チバテレ

サイト内検索

2018.06.14 ニュース

過去最大投資でディズニーシーを拡張

 訪れた人を幸せにする「夢の国」が更にパワーアップすることが分かりました。

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは14日記者会見し、過去最大となる2500億円を投じて4つのアトラクションを新設するなど東京ディズニーシーを大幅に拡張させると発表しました。

隣接する駐車場部分を使い、「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーターパン」の世界を再現したエリアと、ラグジュアリータイプの客室を含むホテルなどに開発、2022年度の開業を目指します。

オリエンタルランドは既に2019年から2020年にかけて東京ディズニーランドの大規模開発と東京ディズニーシーへの新アトラクション導入を発表しています。

会見で加賀見俊夫会長は、「インパクトのある投資を連続して行い、パークの魅力を高めていきたい」と更なる魅力向上への意欲を示しました。