チバテレ

サイト内検索

韓国ドラマ『夜叉-ヤチャ-』

ヤチャ
 
 
『夜叉-ヤチャ-』
毎週月・火曜 10:30~11:25
放送終了

 
【ストーリー】
生きぬくために兄弟はやいばを向ける――時代の波に翻弄された兄と弟の悲しい運命の歯車が回り出す……。
朝鮮時代中期、王朝内で党派間の争いが激しさを増す中、若き王は政敵を排除するための暗殺組織“黒雲剣”を作り、王権回復の機会をうかがっていた。その組織の首領を任されたのは、王が幼いころから兄のように慕っていた、ベンノク。王は宮廷の中で大きな権力を持ち、自分をも意のままに操ろうとする左議政カン・チスンの暗殺を“黒雲剣”に命じる。しかし、屋敷でベンノクと剣を交えることになったのは、出世のためにカン・チスンの娘婿となったベンノクの弟ベッキョルだった。そして、その酒の席には、かつてベンノクとベッキョルに愛されながらも、妓生(キーセン:高官を接待する芸者)に身をやつしたチョンヨンも居合わせていた。 お互いを想いながらも、同じ女性を愛してしまった運命とそれぞれが背負った使命の間で苦悩する兄弟……。しかし、お互いの守るべきもののために、やいばを向け合う!緻密なCGを駆使し、美しくも迫力のある映像でお送りする、スペクタクルアクション時代劇!


ヤチャ 人物相関図
【登場人物】
▶イ・ベンノク(チョ・ドンヒョク)
貧しさにあえぐ民のために国王の影のとなり、暗殺集団 “黒雲剣”の首領として働く。その中で、国王の政敵、カン・チスンの娘婿になった実弟ベッキョルと剣を交えることになる。弟のために愛するチョンヨンを諦めるも、突然姿を消した彼女を探している。
▶イ・ベッキョル(ソ・ドヨン)
兄の命と引き換えに愛するチョンヨンと一緒になる。しかし、王の政敵であるカン・チスンの権力にひかれ、チョンヨンを捨ててカン・チスンの娘婿になる。首領が実兄ベンノクだとは知らないまま、義父の命を狙う暗殺組織“黒雲剣”を追う。
▶チョンヨン(チョン・ヘビン)

愛するベンノクを助けるためにベッキョルと一緒になるが、そのベッキョルにも捨てられてしまう。ところがある日、妓生(キーセン)としてベンノクとベッキョルの前に現れ、自らの復讐のために、カン・チスンに近づく。
▶チヒャン(ソヨン)
霑(てん)五楼の女主人。チョンヨンを妓生として育てる。店は権力者たちの会合の場とされ、時の権力者カン・チスンもなじみとしている。政治的手腕にも長けており、彼らに知恵を貸すこともある。
▶カン・チスン(ソン・ビョンホ)
宮廷の中で大きな権力を持ち、王をも意のままに操ろうとする左議政(チャイジョン)。ヒョジュとソクチュという息子がいるが、娘ソヨンの婿で、武芸にも長けているベッキョルにも信頼を置いている。

【キャスト】
チョ・ドンヒョク、ソ・ドヨン、チョン・ヘビン、ソヨン、ソン・ビョンホ ほか
/全12話