チバテレ

サイト内検索

2017.08.13 ニュース

一茶ゆかりの地で お抹茶を楽しむ

 美しい庭園を眺めながら香り高いお茶を一服。暑い夏を忘れるひと時がありました。
 ここ流山市の一茶双樹記念館では月に一度、お抹茶を楽しむ会を開き、「和」ならではの癒しの空間を提供しています。今回はその8月開催日です。普段着のままお茶席に参加できるということで、訪れた人たちは飾ることなく枯山水の落ち着いた雰囲気の中、流山市茶道親和会の人たちが点てたお抹茶を味わい、ゆったりとした時間を過ごしていました。この一茶双樹記念館は、流山をたびたび訪れた江戸の俳人・小林一茶寄寓の地として、当時親交が深かったみりん醸造家で、俳人でもある秋元双樹の建物や庭園などを修理保全した流山市指定の史跡です。