チバテレ

サイト内検索

2018.08.10 ニュース

木更津総合2年ぶり初戦突破

 熱戦が繰り広げられている「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」。東千葉代表の木更津総合高校が10日、甲子園での初戦に挑みました。

 3年連続の甲子園出場となった木更津総合高校は第1試合で福井代表「敦賀気比高校」と対戦しました。去年の同じ日、初戦で9回に逆転負けを喫し、悔しい思いを胸にこの舞台に戻ってきた木更津総合ナイン。マウンドには甲子園からエースナンバーを背負う野尻が登板しました。甲子園初マウンドとなった野尻は、2回の裏に出塁を許すもダブルプレーで切り抜け、得点を与えません。一方、県大会で50得点を挙げた木更津総合打線は4回の表、フォアボールなどで満塁とすると犠牲フライで先制に成功。そして6回、好調打線が爆発し、先頭太田がヒットで出塁し、その後1アウト満塁とすると押し出しで2点目。さらに、1アウト満塁で一番の東が走者一掃のタイムリー3ベースを放って3点を追加します。さらに、続く神子のタイムリーなどでこの回一挙6点を奪い、7対0とリードします。8回にもさらに3点を追加するなど木更津総合打線が12安打を放ち10対1で勝利を収め2年ぶりに全力校歌を甲子園の地に響かせました。木更津総合の次戦は来週15日、沖縄代表の興南高校と戦います。