チバテレ

サイト内検索

韓国ドラマ『太陽を抱く月』

太陽を抱く月
 韓国ドラマ『太陽を抱く月』
2/19(土)スタート! 毎週土曜日 12:30~13:30



【全体概要】
時は朝鮮王朝時代。太陽のようにあたたかい世子・イ・フォンと太陽を優しく見守る月のような少女ホ・ヨヌ、二人は運命に導かれるように恋に落ちる。しかし、朝廷の権力争いの陰謀によって、婚礼を目前にヨヌは原因不明の病気にかかり命を落としてしまう・・・・・。 8年後、若き王となったフォンは、未だヨヌを忘れられず心を閉ざしていた。一方、死んだはずのヨヌは、過去の記憶をすべて失ってしまったものの、巫女としてこの世に生きていた。そしてある夜、偶然の出会いを果たす二人・・・運命の歯車が再び回り始める・・・・。

【出演】キム・スヒョン、ハン・ガイン、チョン・イル、キム・ミンソ、イム・シワン、ソン・ジェリム、チョン・ミソン、キム・ヨンエ、アン・ネサン ほか


【演出】
キム・ドフン(『スポットライト』『ロイヤルファミリー』)、イ・ソンジュン(『チャクペ~相棒~』)
【脚本】チン・スワン(『兄嫁は19歳』『京城スキャンダル』)
【制作】2012年/韓国/全20話/MBC



  • 【あらすじ 第1話~第10話】▼

    • 第1話「恋のさざなみ」

    •  朝鮮王朝・成祖の治世下。大妃ユン氏は自身の甥である重臣ユン・デヒョンに、王の異母弟ウィソン君殺しを命じる。その謀略に巻き込まれた巫女アリは、王を守る運命の女児の誕生を同僚のチャン・ノギョンに託し処刑される。間もなく、成祖の重臣ホ・ヨンジェに娘ヨヌが生まれた。時は流れ、兄の放榜禮(科挙合格者が王に拝し褒美を賜る儀式)のため宮殿を訪れたヨヌは…

    • 第2話「ふたつの月」

    •  イ・フォン(世子)とヨヌは、お互いの存在を意識するようになっていく。その頃、フォンの異母兄の陽明君が旅から戻り、親友であるヨヌの兄ヨムとキム・ジェウンは再会を喜びあう。ヨムは科挙に首席合格した実力を買われてフォンの師になる。若いヨムに反抗するフォンだったが…

    • 第3話「運命のいたずら」

    •  大妃ユン氏は信頼する星宿庁の国巫チャン・ノギョンに命じ、ホ・ヨヌとユン・ボギョンのどちらが世子イ・フォンの妃(世子嬪)になるか見極めさせる。ユン一族で権力を掌握しようとしていた大妃は、ノギョンがボギョンを選んだことに満足する。世子の妹ミナ王女は、ホ・ヨムの気を引くため、妹のホ・ヨヌを寵愛し、ボギョンは激しく嫉妬する。

    • 第4話「愛の行方」

    •  いよいよ、世子イ・フォンの妃(世子嬪)を選びがはじまる。ホ・ヨヌのことを想うイ・フォンは、「きっと世子嬪になれる」とヨヌを励ます。2人の想いを察した陽明君は、苦しみながらもヨヌのことを諦める。そんな折大妃ユン氏の意向で、世子嬪がユン・ボギュンに内定していることを知ったイ・フォンは…

    • 第5話「涙にかすむ月」

    •  ホ・ヨヌは宮殿に移り、世子嬪としての修行を始めるが、大妃ユン氏の命令で国巫チャン・ノギョンが心ならずも行った邪術の儀式によって、原因不明の病に冒されてしまう。 はやり病の可能性もあると、ユン一族をはじめとする重臣たちは世子嬪の宮殿からの追放を一斉に訴え始める。

    • 第6話「消された過去」

    •  ヨヌを思い出し、悲しみに浸るイ・フォン(世子)。旅先から急ぎ戻った陽明君もまたヨヌの死にショックを受け、彼女を守れなかったフォンを責める。一方、大妃に暇乞いをして星宿庁を後にした巫女ノギョンは、密かにある行動にでるが…。

    • 第7話「悲しい再会」

    •  8年の歳月が流れ、朝鮮の王となったイ・フォンは、ユン・デヒョンの娘、ボギョンを王妃に迎えていたものの病を理由に夜をともにすることはなかった。そんな折フォンは病気療養に都を離れることになる。その王の行列がひなびた村を通りかかったとき偶然そこには…

    • 第8話「かすかな記憶」

    •  世継ぎを望む大王大妃ユン氏は、イ・フォン(王)の健康を案じ、チャン・ノギョンを星宿庁へ呼び戻そうと使いを送るが、拒まれる。使いの者たちは大王大妃の機嫌を損ねまいと、ノギョンの代わりにノギョンの跡継ぎであるヨヌ(ウォル)の拉致を企む。ヨヌは、陽明君の助けを受け一時難を逃れるが結局拉致されてしまう。拉致されたヨヌが連れて行かれたところとは…

    • 第9話「断ち切れぬ想い」

    •  厄受けの最中にイ・フォン(王)が目を覚まし、「何者だ!」とウォル(ヨヌ)を問いただす。さらにフォンはウォルを間者ではないかと疑い、執拗にウォルを追及する。それに対しウォルは「すべては王様の健康回復のため」と弁明するが…
      一方陽明君も拉致されたウォルの行方を追い、手がかりとなる人物のもとを訪れる

