チバテレ

サイト内検索

2017.10.12 ニュース

高齢者による自転車事故を防ごう

 高齢者による自転車事故を防ごうと、県内のシニアたちが交通安全の技能を競い合う大会が開かれました。

 千葉市美浜区で開かれたのは、「千葉交通安全高齢者自転車大会」です。

この大会は自転車の安全な乗り方を競い合うことで交通ルールやマナーを再確認し、事故を防止しようというもので、12日は約50人のシニアが参加しました。

シニアたちは前後左右の安全確認を欠かさず行ったり、交差点や踏切でしっかり一時停止をするなど、自転車の交通ルールに則り安全で丁寧な運転を心がけていました。

県警によると、ことし9月末までに自転車による交通事故の件数は約3千件で、このうち600件余りが高齢者による事故です。

事故の原因のほとんどが安全確認不足や前方不注意だったということで、大会を主催した千葉県交通安全協会は、「この大会を通して交通ルールを再確認してもらい、高齢者を事故から守りたい」と話しています。

参加者「後ろから来る車に気づいてもらうというよりも自分が後ろから来る車に気をつけたり、止まるとか右折左折、その合図は相手の車にもわかってもらうためにも良い。やってみようと思う」

「4回目なのですが、まだ慎重さが欠けるというのは反省点でもあるしこれからの課題」