チバテレ

サイト内検索

2017.07.17 ニュース

夏の暑さを「打ち水」で涼しく!

 暑い夏を省エネで涼しく!

 市川市では浴衣姿の大学生たちが、真夏の日本の伝統文化「打ち水」を行いました。

浴衣を身にまとい、キャンパス内の熱々の地面に水を撒く大学生。

千葉商科大学では、17日から始まった節電週間アクションの一環として「打ち水大作戦」が行われました。

17日は学生や教授ら約70人が参加し、通りがかる人たちに協力を呼びかけながら打ち水を実施しました。

夏の日差しに照らされ当初55度もあった熱々の地面は打ち水によって38度にまで下がり、参加者らは打ち水の効果を体感していました。

打ち水に参加した学生「いっぱい電気を使うなかで昔ながらの打ち水というのはすごく新鮮だなと思った」

「特に階段のところは日が当たると50度60度とやけどしそうな温度になるが、水を撒くことにより10度15度くらい落ちるので体感的な温度はかなり下がると思う」

千葉商科大学の「打ち水で涼しく大作戦」は7月21日まで実施されます。