チバテレ

サイト内検索

韓国ドラマ『キム・マンドク~美しき伝説の商人』

韓国ドラマ『キム・マンドク 美しき伝説の商人』
 
 韓国ドラマ『キム・マンドク 美しき伝説の商人』
毎週月~金曜 9:30~10:25

【ストーリー】
時は18世紀末の朝鮮王朝時代。都・漢陽でホン(後のキム・マンドク)は、両親を知らぬまま養成所を運営するキム師匠に育てられた。好奇心旺盛のホンは、独創的な考えで商売をし、お小遣いを稼いでは問題をおこしていた。師匠に怒られる日々を過ごしながらも、いつかは大商人になって養成所の仲間たちと世界を渡り歩くことを夢見ていた。闇商売が縁で両班の子息チョン・ホンスと仲よくなるが、市場の大房カン・ゲマンの罠にはまり、漢陽を追われてしまう。ホンスと引き裂かれ、師匠とも離れ離れになったホンは、師匠の故郷・済州にたどり着き、教坊行首ミョヒャンの養女になって成長する。7年後、済州一番の妓生になったホンは済州の西門問屋の若だんなでカン大房の息子カン・ユジに水揚げしてもらうことが決まるが、その当日、命を落としたと聞いていたキム師匠が目の前に現れる。師匠はホンが平民であり、妓生にした罪は重いとミョヒャンを非難し、妓生を何とか辞めさせようとするのだった。師匠はホンを助けるために必死に、平民であるその証拠を――その証言を――探し始めるのだった……。

【登場人物ピックアップ】

「キム・マンドク」(1739-1812)
済州島生まれ。波乱にみちた人生を歩みながらも大商人となる。巨富を得たものの、生活は質素、済州島の大飢饉では、全財産を投じて米を寄付、多くの人々を救済した。時の王・正祖もその功績を称え、女性としての最高の官位「内医院 医女班首」を与えた。


【登場人物】
▶キム・マンドク
(イ・ミヨン(「明成皇后」「愛に狂う」「純愛中毒」) 
▶オ・ムンソン
(パク・ソルミ(「冬のソナタ」)
▶チョン・ホンス
(ハン・ジェソク(「太陽の女」)
▶カン・ユジ
(ハ・ソクチン(「ハロー!お嬢さん」)
▶キム師匠
(コ・ドゥシム(「どれだけ好きなの」)

韓国ドラマ『キム・マンドク 美しき伝説の商人』人物相関図


【監督】
カン・ビョンテク、キム・ソンユン
【脚本】キム・ジンスク、カン・ダヨン
【音楽】イム・セヒョン
【制作】KBS(2010年・韓国)/全30話