Wealth Engineの目標

Wealth Engineでは、ライフイベントに応じたお金の悩みを解消し、一人ひとりが自分に合った資産形成の方法を見つけるサポートができるよう、金融記事を読み慣れていない方にもわかりやすいコンテンツの提供を心がけています。

読者の皆様が「おかねを味方に明るい未来へ」進んでいくためのエンジンとなることを目指して金融に関する情報発信を行っているメディアです。

Wealth Engineの運営会社「株式会社ZUU」について

株式会社ZUUの概要

Wealth Engineを運営する株式会社ZUUは、2013年に創業しました。現在も収益、プラットフォーム利用者数ともに、成長を続けるフィンテックベンチャー企業です。2018年には東証マザーズ上場を果たしています。

メディア・プラットフォーム事業を中心とした複数の事業を展開し、国内でも最大級の金融経済メディア「ZUU online」や複数の自社メディア運営を行っています。

また、 2019年には金融事業も開始しました。11月には株式会社COOL SERVICESと株式会社COOLを子会社化しています。さらに2020年2月には株式会社ユニコーンを子会社とし、2022年現在は「株式型クラウドファンディング」「融資型クラウドファンディング」といった金融サービスを幅広く展開しています。

株式会社ZUUが運営するメディア紹介

株式会社ZUUではWealth Engineのほかにも多様な金融メディアを運営しています。

・女性向けにお金のコラムを提供する「fuelle
・初心者向けに投資や資産に関する情報を提供する「MONEY TIMES
・上級者向けに専門性の高い金融経済関連の情報を提供する「ZUU online

上記のほか、オーナー経営者に向けた課題解決型のメディアや不動産オーナーを対象としたメディアなどを幅広く運営しています。

株式会社ZUUの4つの事業

株式会社ZUUでは、主に4つの事業を行っています。

●メディア・プラットフォーム事業

「お金に関するリテラシー向上」を目標として、金融領域に特化した自社メディア『ZUU online』の運営を行っています。主に、金融資産が3,000万円以上または年収700万円以上のアッパーマス層〜富裕層をターゲットとしています。

●フィンテック化支援事業

ZUU onlineをはじめとする自社メディアの運営によって培ったノウハウを生かし、デジタル・マーケティング領域でのコンサルティングを行っています。また、金融業界の企業や不動産企業向けにメディア・プラットフォームの構築や運営などの支援も実施しています。

●経営者支援事業

株式会社ZUUのコアバリュー「鬼速PDCA」をベースに、仕組みの導入・定着に向けた支援を実施しています。また、PDCAの最適活用を目指して、主に経営やマネジメント、セールスといった領域でのPDCAプロセスをクラウド上で可視化するサービスを提供しています。

●金融事業

子会社である株式会社ユニコーン、株式会社COOLでは、「株式型クラウドファンディング」「融資型クラウドファンディング」といった新たな金融サービスを幅広く展開しています。

株式会社ZUUの受賞歴

株式会社ZUUはこれまでに数々の賞を受賞しています。

代表的なものは、メディア・テクノロジー・テレコミュニケーション業界の企業が対象の成長率ランキングや、金融機関における口座開設送客への貢献に対する賞などです。

また、その他にも以下のような受賞歴があります。

「2016 Red Herring Global Top 100 Winners」受賞
第14回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」第1位受賞
第15回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」第8位受賞
アクセストレードアワード2020金融部門に選出

株式会社ZUU公式HPの「運営会社情報」ページにも詳しい会社概要が掲載されていますので、ご確認ください。
>運営会社情報をさらに詳しく見る