チバテレ

サイト内検索

2018.02.13 ニュース

小3女児殺害事件 父が署名活動

 去年3月、松戸市に住むベトナム国籍の小学3年生の女の子が殺害された事件で、被害者の父親が裁判の早期実施などを求める署名活動を行いました。

 この事件は去年3月、松戸市の小学3年生レェ・ティ・ニャットリンさん(当時9歳)が殺害されたもので、リンさんが通っていた学校の保護者会の元会長、澁谷恭正被告(46)が殺人などの罪で逮捕・起訴されています。

13日、千葉駅ではリンさんの父親、レェ・アイン・ハオさんが裁判の早期実施と、澁谷被告の極刑を求める署名活動を行い、道行く人に声をかけていきました。

リンさんの父 ハオさん「(裁判まで)待っている時間が限界。待つことができない。そのくらいの犯罪をしてベトナムで裁判を行っていたら、極刑は当たり前。一日でも早く初公判を行ってほしい」

事件を巡っては、現在裁判の争点などを整理する公判前整理手続が行われていて、具体的な初公判の期日は分かっていません。