チバテレ

サイト内検索

2017.03.20 ニュース

里山トロッコ列車で春の自然楽しむ

 春の風景を楽しみながら中房総を走り抜けるトロッコ列車の運行が始まりました。

 今月17日から運行が始まった小湊鉄道の里山トロッコ列車。列車は上総牛久駅から養老渓谷駅までのおよそ18.5キロを1時間ほどかけてゆっくりと走り抜けます。先頭車両は立派な煙突付き。それに連なる4両の客車の天井はガラス張りで、このうち真ん中の2両には窓がなく、道中、暖かな空気や菜の花などの春の匂いを存分に感じられる造りになっています。乗客は車窓から広がる沿線の菜の花や大自然を風を感じながら楽しんでいました。小湊鉄道の里山トロッコ列車はことし12月17日まで運行されます。