チバテレ

サイト内検索

2018.09.14 ニュース

心神喪失と判断 元千葉市議が不起訴

 ことし5月、千葉市の飲食店で家族4人が切り付けられ、6歳の長女が死亡した事件で、千葉地検は14日、殺人などの疑いで逮捕された元千葉市議の男性を不起訴処分としました。

 不起訴となったのは元千葉市議会議員の46歳の男性です。

元市議はことし5月、稲毛区の飲食店で妹家族4人を包丁で切り付け、6歳の長女を殺害したほか、父親と次女らを殺害しようとした疑いなどで逮捕・送検されていました。

千葉地検は刑事責任能力を鑑定するため、ことし6月から約3か月間鑑定留置を行った結果、元市議が事件当時、心神喪失状態だったと判断したということです。

このため、千葉地検は14日千葉地裁に対し、医療観察の申し立てを行いました。

申し立てを受け千葉地裁は入院命令の決定を出していて、元市議は今後、専門の医師が所属する医療機関に入院するということです。