

カードローン申し込み時のポイント
  1. 申し込みはインターネットが手軽
  2. 身分証は事前に用意しておく
  3. 申し込み入力は正確に行う
  4. 在籍確認はスムーズに対応できるようにする

一つずつ解説していきます。

申し込みはインターネットが便利

一つ目のポイントは、借入の申し込みをインターネットですることです。Web申し込みでは店頭申し込みに比べて色々なメリットがあるのでオススメです。たとえば、以下の4つのメリットがWeb申し込みにはあります。

Web申し込みのメリット
  1. 24時間申し込み対応
  2. スマホから簡単に申し込みが可能
  3. 書類などの郵送が必要なく、手続きが簡単
  4. 紙の証明書がないので家族にばれにくい

今すぐお金が欲しい人や簡単な手続きで済ませたい人は、インターネットからお申し込みしましょう。

身分証は事前に用意しておく

カードローンお申し込み時は、身分証を事前に用意しておくと便利です。身分証を用意しておけば、住民票などの面倒な書類を取り寄せる必要がないからです。

以下の身分証であれば、審査可能ですので参考にしてください。

審査可能な身分証
  1. 運転免許証
  2. マイナンバーカード
  3. パスポート

申し込みの際はこれらのうち一つでも用意してください。

申し込み入力を正確に行う

カードローン申し込み時は、申し込み入力を正確に行ってください。申し込み時の入力内容に虚偽があれば、融資を受けられないからです。審査時に細かく調べられるので嘘を書くことはやめておきましょう。

また、入力内容に誤りがあれば審査に時間が掛かってしまいます。事前に記入項目を調べておくようにしましょう。

在籍確認にはスムーズな対応をできるようにする

審査が通った後、本人に電話がかかるケースもあります。聞かれる内容は以下の2つです。

電話で聞かれる内容
  1. お金が必要な理由
  2. 借入希望金額

これらの答えはあらかじめ準備しておきましょう。加えて、申し込み時の電話番号が実在するものなのかの確認も兼ねているので必ず出るようにしてください。

2万円を借りるときの審査ポイント

2万という額でも、返済しなければ融資した側にとっては損失です。なので、消費者金融は慎重に融資先を審査しています。本項では、その審査ポイントについて紹介していきます。

具体的には以下の2つが審査のポイントです。

審査のポイント
  1. 申し込み時の返済能力
  2. 借入希望額

一つずつ詳しく見ていきましょう。

申し込み者は返済能力が重視される

審査のポイントで最も重要視されているのはこの返済能力です。お金を貸した側からすると、お金が返ってくるかどうかが重要になります。したがって、返済能力を証明できれば審査に通りやすくなります。

特に、安定した収入があるかどうかは重要ポイントです。学生でも、安定した収入があれば借入しやすいといえるでしょう。

一方、主婦でも安定した収入を得ていなければ審査が通ることは難しいです。安定した収入を作ってから審査を受けるようにしましょう。

借入希望金額は審査に大きく影響を与えない

意外かもしれませんが、借入金額によって審査基準というのは変化しません。これは50万円などの大きな金額を借りるときには嬉しい話ですが。2万円という少額を借りようと思っている人には耳の痛い話です。

ただ、50万円と2万円を返済する能力は明らかに後者の方が簡単なので、多少は審査に通りやすくなります。しかし、お金を貸すという意味では50万円でも2万円でも同じです。記入ミス、書類不備などはないように気を付けましょう。

消費者金融で2万円借りたら返済額と利息はいくらになるのか?

