チバテレ

サイト内検索

2018.08.10 ニュース

香取市が観光PRにタイ人女性任用

 豊富な観光資源を海外へとPRする外国人助っ人が香取市に加わりました。

 香取市商工観光課に配属されたのはタイ人の国際交流員、アチャリー・シーネンさん(35)です。シーネンさんは自治体の国際化を支援する団体の紹介で国際交流員として香取市に任用され、10日に宇井成一市長から辞令を交付されました。タイの日系企業で日本語通訳として働いてきたシーネンさんは日本語が得意で、早速配属された部署で先輩職員から業務に関する説明を受けました。シーネンさんの任期は来年8月までで、SNSを活用した海外への観光情報のPRや新たな観光資源の発掘、タイからの誘客の促進などに取り組むとしています。宇井市長は「行政を外国人目線で内側から見直してもらい、東京オリンピックに向けたインバウンドを取り込むための効果的な情報発信等に取り組んでほしい」と期待を寄せました。昨年度に香取市を訪れた外国人観光客は約5千人で、歴史的な街並みが残る佐原地区がタイの映画やドラマのロケ地になった影響で、このうちの4割近くがタイからの観光客だということです。

アチャリー・シーネンさん「(香取市は)歴史があるところで魅力的だと思います。それをもっとタイ人に知らせたい。PRしたい」