社員紹介

部署異動で見えたものが次の仕事に生かされる

5年の営業職を経て編成に移ったときは、自分が広告をとった番組がほかの部署でこんなに手間暇かけてもらってオンエアされているんだって初めてわかったんですよね。 いろいろ無理言ってしまってたなぁと申し訳ない気持ちになりました。 でもそう思ったからこそ、編成では営業がやりやすいようにと考えながら仕事を進めることができたのだと思います。
そして広報部へと移り2年経った今は、新番組発表記者会見や地元企業とのコラボによる自社PRやSNSの活用など、チバテレがこれまであまりやってこなかった広報活動に取り組んでいます。チバテレという会社と番組の魅力をもっともっと効果的にアピールしていきたいです。

※所属部署は2017年2月末時点での部署です。

部署異動で見えたものが次の仕事に生かされる

新卒で入社した制作会社では、キー局の報道セクションの勤務となり、ニュース制作の現場を複数経験しました。そうした中で、世界経済などグローバルなネタよりも、自分が住んでいる地域の事件や選挙など身近なニュースにより興味があることに気付き、地域情報に特化した地元メディアに入社しました。 その後は報道部で約5年間記者を本業としながら、OAディレクターや自ら番組に出演してスタジオ解説など、幅広い経験をさせてもらいました。 今は東京支社で営業をしていますが、報道の経験を生かした番組の企画や制作にも携わっています。報道、営業と立ち位置は違いますが、「地域のために働く」という気概で日々働いています

※所属部署は2017年2月末時点での部署です。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

新人のうちから何でもチャレンジさせてくれる環境が魅力
-今はどんな仕事をしているのですか?
中村
警察担当の記者として、取材や原稿を担当しています。
須賀
「チュバチュバワンダーランド」というイベントの運営管理をしています。
嘉茂
生番組のVTR再生や番組収録など主に番組ADの仕事をしています。
-仕事のやりがいを教えてください。
中村
記者なので、警察署や事件の現場で情報を得たときに、やりがいを感じます。
須賀
自分が台本を書いたイベントで、観ている子どもたちがウケてくれているのを目の当たりにしたときですね。
嘉茂
何と言っても生放送を終えたときですね。本番中は、携わる人たちのチーム感を一番感じるし、そのドキドキ感が好きです。
-チバテレの魅力は何だと思いますか?
中村
地方局なので地域に密着しているというのも魅力のひとつだと感じます。地元の人を取材すると、テレビに取り上げてもらえるということで喜んでもらえる。そんなとき、テレビという媒体の影響力を感じることができます。
須賀
風通しの良い会社なのでやりたいことをアプローチしやすいところです。うちの会社は新人でも本当にいろいろやらせてくれるんです。
嘉茂
新人のうちに何でもやらせてもらえてどんどん仕事を覚えることができるというのは、チバテレならではの魅力だと思います。
-社員としての目標を教えてください。
中村
地域に密着したテレビ局として、県内の情報に関しては負けてはいけないと思っているので、他社に負けない報道を目指します。
須賀
音楽イベントを自分で立ち上げて成功させたいです。チバテレは若い層向けのコンテンツがもう少しあっても良いと思うので、イベントを足がかりにして将来音楽番組が作れたらいいなと思っています。
嘉茂
1日も早く責任ある立場になって自分で番組を作れるようになりたいです。女性アイドルが好きなのでゆくゆくはアイドルの番組を作りたいですね。

※所属部署は2017年2月末時点での部署です。