チバテレ

サイト内検索

2018.07.11 ニュース

夏の高校野球 第100回大会開幕

 100回目を迎えた夏の高校野球千葉大会が11日開幕し、房総球児たちの熱い夏が始まりました。

 ZOZOマリンスタジアムで行われた開会式では、去年の覇者木更津総合を先頭に計163チームが威風堂々の行進を披露しました。

100回目の記念大会となる今回は、エリアを東西に分けた「東千葉大会」と「西千葉大会」が開催され、それぞれの優勝校2校が甲子園に出場します。

式では、東と西それぞれの代表者が選手宣誓を行いました。

東千葉大会選手代表 翔凛高校野球部 泉谷優翔主将「“感謝”、その言葉を胸に、私たち選手一同は、きょうこの日まで高校野球に全てを捧げてきました。様々な方への感謝の気持ちを一投一打に込め、勇気と感動を与える凛とした姿でプレーすることを誓います」

西千葉大会選手代表 昭和学院高校 井上凱仁主将「第100回記念大会という特別な年に大好きな野球ができることを嬉しく誇りに思います。平成最後のこの夏に戦国千葉の中で東西それぞれ1枚の切符を手にするため、全170校が3年間の全てを賭け、全力でプレーし次の100年に繋げる大会にすることを誓います」

県教育委員会の澤川和宏教育長による始球式のあと、さっそく西千葉大会の開幕試合が行われ、東京学館船橋が25対0の5回コールドで白井に勝利しました。

夏の高校野球千葉大会は、7月26日まで県内11の球場で行われます。

チバテレでは12日以降も高校球児たちの熱戦の模様を中継でお伝えするほか、試合結果などは夕方6時半からの応援番組「ガチファン」と、よる10時からの「高校野球ダイジェスト」で詳しくお伝えします。