チバテレ

サイト内検索

2018.05.16 ニュース

成田市のフィリピン人男性がはしか

 県は16日、フィリピンから就業目的で来日した成田市の20代の外国人男性がはしかに感染したと発表しました。

 今年に入って県内ではしかの感染者が出たのは初めてです。

県によりますと、フィリピン人の20代の男性は、5月1日にフィリピンから来日し、成田市の自宅で5月12日に発熱しました。

男性は15日、成田市の診療所を訪れ、「はしか」と診断されたということです。

遺伝子の型から男性はフィリピンではしかに感染したと見られ、今のところ、男性の周囲にはしかと見られる症状を発症している人は確認されていません。

現在、男性は自宅で療養中で、快方に向かっているということです。

はしかは感染力が非常に強く、県は発熱など、はしかが疑われる症状が出た場合は必ず医療機関に電話し、医師の指示に従って受診するよう呼びかけています。