1ヵ月ほどの短い借入なら利息はそこまで気になりませんが、長い期間借入をするとどうしても利息が増えてしまいます。そこで、本章では消費者金融で2万円を借入した場合の返済額と利息シミュレーションを紹介します。

消費者金融5社の返済額と利息をシミュレーションして比較

消費者金融によって、金利や無利息期間が違います。そのため、借入する期間によって最もお得な消費者金融が変わってきます。

今回は、以下の5つの消費者金融で2万円を借入した場合のシミュレーションを紹介していきます。

2万円を借入した場合のシミュレーション
  1. プロミス
  2. アイフル
  3. アコム
  4. レイク
  5. SMBCモビット

一つずつ見ていきましょう。

プロミス

プロミスで2万円を借入した場合、6ヵ月で完済する場合の返済額と利息は以下のようになります。



借入期間 返済合計額 毎月返済額 毎月返済額
利息(17.8%)
1ヵ月 20,292円 20,292円 292円
2ヵ月 20.446円 10,223円 446円
3ヵ月 20,595円 6,865円 595円
4ヵ月 20,744円 5,186円 744円
5ヵ月 20,895円 4,179円 895円
6ヵ月 21,054円 3,508円 1,054円

引用元:プロミス公式サイト

アイフル

アイフルで2万円を借入した場合、返済額と利息は以下のようになります。



借入期間 返済合計額 毎月返済額 毎月返済額
利息(18.0%)
1ヵ月 20,295円 20,295円 225円
2ヵ月 20,450円 10,225円 450円
3ヵ月 20,601円 6,867円 601円
4ヵ月 20,752円 5,188円 752円
5ヵ月 20,905円 4,181円 905円
6ヵ月 21,060円 3,510円 1,060円

引用元:アイフル公式サイト

アコム

アコムで2万円を借入した場合、返済額と利息は以下のようになります。



借入期間 返済合計額 毎月返済額 毎月返済額
利息(18.0%)
1ヵ月 20,000円 20,000円 0円
2ヵ月 20,450円 10,225円 450円
3ヵ月 20,601円 6,867円 601円
4ヵ月 20,752円 5,188円 752円
5ヵ月 20,905円 4,181円 905円
6ヵ月 21,060円 3,510円 1,060円

引用元:アコム公式サイト

レイク

レイクで2万円を借入した場合、返済額と利息は以下のようになります。



借入期間 返済合計額 毎月返済額 毎月返済額
利息(18.0%)
1ヵ月 20,295円 20,295円 225円
2ヵ月 20,450円 10,225円 450円
3ヵ月 20,601円 6,867円 601円
4ヵ月 20,752円 5,188円 752円
5ヵ月 20,905円 4,181円 905円
6ヵ月 21,060円 3,510円 1,060円

引用:レイク公式サイト

SMBCモビット

SMBCモビットで2万円を借入した場合、返済額と利息は以下のようになります。



借入期間 返済合計額 毎月返済額 毎月返済額
利息(18.0%)
1ヵ月 20,295円 20,295円 225円
2ヵ月 20,450円 10,225円 450円
3ヵ月 20,601円 6,867円 601円
4ヵ月 20,752円 5,188円 752円
5ヵ月 20,905円 4,181円 905円
6ヵ月 21,060円 3,510円 1,060円

引用元:SMBCモビット公式サイト

消費者金融カードローン以外で2万円を借りる方法5つ

消費者金融でお金を借りることができない人
  1. 訳あって消費者金融でお金を借りることができない
  2. 専業主婦なので消費者金融でお金を借りられない

そんな方のために、本章では消費者金融以外で2万円を借りる方法をまとめました。具体的には以下の5つの方法で2万円を借りることができます。

消費者金融以外で2万円を借りる方法
  1. クレジットカードのキャッシングサービス
  2. 少額融資アプリ
  3. 質屋
  4. 生命保険の契約者貸付制度
  5. 家族や友人に相談

一つずつ詳しく見ていきましょう。

クレジットカードで使えるキャッシングサービス

クレジットカードを所持していれば、キャッシングサービスを使って2万円を借りることができます。キャッシングサービスとは、一定の限度額までお金を借りることができるサービスのことです。

クレジットカード作成時に、キャッシングサービスに申し込む必要がありますが、誰でも気軽に使用できるという点でとても便利です。また、返済方法は多様で一括返済やリボ払いで返済など色々なやり方があります。

自動引き落とし口座を設定している場合はそちらから引き落とされるので、引き落とし時には残高を確認しておきましょう。

一方でデメリットもあります。それは、金利が15.0%~18.0%ほどとなっていて、他のお金の借り方に比べて高いことです。返済期間が長くなりそうな方には向いてない借り方になります。

メリット、デメリットをきっちり理解したうえで、クレジットカードのキャッシングサービスを利用しましょう。

どんなクレジットカードでもキャッシングできるのか?

