チバテレ

サイト内検索

2018.12.06 ニュース

TDL大規模開発 「新エリア」公開

 2020年春のオープンにむけて大規模開発工事が進められている東京ディズニーランドで6日、工事現場の一部が初めて報道陣に公開されました。

 東京ディズニーランドの大規模開発は映画「美女と野獣」や「ベイマックス」をテーマにしたもので、総投資額は約750億円に上ります。

開発面積約4万7千平方メートルのなかでも注目は、320億円という過去最大の事業費をかけて造るアトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」。

深皿型のライドで名曲とともに映画の世界を楽しむことができます。

ほかにも、世界初となるベイマックスのアトラクションやポップコーン専門ショップ、ミニーマウスのグリーティング施設などこれまでにない「新しい空間」がいくつも誕生するということです。
 

エリア開発プロジェクトチーム 古澤英紀チーフリーディングスタッフ「工事の進捗状況ですが各建物の骨組みがほぼ建ち終わりまして、いま内装や外装の工事に着手をしています」「本当に映画のなかにどっぷりと浸かったような感じをゲストのみなさまには体感頂けるのではないかなと思います」