チバテレ

サイト内検索

[6月]木曜スター劇場/昭和の喜劇映画大特集



今月の木曜スター劇場は『昭和の喜劇映画大特集』!





 スーダラ節・わかっちゃいるけどやめられねぇ
6/15(木) 19:00~20:20
出演:植木等、川口浩、川崎敬三、藤原礼子、ハナ肇、目黒幸子、中条静夫、守田学
新入社員の第一歩を踏み出した石橋信一と夢田春夫は、5人の同僚と一緒に中村課長の下に配属されることになった。仕事は忙しく、いつも怒鳴られているが、良い事がない訳でもない。それは女子社員にもてることだった。しかし、新入社員にとって大事件が持ち上った。それは3か月後に社長と社長令嬢が渡米することになり、お供2人をその新入社員の中から選ぶという通達があったからだ。うまくいけば令嬢を獲得できるかもしれない。新入社員たちは張りきった。そんな時、美人女子社員の荒牧しのぶのペンダントに石橋の写真が入っているのを同僚の英子が見つけてしまい大評判となる。また、夢田には幼馴染みの弓子がいて会社に訪ねて来た。さらに、他の連中たちにもそれぞれ悩みがあった…。
 
 




 
 サラリーマンどんと節・気楽な稼業と来たもんだ
6/22(木) 19:00~20:40

出演:植木等、川崎敬三、ハナ肇、見明凡太朗、浦辺粂子、潮万太郎、万里昌代、目黒幸子
三日月物産・信濃支社の気楽な稼業ぶりはちょっとひどい。支社長以下とんとやる気がなく、ただ一人、真面目に働いているのは見習い社員の柏木だけである。そんな時、信濃支社の不成績ぶりが社長の耳に入り、社長の御曹子が乗り込んでくることになり、慌てて御曹子懐柔策を企てるが、本当に困るのは柏木が事実を知っているという事。ばれる前に柏木にとある作戦を実行するが久枝のアドバイスにより失敗に終わり、今度は久枝にターッゲトを向けるがまたも失敗してしまう…そこで、困り果てた支社長は次の手を考えるのだった…。
 





 
 ほんだら剣法
6/29(木) 19:00~20:35
出演:犬塚弘、藤田まこと、ハナ肇、本郷功次郎、藤村志保、明星雅子
仙台伊達藩に磯川兵助という若侍がいた。馬廻りで百二十石、お人好しでバカ正直な彼は、いつも藩内の笑い者だったが、二メートルにおよぶ大太刀を振り廻す“ほんだら剣法”だけは、めっぽう強い男だった。さて、藩祖正宗公が青葉城を開いて二百三十年、これを記念した武芸大会の日、兵助は腕におぼえの“ほんだら剣法”で、藩主陸奥守をやっつけてしまった。慌てたのは指南番安田新左衛門だったが、後見人の泉修里からは、逆に見どころのある男と誉められ、見合いの話まで持ち出される始末であった。しかし、兵助はかねてより修里の娘、津絵のことを憎からず思っていた。