チバテレ

サイト内検索

2018.01.12 ニュース

四街道市長選 市議が立候補を表明

 2月行われる四街道市長選挙に向けて、市議会議員の男性が12日、立候補を表明しました。

 四街道市長選挙への立候補を表明したのは、四街道市議会議員の広瀬義積氏(63)です。

県庁で記者会見した広瀬氏はまず、「これまでの市政は市民に開かれた公平公正な市政運営とは言えない」と現在の市政運営のあり方を痛烈に批判しました。その上で広瀬氏は「市民と行政が力を合わせて市民のための市政を前進させたい」と述べ、市民協働のまちづくりや子育て支援の強化、それに高齢者の健康長寿の促進などを主な公約として掲げました。なお、広瀬氏は1月9日付で民進党を離党していて、無所属で立候補する考えを示しています。任期満了に伴う四街道市長選挙は2月11日に告示、18日に投開票されます。市長選挙を巡っては、これまでに現職の佐渡斉市長が去年9月の定例市議会で3選を目指して立候補を表明しています。