チバテレ

サイト内検索

ドラマ『世にも奇妙な物語』

世にも奇妙な物語

『世にも奇妙な物語』
10/4(日)スタート! 毎週日曜 21:00~22:00



 おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが視聴者を、“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズ。
1990年代に放送された懐かしの「世にも奇妙な物語」をプレイバック!


      • 【10/4放送】▼

        • 「ロッカー」

        • 産業スパイ悟(織田裕二)は侵入した研究所で見つかり、ロッカーに隠れる。が、かぎが壊れて中に閉じ込められる。
          【出演】織田裕二、段田安則、菅田俊、【脚本】橋本以蔵、【演出】滝川治水、【制作】1990/05/03 株式会社カノックス

        • 「闇の聖霊たち」

        • 駄菓子屋の女主人(岸田今日子)には超能力がある…と、自分ではいっているが、誰も信じない。超常現象はある日、突然、起こった。
          【出演】岸田今日子、竹田高利、小沢仁志、岡本夏生 、【脚本】扇沢延男、【演出】小川定孝

        • 「マイホーム」

        • 健二(中島久之)と良美(早見優)夫婦が格安のマイホームを手に入れた。この家、前の主人が首をつったとか。
          【出演】早見優、中島久之、織本順吉、橘雪子、【脚本】日比野木実、【演出】国本雅広


        • 【10/11放送】▼

          • 「屋上風景」

          • 会社訪問で大学生・西原(鶴見)が訪ねた商事会社。ビルの屋上で会った死神のような男は、自殺した元社員!?
            【出演】鶴見辰吾、津村隆、【原作】阿刀田高、【脚本】小中千昭、【演出】土井茂、【制作】1990/08/23 大映テレビ株式会社

          • 「坂道の女」

          • 雨の日、秀之(京本)は誰もいない坂道で子供の声を聞く。「お母さん」。1週間前、ここで事故があった・・・。
            【出演】京本政樹、津島令子、岡本富士太、【原作】阿刀田高、【脚本】大原豊、【演出】土井茂

          • 「誰かに似た人」

          • 女優の“私”(斉藤)が喫茶店で偶然会った知人が死んだ。そんなことが3度も続いたある日、私はその喫茶店で、もう一人の私と会う。今度死ぬのは私!?
            【出演】斉藤慶子、及川ヒロオ、【原作】阿刀田高、【脚本】塩田千種、【演出】土井茂


        • 【10/18放送】▼

          • 「時間よ止まれ」

          • 勇一(山本)は、ある日クシャミをすると、時間が止められる能力に気が付く。さっそく、学校や家でワルサを働く勇一だったが……。 
            【出演】山本淳一、東いづみ、石倉三郎、冴島奈緒、【脚本】土屋斗紀雄、【演出】千葉行利、【制作】1991/01/17 株式会社カノックス

          • 「あの日に帰りたい」

          • 小さな工場の研究員・和彦(松尾)は大学の友人・佐藤(五代)がタイムマシンを発明したと聞き驚く。 
            【出演】松尾貴史、村上里佳子、五代高之 、【脚本】土屋斗紀雄、【演出】小川定孝

          • 「視線の町」

          • 有二(林隆三)は、1年前に妻を亡くし娘の友子(林美保)と2人暮らし。いつものように散歩に出た2人は、奇妙な屋敷を見つける。
            【出演】林隆三、林美保、水木薫、【脚本】岸田理生、【演出】久世光彦


          • 【10/25放送】▼

            • 「黒魔術」

            • 洋(高嶋)の新妻・奈々(増田)が“魔女”と噂される課長夫人に魅入られた。洋は黒魔術で課長夫人に対抗する。 
              【出演】高嶋政伸、増田未亜、【脚本】棟居仁、【演出】一瀬隆重、【制作】1991/02/14 大映テレビ株式会社

            • 「廃校七番目の不思議」

            • 荒れ里の廃校に伝わる七不思議。金持ちの息子・勝美は女友達と行ったこの廃校で恐怖の体験を。 
              【出演】小林昭二、田山真美子、北詰友樹 、【脚本】あんじょうふみお、【演出】河崎実

            • 「峠の茶屋」

            • 単車でふっとばすことをストレス解消法にするOLの直美(伊藤)。訪ねた山の峠で精霊たちに気に入られ、東京へ帰れなくなる。
              【出演】伊藤かずえ、速水典子、【脚本】棟居仁、【演出】植岡喜晴