結論から言うと、どのクレジットカードでもキャッシングできるわけではありませんキャッシングを受けるためには、クレジットカード申し込み時にキャッシングに申し込む必要があり、しかも審査を通過しなければなりません。

キャッシングの審査に通過したクレジットカードであればキャッシングサービスを利用することができるようになります。自分のクレジットカードがキャッシングサービスを使えるのか確認しておきましょう。

即日発行可能なクレジットカードはある?

基本的にクレジットカード発行には数日かかります。しかし、三井住友カード(NL)なら最短5分で発行が可能です。しかも即日で審査さえ合格すれば即日にキャッシングもできます。

三井住友カード以外のカードは、発行、キャッシング審査完了まで数日かかります。一方で金利が18.0%と少し高い点に注意してください。急いで2万円を借入したい方は三井住友カードを発行し、キャッシング審査まで行いましょう。

家族カードを使ってもキャッシングできるのか?

結論、家族カードを使ってキャッシングサービスを利用することは可能です。もちろん、前提としてキャッシングサービスに申し込んでいなければ他のクレジットカードと同様にキャッシングはできません。

使用する際も仕組みを理解してから使うようにしましょう。家族カードのキャッシングの限度額は家族で共有しています。

たとえば、限度額が30万円で、家族が4人いるとします。

この場合家族カードのキャッシング限度額は4人で30万円までとなります。家族カードのキャッシングを利用する際は、家族内でしっかりとしたコミュニケーションが必要であることを知っておきましょう。

クレジットカードを使ったキャッシングで注意する点は?

クレジットカードで注意すべき点は以下の2つです。

キャッシングの注意点
  1. 金利が他の借入方法を比べると高め
  2. 利用限度額はショッピング枠と共通

一つずつ見ていきましょう。

金利は他の借入方法と比べると15.0%~18.0%と高くなっています。たとえば、金利14.0%で10万円を1ヵ月借りると利息は1,151円になります。金利18.0%の場合は1,479円となります。

金利が4.0%増えただけで利息は1.3倍になります。このように少しの金利の増加でも利息には大きな変化があるので、長期的に借入を考えている方は利息についてしっかり理解しておきましょう。

次は利用限度額についてです。利用限度額はショッピング枠と共通なことに注意しましょう。たとえば、クレジットカードの利用枠が50万円で、ショッピング枠を30万円使用したとします。

すると50万円から30万円を引いた20万円がキャッシングとして使える金額です。もちろん、ショッピング枠がさらに大きくなるとその分だけキャッシング枠は小さくなります。

ただ、キャッシングの利用金額を増やす方法もあります。増額申し込みをすれば、借入額を増やすことができます。Webなどで簡単に申し込むことができますが、審査に合格しないと借入額は増やせません。

希望金額が大幅に増えた場合や現在返済の終わっていない借入金がある場合は、審査に通りにくくなってしまいます。返済できる範囲で少しずつキャッシング枠を大きくしていきましょう。

少額融資アプリの紹介

「2万円借りるのにもっと手軽な方法を知りたい」と考える人もいるのではないでしょうか。そんな方には「少額融資アプリ」がおすすめです。最近始まったサービスですので、知らない方も多いと思います。

少額融資アプリを使うことで、手軽に2万円などの少額融資を受けることができます。

少額融資アプリとは、消費者金融や銀行が提供しているアプリで、スマートフォンを使って手軽にお金を借りることができます。

アプリを使うと申し込みから返済まですべての手続きをスマートフォンで完結できるため、金融機関に行くことなく融資を受けられます。また、家族や知人などの周囲に借り入れがバレにくいメリットもあります。

