チバテレ

サイト内検索

2017.06.25 ニュース

電動車椅子サッカーで交流大会

 電動車いすサッカーの普及を目指した、大会が25日、八千代市で行われました。

 八千代市萱田の市民体育館で行われた電動車いすサッカー大会には県内を始め、東京や神奈川など関東各地から合わせて10チームが参加しました。電動車いすサッカーは1チーム4人の選手が直径30センチのボールをゴールにシュートして得点を競うスポーツです。ぶつかり合いが多く、激しいスポーツですが性別や年齢、障害の程度に関係なく楽しめるといいます。対戦では、それぞれのチームが日頃の練習の成果を存分に発揮していました。