    • 第10話「心揺さぶる文」

    •  ユン・ボギョン王妃は、イ・フォン(王)の寝所に毎晩巫女が通っていると知り、嫉妬心を募らせる。一方ウォル(ヨヌ)のことを諦められない陽明君は、8年前に詐欺師たちからその身を救ったチャンシルと偶然再会し、ウォルの行方を尋ねる。その頃、フォンはウォルが自分に宛てて書いた手紙を読み心乱される。そこに書かれてあったのは…


  • 【あらすじ 第11話~第20話】▼

    • 第11話「許されぬ縁」

    •  ウォル(ヨヌ)への想いを募らせる陽明君は、チャン・ノギョンからその想いがウォルの身に危険を及ぼすと忠告されるが、想いを断つことができない。そんな陽明君を見かねてウォルの居場所を明かしてしまったチャンシルは星宿庁を追い出される。一方、イ・フォン(王)は、手紙の筆跡から、ウォルはホ・ヨヌではないかと疑い始め、ヨヌの死の真相を探るため、密かに先王の尚膳を訪ねるのだが…

    • 第12話「切なき恋心」

    •  先王の尚膳の住まいを訪ねたイ・フォン(王)はその帰路せっかくだからとお忍びで都を散策する。そこで偶然にも、ウォル(ヨヌ)と出会い人形劇を見ることに。それを知った陽明君は、嫉妬の炎を激しく燃やす。一方厄受けの巫女を疎ましく思うユン・ボギョン(王妃)は、突然王の寝所にやって来る。しかしそこで王妃が見たのは厄受けの巫女ウォルではなく合歓の札の巫女であった。王妃はそれとは知らず…

    • 第13話「ただひとつの望み」

    •  ついにイ・フォン(王)とユン・ボギョン(王妃)の営みの夜が訪れる。だがまたもやボギョンの前で、フォンは突然胸をかきむしり意識を失う。直前まで体調に何ら問題のなかったフォンが倒れたため、何者かが呪いをかけたに違いないと、下手人探しが始まる。そこで真っ先に疑われたウォル(ヨヌ)は過酷な拷問を受けることになるが…

    • 第14話「天変の時」

    •  呪いをかけた疑いは晴れたものの、王族を惑わした罪を問われ、ウォル(ヨヌ)は貧民の治療を行う活人署へ送られることになる。一方陽明君も巫女と関わったことの罰を受け、ちっ居の身となっていた。陽の気が弱まるという皆既日食を控え、臣下より自重を強いられたイ・フォン(王)は身動きがとれない。その頃、隠月閣から夜な夜な女の泣き声が聞こえるようになり…

    • 第15話「深まる謎」

    •  隠月閣に閉じ込められたことで全ての記憶がよみがえったウォルは、自分こそがホ・ヨヌだったと気づき、ソルを問い詰めてこれまでの経緯を知るが、そのことは胸に納め、黙って活人署へ連行される。そこで彼女を待っていたのは、謹慎が解け自由の身となった陽明君だった。医学の知識がある陽明君は、活人署の人々から請われ活人署を手伝い始めるのだが…

    • 第16話「真実に落ちる涙」

    •  「ヨヌを忘れることができるか?」と陽明君に詰め寄られ、イ・フォン(王)は返す言葉もなく陽明君を見つめる。ちょうどその頃、ヨヌ(ウォル)はユン・ボギョン(王妃)に、顔が見たいと呼び出されていた。ヨヌの顔を見たボギョンは動揺を隠せない。
      ボギョンのもとを辞したヨヌは誘われるように隠月閣へ。世子嬪のころを懐かしみ明かり取りの扉を開けると、そこには…

    • 第17話「ひとつになる時」

    •  イ・フォン(王)はウォルがホ・ヨヌであることを知り、彼女のもとを訪れるが、2人はそこでユン・デヒョンが送った刺客に襲われる。フォンとヨヌは陽明君とウンゴムに助けられるが、陽明君が腕にけがを負い、代わりにフォンが刺客に立ち向かう。そのすきに陽明君はヨヌの手を取りその場を逃げ出す。行き先を問うヨヌに陽明君は黙したまま二人は走り続ける。一方刺客を振り払ったフォンとウンゴムは、ヨヌと陽明君を追うが…

    • 第18話「反逆のささやき」/span>

    •  8年の歳月を経てようやく向き合うことができたイ・フォン(王)とヨヌは幸せを感じていた。その一方で、フォンはすべての真相を明らかにすべくホン・ギュテに密旨を下す。そんなフォン側の動きを探っていたユン・デヒョンは大王大妃を動かし、フォンに脅しをかける。
      真相に近づきつつあるフォンたちだが、陰謀に関わっていたのは…

    • 第19話「命尽きるとも」

    •  8年前の陰謀が暴かれつつあることを察知したユン・デヒョンは、陽明君を立てて謀反の計画を練る。一方、自分の存在が危うくなったと感じたユン・ボギョン(王妃)は呪術でヨヌの命を絶とうとする。その頃、ホ・ヨム(儀賓)のもとに謎の文が届く。そこにはミナ王女の過ちが暴露されていた。真実を知ったヨムは…

    • 第20話「悠久を照らす光」

    •  ユン・デヒョン率いる反乱軍の先頭には陽明君が立っていた。剣を構え、しばし無言のまま対峙するイ・フォン(王)と陽明君であったが、フォンと共に戦うことを決めていた陽明君は、向き直って反乱軍に斬り掛かる。そこへフォンが密かに配備していた兵がなだれ込み激戦となる。ついにユン・デヒョンは抵抗空しく息絶える。 一方父ユン・デヒョンの謀反を知ったユン・ボギョン(王妃)は…


人物相関図