チバテレ

サイト内検索

2017.06.08 ニュース

幼稚園でICT活用教育

 柏市の幼稚園で情報端末の通信機器を使った新しい幼児教育が行われています。

 柏市十余二のきたかしわ幼稚園で5月から始まったのが、ICT=情報通信技術を使った幼児教育です。

園児らがタブレット端末で撮影した画像を通信機能を使って集め、みんなでひとつの作品を創り上げるというプログラムです。

ICTを活用した教育が広がりを見せる中、この幼稚園では21世紀型の新しい幼児教育を進めようと、5月から5歳児を対象に学習を始めました。

8日の学習は色集めがテーマでしたが、5色を集める努力や着眼点などをめぐり、園児たちの元気な声が教室に響き渡っていました。

活動は教育関係者にも公開され、県内や茨城県などから訪れた15人の先生らが園児たちの様子に見入っていました。

園児「色を見つけるのが楽しくてウキウキするぐらい楽しかった」

  「友だちと色が探せて楽しかったです」

きたかしわ幼稚園大湊浩美 副園長「子どもたちが普段使っているクレヨンとか粘土も大昔は新しい物だったのかなと捉えています。ICT機器もどんどん広がって行くようなので道具として捉えるということで進めていきたい」