チバテレ

サイト内検索

2018.06.13 ニュース

日立造船 再エネ余剰電力を水素変換

 柏市内に工場がある日立造船は13日、発電量の変化が大きい再生可能エネルギーの余剰電力を貯蔵可能な水素に変換する大型装置を開発したと発表しました。

 日立造船は13日、十余二工業団地内の柏工場で、国内最大となる毎時200ノルマル立方メートルの水素を製造できる大型固体高分子型水素発生装置を報道陣に公開しました。

この装置は太陽光や風力などから作られる再生可能エネルギーの余剰電力を、蓄電池よりも大量に長期間貯蔵でき電力への再変換も可能な「水素」で蓄えようと開発されました。

プラント事業で培った分解技術で不純物のない「純水」をつくり、余剰電力で酸素と高純度の水素に分解する仕組みで、装置の大型化により従来の3倍以上の水素を製造できるということです。

日立造船は今後、性能や耐久性の実証実験を行い、装置の本格的な販売は来年度から始める予定です。

安田俊彦執行役員は、「こうした取り組みを地域の人にも知ってもらいたい」と話しています。