一方で、アプリで手軽に利用できることから、過度に借り入れをしてしまうデメリットがあります。ボタン一つで追加融資を申し込めるため、使いすぎないように計画的に活用することが重要です。

加えて、アプリの利用にはスマートフォンでの操作に慣れている必要があります。申し込みから返済までスマートフォンで完結できるため、正しく利用できるように事前にアプリの利用方法をしっかり確認しておくことが重要です。

本章では少額融資アプリについての説明と種類について紹介しますので、手軽に2万円程度借りたい人は参考にしてください。

少額金融アプリとは何か?

少額融資アプリとは、アプリを通じて融資を受けることのできるサービスのことです。魅力は何といっても審査の早さです。大手金融会社の「アコム」や「アイフル」であれば、最短30分で審査が完了、1時間で融資がされます。

セブン銀行などのコンビニATMで引き出せるところも多いです。審査や融資、引き出しまでの流れがとても速いのが少額融資アプリの特徴になります。また、種類も豊富で誰でも一度は名前の聞いたことのある「PayPay」や「LINE」なども少額融資アプリをリリースしています。

借入に対して不安がある人でもこのように馴染みのある企業からなら借入しやすいと思います。審査や融資までの時間を早くしたい方にオススメです。

消費者金融ではない少額金融アプリ

少額融資アプリには消費者金融以外の馴染みのある会社も名乗りを上げています。以下は消費者金融以外の少額アプリ7つの違いを表にまとめました。

金融機関名 申し込み条件 金利
三菱UFJ銀行 20歳以上65歳未満で安定した収入がある方 1.8%~14.6%
三井住友銀行 20歳以上69歳以下で安定した収入がある方 4.5%~14.5%
スルガ銀行 20歳以上70歳以下で安定した収入がある方 3.9%~14.9%
PayPay 20歳以上70歳未満で安定した収入がある方
普通銀行座をお持ちの方
1.59%~18.0%
au Pay 本人名義のau IDをお持ちの方
20歳以上70歳未満で安定した収入がある方
現住所が国内にある方
2.9%~18,.0%
LINE 20歳以上66歳未満で安定した収入がある方 3.0%~18.0%
メルカリ 20歳以上70歳未満で安定した収入がある方
以下の3つをすべて満たす方
①引き落とし用銀行口座を登録済み
②本人確認済み
③「メルペイスマートマネー」の審査に合格していること
3.0%~15.0%

引用元:三菱UFJ銀行、三井住友銀行、スルガ銀行、PayPay、au Pay、LINE、メルカリ 各公式サイト

それぞれ、条件や金利が違うのでよく確認しておいてください。消費者金融と違う点は、アプリと結びついていることです。

たとえば、LINEで融資を受けてお金を借りたあとに、LINE Payで返済することも可能です。このように、他のアプリと結びついていることが多いので自分がよく使うサービスをリリースしている会社を選んでみると便利かもしれません。

質屋で物品を預ける

質屋の融資で2万円借りる流れ

質屋で融資を受けて2万円借りるまでの流れは以下のようになっています。

質屋で融資を受ける流れ
  1. 品物を担保として質屋に預ける
  2. 運転免許証などの身分証明書を提示する
  3. 担保として預けた品物を査定してもらう
  4. 借入金と質札(しちふだ)を受け取る

各ステップを詳しく見ていきましょう。

まずは、品物を担保として質屋に預けます。査定額によって借入金が決まるので、不必要な物でできるだけ高いものを選ぶと良いでしょう。

次は、身分証明書を提示しましょう。この手順はお金を借りるときには必ず必要です。次に担保として預けた品物を査定してもらいます。この品物の査定額の70.0%~80.0%が借入額として借りることができます。

最後に、借入金と質札をもらいます。質札は担保として預けた品物を返品してもらうときに必要なので保管しておきましょう。以上が質屋で融資を受ける流れになります。

質屋での借入はいくらまで?

