チバテレ

サイト内検索

2017.12.06 ニュース

法定距離保たずドローン飛行 男を書類送検

 ことし8月、電車を撮影するために鉄橋から国土交通省が定める距離を保たずにドローンを飛ばしたとして6日、浦安市に住む54歳の会社員の男性が書類送検されました。

 航空法違反の疑いで書類送検されたのは、浦安市に住む54歳の会社員の男性です。

男性はことし8月、松戸市下矢切の北総線江戸川橋の河川敷で、電車を撮影するために鉄橋から国土交通省が定める距離をとらずにドローンを飛ばした疑いが持たれています。

ドローンは鉄橋の高圧線により磁場が乱れ、コントロールが効かずに落下したということですが、落下によるけが人などはいませんでした。

男性は「電車をきれいに撮るため近づき過ぎた」と容疑を認めています。

警察によりますと、ドローンの飛行による航空法違反での検挙は県内初ということです。