チバテレ

サイト内検索

2018.08.10 ニュース

東関東自動車道を30キロ逆走か

 10日未明、酒々井町の東関東自動車道で、乗用車が逆走しトラックと正面衝突する事故がありました。警察は逆送した距離が約30キロに上るとみて詳しく調べています。

 10日午前0時すぎ、酒々井町の東関東自動車道酒々井インターチェンジ付近で、逆走した乗用車と貨物トラックが正面衝突しました。県警高速隊によりますと、この事故で、逆走した車を運転していた市原市飯沼の男性会社員(28)が胸や腹部などを強く打ったうえ膝を骨折する大けがをしたほか、トラックを運転していた神奈川県の男性(54)も腰に軽いけがをしました。約25キロ手前でも避けようとした別の車が中央分離帯にぶつかる事故があったほか、逆走車を知らせる複数の110番があったということです。男性からは基準値を超えるアルコールが検出されていて、県警高速隊は男性が下り本線上でUターンをしたか、約30キロ手前の佐原パーキングエリアから逆走した可能性があるとみて、自動車運転処罰法違反容疑を視野に、男性のけがの回復を待って事情を聴く方針です。