質屋で借入できる金額には店舗によって異なりますが、100万円ほどの融資で断られることはありません。ただ、借入金額が大きいほど、高額の品物を用意しなければいけない点に気をつけましょう。

100万円借入するなら150万円ほどの価値がある商品を用意する必要があります。2万円ほどの借入であればゲームやパソコン、ネックレスを担保にするとよいでしょう。

質屋の利息は消費者金融より高い108.0%

質屋の金利は年率108.0%ほどで、月利にすると9.0%となります。これは年率が18.0%の消費者金融と比べると6倍となっています。下記に借入額5万円を例にした比較表を用意したので参考にしてください。

年率

金利に、手数料や保証料といった諸費用を加えたもの。大半のカードローンは、手数料や保証料などが無料になっているため、実質年率は金利のことであると考えて差し支えない。

消費者金融 質屋 差額
1ヵ月後 740円 4,500円 3,761円
2ヵ月後 1,479円 9,000円 7,521円
3ヵ月後 2,219円 11,281円 11,281円

借入額が5万円でも3ヵ月後には利息の差が1万円以上ついてしまいます。基本的に質屋の返済期限は3ヵ月なのでこれ以上差が開くことはありませんが、2ヵ月以上借入する予定の方はしっかりと検討してから質屋で借入をしましょう。

質屋で2万円を借りるときに適している商品

質屋で2万円を借入するのに適している商品は3万円~4万程度の価値があるものです。具体的には以下の商品がおすすめです。

質屋で2万円を借入するおすすめの商品
  1. スマートフォン
  2. 家庭用ゲーム機
  3. ノートパソコン

気を付けてほしいのは、売却時の価値で考えることです。たとえば、PS3の定価は、発売当時3万円程度でしたが、現在はPS5という上位機種も出ているので3万円の価値はありません。

したがってメルカリなどのフリマアプリで大体の市場価値を把握してから質屋に持ち込むようにしてださい。

生命保険の契約者貸付制度を利用

生命保険加入者が使える、契約者貸付制度というものがあります。契約者貸付制度とは、生命保険の解約払戻金を担保にしてお金を借りることです。

借りられるお金の限度額は担保にしている解約払戻金の70.0%~90.0%程度になります。たとえば、解約払戻金が100万円だとすると、70万~90万円借入できます。解約払戻金は保険の契約期間や年齢などで異なるので、自分がいくらなのかを調べてから借入しましょう。

ただし、掛け捨ての生命保険の場合だと解約払戻金がないので契約者貸付制度が使えません。

解約払戻金を担保に借入をした際のデメリットは以下の3つです。

デメリット
  1. 保証が受けられなくなってしまう
  2. 新しい保険に加入する際に確認される
  3. 解約払戻金が少なくなる

契約者貸付制度を利用すると、お金の面以外でかなり大きいデメリットがあるので、覚悟して借入をしましょう。

逆に、解約払戻金を担保に借入するメリットは以下の2つです。

メリット
  1. 金利が2.0%~6.0%と低くなっている
  2. 審査が必要ない

メリットとデメリットを理解したうえで、契約者貸付制度で借入をするか選びましょう。

家族と友達に相談して借りる

すぐにお金が必要な場合は友達や家族に借りる方法もあります。ただ、以下の2つのデメリットが考えられるので確認してください。

デメリット
  1. 縁が切れる可能性がある
  2. 借入金があやふやになる可能性がある

借入金があやふやになるのを防ぐのは借用書を作れば済む話ですが、縁が切れる可能性があるのは大きなデメリットになっています。友達や家族にお金を借りるときはそれなりの覚悟をもってお願いしましょう。

一方、メリットは以下の3つが考えられます。

メリット
  1. 金利が0の場合がある
  2. すぐに借りられる
  3. 審査がない

仲の良い友人や家族から借りる場合は金利がないパターンも多いです。しかも、承諾してもらえればすぐに貸してもらえることがほとんどです。家族や友人から借りることのメリットとデメリットを理解してから、借入の相談をするようにしましょう。

2万円は最短即日で借入可能!借りるなら消費者金融がオススメ

説明は以上になります。ここまでの内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  1. 2万円を借りるなら消費者金融がオススメ
  2. 2万円は最短即日で借入可能
  3. 借入審査には安定した収入が必要、ない方は質屋などで借入がオススメ

2万円を借りることが、テキスト「意外と簡単だった」と感じた人も多いのではないでしょうか。最短で即日に借入ができるので、急にお金が必要な人でもすぐに借りられます。

また、30日間無利息キャンペーンを実施している消費者金融も多いので、借りてすぐ返済すれば問題ありません。

今すぐお金が必要な人は、テキスト消費者金融でお金を借りることを検討してみてはいかがでしょうか。

2万円を借りる方法についてよくあるQ&A

この章で疑問に思う人が多い質問を集めました。あなたが疑問に思う質問があればここで解決しておきましょう。

Q 手軽に2万円借りるのにおすすめなのはどんな方法がある?

2万円を借入する場合は消費者金融から借りるのがオススメです。2万円を借りる方法は他にも質屋や生命保険の契約者貸付などはありますが、どれもデメリットが大きくオススメできません。

消費者金融も金利は少し高めですが、30日間無利息キャンペーンのおかげで安く借入ることができます。また、審査が最短30分と融資までの時間も短く、返済の際もアプリでできるものもあります。

こういった理由から2万円借入する場合は消費者金融がオススメです。

Q 家族に内緒で2万円を借りる方法はある?

先に答えをいうと、家族に知られずに2万円を借りることは可能です。たとえば、消費者金融のWeb申し込みを使えば紙などの証拠が残らないので家族にばれる可能性が低いです。

しかし、本人確認をする際に電話での確認が必要なので気をつけてください。携帯以外にも家の電話にかかってくる可能性があるので家に家族がいない時間に申し込みをしたり、自分が電話に出たりなどの工夫が必要になります。

Q 消費者金融の無利息期間について教えてください。

消費者金融無利息期間というのは、利息がかからない期間のことです。たとえば、アコムやアイフルだと借入初回限定で30日間利息0円となっています。

この30日期間であれば返済を終えていなくても、利息を支払う必要がありません。結果的に払う金額は安く済みます。

Q 消費者金融で2万円借りると利息がいくらくらいになる?

借りる消費者金融や借入期間で多少前後しますが、概ね1,000円から2,000円程度で収まります。たとえば、金利17.8%のプロミスで半年間かけて2万円を返済した場合、金利は1,048円です。借りる期間が1年になれば利息はもっと大きくなります。

Q クレジットカードのキャッシングサービスで2万円借りると利息がいくらくらいになる?

こちらも借りる金融機関や借入期間で多少前後しますが、概ね消費者金融と同じ1,000円から2,000円に収まります。たとえば、金利18.0%で半年間かけて2万円を返却した場合、金利は1,060円になります。

こちらも借りる期間が長くなるほど利息は大きくなります

Q 2万円借りる他の方法を教えてください

基本的に2万円を借りる方法は本記事で紹介した以下の6つです。

2万円を借りる方法
  1. 消費者金融
  2. クレジットカードのキャッシング
  3. 少額融資アプリ
  4. 質屋
  5. 家族や友人などの知り合いに借りる
  6. 生命保険の契約者貸与

この中から自分に合った借入方法を検討しましょう。

関連記事
お金がない!そんなピンチを乗り越えるための7つの方法
プロミスの評判は?口コミからそのメリット・デメリットを徹底解説
プロミスとSMBCモビット 2社のカードローンサービスの違いを解説
少額融資を受けるにはどうすればいい?おすすめのアプリなどを紹介
消費者金融でお金を借りるには?おすすめの業者とその特徴も紹介